村上正典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村上 正典(むらかみ しょうすけ[1]1963年9月9日[1] - )は、共同テレビジョン所属のテレビドラマ演出家映画監督法政大学卒業[1]

人物・経歴[編集]

1986年、23歳で共同テレビに入社する[1]。以後、ほぼ一貫してドラマ制作に携わる。『オレの妹急上昇』『世にも奇妙な物語』『ジュニア・愛の関係』などの演出補を担当するかたわら、フジテレビドラマ『LOVE』の#19「あなたを忘れない」で初演出する。

1993年、『白鳥麗子でございます!』第2話で連続ドラマを初演出、1998年『甘い結婚』で初のメイン監督を担当する。以降、『WATER BOYS』『白い巨塔』『ラストクリスマス』など、共同テレビ制作の作品を多数手がけている。

2005年、『電車男』で映画監督デビューを果たす[1]

作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 渡辺俊雄 (2014年12月15日). “■渡辺支配人のおしゃべりシネマ館■「7月24日通りのクリスマス」by 渡辺俊雄”. 渡辺支配人のおしゃべりシネマ館. NHK BSオンライン. 2016年8月11日閲覧。