マルタイの女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルタイの女
Woman in Witness Protection
監督 伊丹十三
脚本 伊丹十三
製作 玉置泰
製作総指揮 川崎隆
出演者 宮本信子
西村雅彦
村田雄浩
高橋和也
津川雅彦
伊集院光
音楽 本多俊之
撮影 前田米造
藤澤順一
高瀬比呂志
猪本雅三
田中潤
上野彰吾
編集 鈴木晄
配給 東宝
公開 日本の旗 1997年9月27日
上映時間 131分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 5億円[1]
テンプレートを表示

マルタイの女』(マルタイのおんな)は、1997年日本映画伊丹十三監督遺作となった。

「マルタイ」とは警察用語で捜査や護衛の対象になる人間を指し、本作では護衛対象者を指す。

あらすじ[編集]

女優の磯野ビワコ(宮本信子)は、偶然弁護士夫婦の殺人現場を目撃し、自身も殺されそうになるが、危うく難を逃れる。事件の裏には宗教団体「真理の羊」が絡んでいた。警察の事情聴取後、殺到したマスコミの前で「裁判で証言する」と宣言する。

ビワコの命を狙う「真理の羊」の信者たちから守るため、2人の刑事が護衛に就く。昔からのビワコの大ファンでミーハーな近松(村田雄浩)と、職務に堅実な立花(西村雅彦)の正反対なコンビである。2人はビワコの自由奔放な行動に振り回される一方、ビワコもまた自宅、仕事場、芝居の稽古、果ては愛人関係にあるテレビ局編成局長の真行寺(津川雅彦)との不倫現場へも2人の刑事が同行し、落ち着かない生活を強いられる。

しばらくして、教団幹部によって隠匿されていた実行犯の大木(高橋和也)が逮捕される。ビワコに面通しが行われ、犯人は大木に間違いないと立証される。大木もその後自白し、背後関係が掴めそうになると、教団幹部は顧問弁護士の二本松(江守徹)を使い、ビワコに証言をやめるように脅しをかける。愛犬を殺された上、真行寺との不倫をマスコミにばらされたビワコは、精神的に失調をきたし、証言を躊躇うようになる。

不倫が表沙汰になり、舞台を途中降板せざるを得なくなったビワコは、ショックから舞台衣装のまま姿を消す。ビワコが向かったのは事件現場で、居合わせた教団の刺客に襲われそうになるが、駆けつけた立花に救出される。さらにビワコを裁判所へ送る途中にも教団の刺客が執拗に妨害を加えようとするが、激しいカーチェイスと戦闘の末、辛くも撃退に成功する。命懸けで任務を全うした立花らの姿に感動したビワコは、強い覚悟とともに裁判所に入って行く。

キャスト[編集]

ビワコ側[編集]

教団側

当局側[編集]

地方警察関係[編集]

一般市民[編集]

映画の中の映画[編集]

報道陣[編集]

スタッフ[編集]

作品解説[編集]

伊丹映画としては初めての刑事モノで、殺人事件を描く作品になっている。『ミンボーの女』公開後の、伊丹へ対する山口組後藤組構成員による襲撃事件で、自身が「マルタイ」になった経験がヒントになった[2]

三谷幸喜が初期段階から参加し、脚本も書いたが、最終的に伊丹自身が書いた脚本で製作された。そのため、三谷の名が企画協力としてクレジットされている[3]。またキャスティングでも三谷作品に数多く携わってる役者達が出演している。

マルタイと刑事[編集]

劇中では、刑事部門に属する捜査員が事件関係者の保護という名目で警護を担当しているが、実際には警備部門の人間が行うのが常である。ただし、捜査員である刑事が捜査を離れて事件関係者を保護することもある。この場合、マルタイは通常の要人警護とは異なり、刑事事件の重要関係者に限られる。ビワコのケースでは、殺人事件の現場に居合わせ、その犯行をありありと目撃してしまったこと、しかもそのことで命を狙われていること、しかも正義の証人として、犯人を告発しなければならないこと、また相手が組織犯罪者であり、何をしでかすか分からない凶悪な集団であったため、対人警護に長けた刑事2人がボディーガードを担当することとなった。

考察[編集]

公開2年前に社会問題となったオウム真理教によるオウム真理教事件を批判した作品(劇中にもそれらしき描写、台詞が含まれている)であるとされる。

幻の主題歌[編集]

「マルタイの女」制作中、伊丹十三自ら主題歌として主人公ビワ子をイメージして詩を書いていた。結果、この歌は使われなかったが、伊丹が亡くなり10年経った2007年、妻の宮本信子によって公開された[4]

脚注[編集]

  1. ^ 大高宏雄 「揺れる伊丹映画 - 「マルタイの女」」『日本映画逆転のシナリオ』 WAVE出版、2000年4月24日、155頁。ISBN 978-4-87290-073-6
  2. ^ 伊丹十三記念館 作品詳細「マルタイの女」
  3. ^ 『仕事、三谷幸喜の』三谷幸喜・著(角川文庫)より
  4. ^ 「伊丹十三の映画」(新潮社 2007年)

外部リンク[編集]