コンフィダント・絆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンフィダント・絆』(コンフィダント きずな)は、2007年4月7日から5月6日までパルコ劇場で上演された、三谷幸喜作・演出の舞台作品。

画家であるフィンセント・ファン・ゴッホポール・ゴーギャンジョルジュ・スーラエミール・シェフネッケルの交友を描く。本作品は第15回読売演劇大賞優秀作品賞を受賞し、三谷幸喜は本作により、2007年度第59回読売文学賞・戯曲・シナリオ賞、第7回朝日舞台芸術賞・秋元松代賞(『恐れを知らぬ川上音二郎一座』の作・演出も含む)、第58回芸術選奨文部科学大臣賞(演劇部門)を受賞した。また、ルイーズ役の堀内敬子が、「キュートなコメディエンヌぶりを発揮」したと評価され(第15回読売演劇大賞第1次選考会評、2008年1月16日読売新聞)、第33回菊田一夫演劇賞及び、第15回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞した。

作・演出[編集]

  • 三谷幸喜

キャスト[編集]

  • ジョルジュ・スーラ:中井貴一
  • ポール・ゴーギャン:寺脇康文
  • クロード・エミール・シュフネッケル:相島一之 (注、姓のSchuffeneckerは、シェフネッケルと表記されることが多いが、この脚本ではシュフネッケルとなっている)
  • ルイーズ・ブーランジェ:堀内敬子
  • フィンセント・ファン・ゴッホ:生瀬勝久
  • 作曲・ピアノ演奏:荻野清子

概要[編集]

パリのある酒場で、年老いた歌手ルイーズが「知っているのは私だけ」と歌っていた。そして請われるままに話し出す、今は知らない人がいない高名な画家ゴッホ、ゴーギャン、スーラ達がただの貧乏画家だったころに、かれらのモデルになった時のことを。その時、画家で美術教師のシュフネッケルをリーダーにして、ゴッホ、ゴーギャン、スーラが共同でアトリエを借りていたのだった。彼らの間に、そして彼らとルイーズの間に何があったのか?

2幕5場の間を堀内敬子の「ゴーギャン、ゴッホ、スーラ、パー(作)シュフネッケル」という画家の名前を並べた歌「大丈夫ソング」で歌い継ぐ。

澄んだソプラノで美しく朗々と歌われるが、この三谷幸喜作の歌詞を見た堀内敬子の、最初の感想は「手抜きじゃん」であった(寺脇談)。

地方公演[編集]

登場人物[編集]

外部リンク[編集]