ミライトワとソメイティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 > マスコットキャラクター(ミライトワとソメイティ)
ミライトワとソメイティをラッピングした都営バスの車両

ミライトワ(Miraitowa)とソメイティ(Someity)は、それぞれ東京2020オリンピックとパラリンピックの公式マスコットキャラクター

キャラクター[編集]

ミライトワとソメイティはデジタル世界に住んでおり、インターネットを介して現実世界との間を自由に行き来する[1]

ミライトワ[編集]

大会エンブレムと同じ、藍色と白の市松模様が頭部と胴体にあしらわれたキャラクター。2本の尖った耳がトレードマークで、コンセプトは温故知新。性格は正義感が強く、運動神経も抜群。特技はどんな場所にも瞬間移動が出来ること。名前の由来は、「未来」と「永遠(とわ)」という2つの言葉を結びつけて生まれ、「素晴らしい未来を永遠に」という願いが込められている[1]

ソメイティ[編集]

ピンク色と白のキャラクター。性格はクール。顔の両サイドにあるの触角でテレパシーを送受信している。また、市松模様のマントで空を飛ぶことができる。普段は物静かだが、いざとなると誰よりもパワフル。自然を愛する優しさを持ち、超能力を使って石や風と話せる。また、見るだけで物を動かす念力もある。名前の由来は、桜を代表する品種「ソメイヨシノ」(日本産の栽培品種の桜)と、非常に力強いという意味の英語「so mighty」(ソーマイティ)から生まれた[1]

マスコット決定まで[編集]

2017年5月22日、組織委員会は、アンバサダーとなるマスコットキャラクターを公募することを発表した[2]。公募後、候補作数点を発表し日本全国の小学校および海外の日本人学校の小学生の学級単位による決選投票を行うとした。

2017年12月7日、応募総数2,042件の中から最終候補作3点が発表され[3]、小学生による投票が2018年2月22日まで行われた。16,769校、205,755学級が投票し、2018年2月28日、最多得票を得た福岡県在住でデザイナーの谷口亮がデザインした(ア)案に決定した[4][5]。(イ)案のデザイナーはインターネット広告会社・サイバーエージェントにイラストレーターとして勤務する女性、(ウ)案のデザイナーは主婦でフリーのイラストレーターとしても活動する女性だった[6]

投票結果
デザイナー 投票数
詳細 谷口亮 109,041
イ(詳細 矢野花奈 61,423
ウ(詳細 秋本早苗 35,291

その後7月22日に東京ミッドタウン日比谷でネーミングが発表された[7]。組織委員会が、1998年長野オリンピックでもマスコットネーミングを担当した会社「ZYXYZ(ジザイズ)」に委託した。同社がマスコット投票時の7000件の小学生へのアンケート(未来を感じる、桜、ヒーロー)などを元にして、候補約30案を作成[8]、大会マスコット審査会メンバー[9]の投票で五輪・パラ10案ずつに絞り、商標調査などを経て決定された[10]

メディア[編集]

マーチャンダイジング[編集]

オリンピックの関係者は、マスコットがライセンスマーチャンダイジングにより東京ゲームの資金調達に役立つ収益収入1億3000万ドル(144億円)を上げることを期待している[11]。東京大会の組織委員会は予算管理のために批判されていた[12][13]ロイターによると、2016年の調査によると、オリンピック全体の費用は「入札プロセスの初期推定値の4倍」になる可能性がある[13]。組織委員会は、競技終了後、国際オリンピック委員会および国際パラリンピック委員会に、マスコットの知的財産権を譲渡しなければならない[14]

東京都交通局は2018年7月24日から、都営バスにおいてミライトワとソメイティを描いたラッピングバスの運行を始めた[15]。また、東日本旅客鉄道(JR東日本)でも同年7月23日から9月6日までの間、山手線E235系の一部車両に対して、ラッピング車両の運行を行った[16]

2018年の第69回NHK紅白歌合戦では、NHK2020応援ソング『パプリカ』を歌うFoorinの応援でミライトワとソメイティが出演した。

グッズ[編集]

記念硬貨[編集]

2020年東京オリンピックパラリンピックの記念硬貨は37種類発行されたが、うち1枚ずつ計2枚の100円硬貨がミライトワ、ソメイティに割り当てられることが決定し、その図案が人気を博している[17]

ロボット[編集]

組織委員会とトヨタ自動車の共同開発により、ミライトワとソメイティのロボットが製作され、2019年7月22日に公開された[18]

評価[編集]

2018年3月にフォーブスのウェブサイトに掲載されたJake Adelsteinの寄稿記事によると、マスコットの選抜に対する反応は「一般的にポジティブ」だった[12]。アデルシュタインは、マスコットが東京のオリンピックを財政的に支援すると推測した[12]。アデルシュタインは、マスコットを「キュート」と表現しつつも、Twitter上で「未来的な青とピンクのキャラクターが古くさいジェンダー的役割に明らかに堕している」といった批判がいくつか見られたとコメントした[12]。また、複数のTwitterユーザーが、マスコットを「ポケモンのよう」と評した[12][19][20]。作家の鈴木るりかは、マスコットを「世界的に人気がある日本のアニメ風」、「見事で、スポーティで、オリンピックには完璧だ」と評した[12]。教育学者の尾木直樹は、マスコットを選ぶ際の、成人ではなく子供の役割の重要性を強調した[12]。マスコットが公開されたとき、Petrana Radulovicはen:Mashableに掲載された記事で「愛らしいですね」と述べた[21]

