2020年東京オリンピックの空手競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2020年東京オリンピックの空手競技[1](2020ねんとうきょうオリンピックのからてきょうぎ)は世界空手連盟(WKF)が管轄し、2020年東京オリンピックにて実施される追加種目空手[2]。会場は日本武道館。2021年8月5日から7日に実施。なお2024年パリオリンピックでは正式競技にならないことは2017年6月9日のIOC理事会で[3]、追加種目にならないことは2019年6月25日のIOC総会で決定した[4][5]2028年大会以降、再び実施されるかは未定である。

実施種目[編集]

体重別で争う組手[6]の3階級、及びが男女で実施され、全8種目である。WKFが主催する世界空手道選手権などの大会では、組手は体重別5階級で競われているため、オリンピックでは、下表の通り、統合されて実施される。競技は組手が男女ともに試合時間は3分。形は採点形式で行われる[1]

WKFとオリンピックの階級
男子 女子
(WKF) (五輪) (WKF) (五輪)
60 kg級 67 kg級 50 kg級 55 kg級
67 kg級 55 kg級
75 kg級 75 kg級 61 kg級 61 kg級
84 kg級 75 kg超級 68 kg級 61 kg超級
84 kg超級 68 kg超級

出場選手は各種目10人(各国最大1人ずつ)、計80人で、日本は全種目の開催国枠(計8人)を持つほか、オリンピックランキング上位の選手(各種目4人)、世界最終予選を勝ち抜いた選手(各種目3人)、大陸別の総合競技大会の種目別の優勝者[7]のうちオリンピックランキング上位の選手(男女6人ずつ、各種目男女合わせて3名まで)、及び招待選手(男女2人ずつ)が出場する[8]。オリンピックでWKFの2階級が統合される階級では、オリンピックランキングは2階級の選手の統合ランキングが作成されるが、最上位者4名の選考では、選手が所属するWKFの階級ごとに2名ずつ選考される。世界最終予選は統合された階級により実施される。

開催国枠の選手について[編集]

原則として、開催国(日本)の選手にはオリンピックランキングに基づいて、各種目最上位の選手に出場権が与えられる。オリンピックランキングは2018年7月2日から2020年4月6日までの間に行われる2018年世界選手権マドリード)、大陸選手権、KARATE1(プレミアリーグ、シリーズA)の諸大会を対象としていた[9]全日本空手道連盟(JKF)は集中強化指定選手(種目ごとに1人、又は2人)を指定した対象大会に出場させ、全ての対象大会が終了した時点で日本勢トップの選手を日本代表に内定するとしていた[10]

しかし、2020年3月6日、新型コロナウイルス感染症の流行により、ランキング対象大会の一つであるプレミアリーグラバト大会(3月13日~15日予定)が中止となった[11]。更にこの事態を受けて、急遽、対象大会に追加されたプレミアリーグマドリード大会(4月17日~19日予定)も同様の理由で3月17日に中止が決定した[12]ことにより、3月18日、WKFはオリンピックランキングの確定と、同ランキングにより出場権を獲得した40人の選手(各種目4名+開催国枠1名)を発表し[13]、それに従い、JKFも日本代表内定選手8人を発表していた。

ところが、3月30日に東京オリンピックの延期が決定し、5月20日、WKFは2020年プレミアリーグラバト大会の代わりに開催される2021年プレミアリーグラバト大会(又は2021年に予定される世界最終予選より前に開催される別のプレミアリーグ大会)がオリンピックランキングの対象大会に追加されることを発表した[9]。それを受けて、5月21日にJKFは新たに対象大会となる大会の成績により、ランキングの日本勢トップが入れ替わる可能性がある男子67 kg級と女子61 kg級の代表選考をやり直しすることを発表した[14][15]。また、6月19日にはJKFが代表選手の選考として、対象大会に当該種目の集中強化指定選手(2人ずつ)を派遣し、ランキングで日本勢トップとなった選手が代表候補に内定することが発表された[16]

競技結果[編集]

男子
種目
組手67 kg級
組手75 kg級
組手75 kg超級
女子
種目
組手55 kg級
組手61 kg級
組手61 kg超級

脚注[編集]

  1. ^ a b 空手” (日本語). 東京2020. 2020年6月6日閲覧。
  2. ^ IOC approves five new sports for Olympic Games Tokyo 2020 - Olympic News”. Olympic.org (2016年8月3日). 2016年8月8日閲覧。
  3. ^ IOC Executive Board charts the course for future Olympic Games”. Olympic.org (2017年6月9日). 2019年8月11日閲覧。
  4. ^ BREAKING, SKATEBOARDING, SPORT CLIMBING AND SURFING PROVISIONALLY INCLUDED ON PARIS 2024 OLYMPIC SPORTS PROGRAMME”. IOC (2019年6月25日). 2019年8月11日閲覧。 “After today’s vote by the IOC Session, no further sports can be put forward for inclusion on the sports programme of the Olympic Games Paris 2024.”
  5. ^ “野球・ソフトと空手、候補外=ブレークダンス提案へ-24年パリ五輪追加競技:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. https://www.jiji.com/jc/article?k=2019022101133 2019年2月21日閲覧。 
  6. ^ オリンピックの空手組手競技ルールをわかりやすく解説|2020東京オリンピックを楽しむために! - 空手ロード”. wka.jp.net. 2020年6月6日閲覧。
  7. ^ オセアニア地区のみ、該当する大会が無いため、種目別のオリンピックランキング最上位者で代用する。
  8. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – TOKYO 2020”. 2020年6月30日閲覧。
  9. ^ a b Karate Qualification System - Tokyo 2020”. 2020年8月4日閲覧。
  10. ^ 2020年東京オリンピック選考基準について” (日本語). 公益財団法人 全日本空手道連盟 (2019年9月24日). 2020年8月4日閲覧。
  11. ^ 開催中止のおしらせ:プレミアリーグ2020ラバト大会” (日本語). 公益財団法人 全日本空手道連盟 (2020年3月7日). 2020年8月5日閲覧。
  12. ^ 開催中止のおしらせ:プレミアリーグ2020マドリード大会” (日本語). 公益財団法人 全日本空手道連盟 (2020年3月17日). 2020年8月5日閲覧。
  13. ^ WKF announces first qualified athletes for Tokyo 2020” (英語). www.wkf.net. 2020年8月4日閲覧。
  14. ^ 空手2階級で代表選考やり直し 世界連盟の予選方式見直しが影響”. www.sponichi.co.jp. 2020年8月4日閲覧。
  15. ^ 空手の代表選考会、来年開催 日本2階級、入れ替えも―東京五輪:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年6月6日閲覧。
  16. ^ 第32回オリンピック競技大会(2020/東京) 日本代表候補選手の選考について” (日本語). 公益財団法人 全日本空手道連盟 (2020年6月22日). 2020年8月4日閲覧。