みんなのいえ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みんなのいえ
監督 三谷幸喜
脚本 三谷幸喜
製作 宮内正喜
高井英幸
製作総指揮 石原隆
増田久雄
出演者 唐沢寿明
田中直樹
八木亜希子
田中邦衛
音楽 服部隆之
撮影 高間賢治
編集 上野聡一
配給 東宝
公開 日本の旗 2001年6月9日
上映時間 115分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 12.5億円[1]
テンプレートを表示

みんなのいえ』は、三谷幸喜の監督・脚本による日本映画である。2001年6月9日公開。

放送作家の主人公とその妻が、設計を妻の同窓の建築士に、施工を大工の棟梁をしている父に頼んで新居を建ててもらうことになるが、両者が家の建て方をめぐって対立することで始まるドタバタ劇である。

劇中の家の建築シーンは、緑山スタジオ・シティのオープンセット用空き地に、一軒家を「丸ごと」「実際に」建てるという形で撮影されている。

あらすじ[編集]

バラエティ番組を手がける放送作家である飯島直介は、仲睦まじい妻の民子と2人で新居を建てることにした。民子の提案で設計を彼女の同窓かつ建築デザイナーの柳沢に、施工を大工の棟梁である父の長一郎にそれぞれ依頼することになるが、フランク・ロイド・ライトなどモダニズム建築を志向する柳沢に対し、日本の在来工法でしか家を建てられないと言い張る長一郎は、ドアを外開きか内開きにするかでさえ激しく対立する。

直介はどちらかの依頼を取り下げようと試みるが、柳沢の腕力の強さに怖がり、舅には面子をつぶさないように言われ、失敗する。結局、柳沢が匙を投げる形で建築が進められるが、両者の対立は解消したわけではない。

そんな中、大嵐が発生する。長一郎が建築現場を見に行くと、柳沢も見に来る。そこで直介も現場に行くことにするが、帰り道に鉢合わせた柳沢の車が横転し、積んでいた200万円相当のバロック式家具が壊れてしまう。柳沢は依頼主から修復を頼まれていた家具が完全に壊れて途方に暮れ、直介は長一郎に家具の修理を懇願する。壊れた家具を見た長一郎は修復を決意し、「昔も今も職人の考えることは同じだ」と修復してしまう。完成するころには、両者は和解していた。

飯島夫妻の家は無事完成するが、はたしてその出来映えは。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

備考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2001年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟

外部リンク[編集]