en:The Straits Timesに掲載されたen:Agence France-Presseの記事によると、ソーシャルメディアのマスコット選択に対する反応は、「マッチしている」が、 マスコットは「より丸い」または「もっと抱きしめる」べきであるとの意見があった。他のコメンテーターは、デザインが「子供たちにもっと訴えているが、大人はより柔らかくより伝統的な選択肢を優先した」と述べた[22]。ダン・マクケードはスポーツニュースのウェブサイトen:Deadspinの記事で、2020年のマスコットがBBCからの声明を引用して、2018年の平昌オリンピックのマスコットであるスホランとバンダビの人気にマッチするのは難しいと書いており、ジャパンタイムズ紙はスホランとバンダビの成功が「日本を縛り付けてしまう」との見出しを書いた[20][23][24]。スポーツニュースサイトen:SB Nationに掲載されたJames Datorのブログエントリーは、マスコットデザインは「機能的に何も間違っていない」と書いたが、秋本早苗の(ウ)案が優れた候補であり、代わりに選ばれているはずだと感じた。Datorはまた、子供たちは最終決定を下すべきではないと主張した[25]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c “東京2020マスコット「ミライトワ」と「ソメイティ」がデビューしました!”. 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会. (2018年7月22日). https://tokyo2020.org/jp/news/notice/20180722-01.html 
  2. ^ 「東京2020大会マスコット応募要項」の発表について”. 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 (2017年5月22日). 2018年3月3日閲覧。
  3. ^ 第7回マスコット審査会を開催”. 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 (2017年12月1日). 2018年3月3日閲覧。
  4. ^ 東京2020大会 マスコットデザイン”. 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 (2018年2月28日). 2018年3月3日閲覧。
  5. ^ “東京オリンピック、公式マスコットが決定”. ハフポスト. (2018年2月28日). http://www.huffingtonpost.jp/2018/02/27/gorin-mascot-tk_a_23372840/ 2018年3月3日閲覧。 
  6. ^ “「イ」案「ウ」案、悔しさ見せず「うれしかった」”. 日刊スポーツ. (2018年3月1日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201803010000151.html 
  7. ^ “五輪マスコット「ミライトワ」に パラは「ソメイティ」”. 日本経済新聞. (2018年7月22日11時23分). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33262970S8A720C1CC1000/ 2018年7月22日閲覧。 
  8. ^ “東京五輪は「ミライトワ」パラは「ソメイティ」 公式マスコット名前決定”. デイリースポーツ. (2018年7月22日). https://www.daily.co.jp/general/2018/07/22/0011469003.shtml 
  9. ^ マスコット審査会メンバー”. 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 (2018年4月27日). 2018年7月22日閲覧。
  10. ^ “東京五輪マスコット名前、10案に絞る 6月決定”. デイリースポーツ. (2018年4月27日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201804270000407.html 
  11. ^ Hueston, Dave (2018年5月3日). “Tokyo 2020 mascot designer draws inspiration from the scenic route”. Kyodo News. 2018年7月8日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g Japan's Cute Blue And Pink Mascots Are Here To Boost The Tokyo 2020 Olympics”. Forbes. 2018年7月8日閲覧。
  13. ^ a b Tarrant, Jack (2018年4月22日). “Tokyo 2020 must address questions, says IOC's Coates”. Reuters. 2018年7月22日閲覧。
  14. ^ Cuddly and cute, but will Japan’s Olympic mascots be cash cows?”. The Japan Times (2018年1月23日). 2018年7月8日閲覧。
  15. ^ 東京2020マスコットデザインのラッピングバス運行について
  16. ^ 東京2020開催まであと2年!JR東日本における東京2020開催2年前気運醸成の取組みについて (PDF)”. 東日本旅客鉄道 (2018年7月23日). 2018年9月1日閲覧。
  17. ^ 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣(第四次発行分)を発行します
  18. ^ トヨタが7体のロボットを提供 「東京2020」オリパラのマスコットロボットも、Car Watch、2019年7月22日。
  19. ^ Ashcraft, Brian (2018年2月28日). “The Tokyo Olympic Mascots Look Like Pokémon”. Kotaku. 2018年7月8日閲覧。
  20. ^ a b Will Japan’s Olympic Mascot Be A Soohorang Or An Izzy?”. Deadspin. Gizmodo Media Group (2018年2月28日). 2018年7月12日閲覧。
  21. ^ Radulovic, Petrana (2018年2月28日). “The Tokyo Olympic mascots are unveiled and they are adorable”. Mashable. 2018年7月8日閲覧。
  22. ^ “Doe-eyed superhero picked for Tokyo 2020 mascot”. The Straits Times. Agence France-Presse (AFP) (Singapore Press Holdings). (2018年2月28日). https://www.straitstimes.com/asia/east-asia/doe-eyed-superhero-picked-for-tokyo-2020-mascot 2018年7月11日閲覧。 
  23. ^ Tokyo 2020 Olympic mascots unveiled after children's vote”. BBC (2018年2月28日). 2018年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月12日閲覧。
  24. ^ Success of Pyeongchang Olympic mascots leaves Japan in a bind”. The Japan Times (2018年2月24日). 2018年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月12日閲覧。
  25. ^ Dator, James (2018年2月28日). “Tokyo 2020 mascots aren’t Stoned Cat and Leaf Bear because kids have no taste”. SB Nation. 2018年7月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
スホラン
平昌2018
オリンピック・マスコット
ミライトワ

東京2020
次代:
ビンドゥンドゥン
北京2022
先代:
バンダビ
平昌2018
パラリンピック・マスコット
ソメイティ

東京2020
次代:
シュエロンロン
北京2022