荒木田裕子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
荒木田 裕子 Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1954-02-14) 1954年2月14日(68歳)
出身地 秋田県仙北郡田沢湖町(現仙北市
獲得メダル
バレーボール
オリンピック
1976 女子
テンプレートを表示

荒木田 裕子(あらきだ ゆうこ、1954年2月14日-)は、秋田県仙北郡田沢湖町(現仙北市)出身の元バレーボール日本代表、バレーボール指導者。2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会副会長を務めた。

日本バレーボール協会強化事業本部長、女子強化委員会GM兼務[1]日本オリンピック委員会理事、同アスリート専門部会長、アジア・オリンピック評議会理事[2]、国際オリンピック委員会プログラム委員などの要職を歴任。

2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事だった2021年、森喜朗女性に関する発言でにわかに組織委内で女性登用を進める必要が高まったため、3月の理事会で急遽7人目の副会長に選出された[3]。副会長に就任した初の女性。「ジェンダー平等」や「多様性の尊重推進」を担当した。

全国ラジオ体操連盟会長。全日本野球協会理事も務めた[4]

スポーツ界に世界的な人脈を持つ。スポーツ新聞の報道で「国際バレーボール連盟(FIVB)、国際オリンピック委員会と交渉できる日本で数少ない人物」と評されたことがある[5]

来歴[編集]

ロンドン五輪アルジェリア
観客席で見守る荒木田ほかスタッフ(日の丸付近の向かって右端)

主な受賞歴[編集]

脚注[編集]