ジミー・ベネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジミー・ベネット
Jimmy Bennett
Jimmy Bennett
本名 James Bennett
生年月日 (1996-02-09) 1996年2月9日(22歳)
出生地 カリフォルニア州シール・ビーチ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

ジミー・ベネットJimmy Bennett, 本名: James Bennett1996年2月9日 - )はアメリカ合衆国俳優カリフォルニア州シール・ビーチ出身。略歴

2003年ファミリーコメディ『チャーリーと14人のキッズ』でエディ・マーフィと共演し映画デビューを飾るが、その後はアーシア・アルジェントが監督・脚本・主演した『サラ、いつわりの祈り』(2004/アーシア・アルジェントと共演)母親に 虐待される少年や『ホステージ』(2005)『ファイヤーウォール』(2006)での姉と共に人質にされる弟、『悪魔の棲む家』(2005)の豹変してゆく養父に怯える義理の息子役と、サスペンスやホラー、アクション、シリアスドラマのハードな役どころでの出演が多い。

2013年に(当時17歳)、カリフォルニア州のホテルで イタリア・ホラーの巨匠、ダリオ・アルジェントの娘で女優/映画監督のアーシア・アルジェント(当時37歳) に性的暴行され、38万ドル(約4,200万円)の和解金を受けとっていた事実が報道される(2018年8月)。

性交同意年齢が18歳のカリフォルニアでは、18歳未満の者との性交は犯罪となる。

アルジェントは2017年10月ハリウッドの大物プロデューサーだったハーヴェイ・ワインスタイン(Harvey Weinstein)被告によるレイプを告発し、セクハラ告発運動「#MeToo(私も)」の中心人物の一人であった。

アルジェントがワインスタインを告発したその1カ月後の2017年11月に、ベネット代理人弁護団は、ホテルでの性行為は「性的暴行」であって、「精神的苦痛、逸失賃金、脅迫と暴行を意図的に与えた」損害賠償として50万ドル(約3億8000万円)を請求する訴訟を起こすとアルジェント側に通告していた。

ワインスタインの性暴力を告発したアルジェントが「被害者」として発言する姿を見るのが耐え難かったのが、ベネットが 告訴に踏み切った理由とされている。

アルジェントは、ベネットとの性交渉を否定する声明を出したが、その後、二人がベッドで当時撮影した(上半身裸) セルフィー写真、及びアルジェントがベネットとセックスしたと書いた、友人宛のテキストメッセージ会話全文のスクリーンショットがネットに出回り、アルジェントが嘘の声明を提出したのが明らかとなっている。

カリフォルニア当局がどのようなこの件に関し捜査を行うかは、現未明である。

出演作品[編集]

外部リンク[編集]