17才-at seventeen-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

17才 -at seventeen-』(じゅうななさい -アット セブンティーン-)は、1994年4月28日から同年9月1日まで、フジテレビ系列で放送されていた日本テレビドラマ。主演は女優内田有紀で、『ボクたちのドラマシリーズ』からの派生作品。放送時間は、毎週木曜20:00 - 20:54(JST)。

あらすじ[編集]

羊が原に住む翠はセントウェルトン高等学院に通う高校生。同級生の恭一や玲奈、雄司、浩介、稔らと共に平穏な高校生活を過ごしていたが、そこに幼なじみの巧美が突然現れる。

出演[編集]

主な出演者である7人には、それぞれ7曜日にちなんだ名前がつけられている。

主要人物
・ 男勝りな性格で、口調も男言葉を話す。
・正義感が強い反面、けんかっ早いのでよくトラブルの原因を起こす。
・両親の事情で、翠の家で暮らしている。
・翠の父と晩酌をすることが日課。
・女らしい性格で、巧美とは正反対の性格。
・巧美とは従姉妹で母親同士が姉妹である。
・恭一と交際をしており、料理が得意。
・翠と交際をしているが、巧美にも特別な感情を抱いている。
・タバコを吸う。
・小学校の途中で転校をしてくる。転校当初は6人から嫌われていた。
・眼鏡をかけており、データ分析が得意。
・巧美同様けんかっ早い。
・かわいい女の子に目がない。
・学校以外では常に頭にバンダナを巻いている。
・クールな性格で、お金が一番という考えを持っている。
・雄司や浩介、学校中の人たちにお金を貸しその利子で稼いでいる。
・甘いものと電車の写真撮影が好き。
・小学校時代から太っており、性格も7人の中で一番ゆったりしている。
・P's Dinerではパフェを食べていることが多い。
P's Diner

主人公たちのたまり場のカフェ。 劇中では「ピーズ」と呼ばれ、 基本的には客は主人公たち7名と吉永博士しか来店せず、各話のゲストがたまに来店する。

マスター。
店員。

常連客

月影家
翠の父。
翠の母。 
・翠の両親はともにセントウェルトン高等学院卒業生で、初代ミスターセントウェルトン学院、ミスセントウェルトン学院であり、それが縁で結婚をした。
セントウェルトン高等学院

主人公たちの通う高校。 ロケ地は佐野女子短期大学。(現在の佐野日本大学短期大学

校医。
理事長。
その他の人々
通称「卑怯者のきよし」。
清の妹。
「20年後にこの街を牛耳る」が口癖。
羊が原駅の駅員。
ゲスト

サブタイトル[編集]

  • 第1話 「7人のバカヤロー」
  • 第2話 「恋か友情か」
  • 第3話 「ヒーロー誕生」
  • 第4話 「偽りのデート」
  • 第5話 「恋はお金で買えない」
  • 第6話 「雄司の過去[2]
  • 第7話 「真昼の決闘」
  • 第8話 「恋と人力飛行機」
  • 第9話 「水着で失礼します」
  • 第10話 「こうして僕の恋は終わった」
  • 第11話 「放課後の殺人事件」
  • 第12話 「花火の夜の出来事」
  • 第13話 「君に恋してた」
  • 最終回 「友情の終わり」


その他[編集]

  • 高校生の日常を描いたドラマだが未成年者の飲酒・喫煙シーンが多用されている。

劇中でも「マスター、ビールちょうだい」や「タバコ切らした」などというセリフが高校生役同士で飛び交っている。 当初はそのまま放送を行っていたが、当時苦情が寄せられたために飲酒シーンで「おことわり 法律で未成年の飲酒は堅く禁じられています。」とテロップが出されるが その後、さらに「おことわり 法律で未成年の飲酒ならびに喫煙は堅く禁じられています。」と変更になり 番組終了後にも同様の注意書きが表示されるようになった。 本放送以降、日本での再放送は実現しておらず、またビデオやDVDなどによる商品化もされていないのは 未成年の飲酒や喫煙をお洒落に映るように演出の中に取り入れたことが原因とされる。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 本名の雛形明子名義で出演。
  2. ^ 雨天のため、プロ野球中継が中止となり、雨天中止用に制作されたこの作品“雨傘用”を放送。


フジテレビ 木曜20時台(1994年4月 - 9月)
前番組 番組名 次番組
17才-at seventeen-