2020年東京オリンピックのボクシング競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2020年東京オリンピック
ボクシング
兩國國技館20170529.jpg
国技館
会場国技館
開催日2021年7月25日 - 8月9日
参加選手数81か国 289人
« 20162024 »
Hovhannes Bachkov boxing at the 2020 Tokyo Summer Olympics.jpg

2020年東京オリンピックボクシング競技[1](2020ねんとうきょうオリンピックのボクシングきょうぎ)は2021年7月24日から8月8日まで国技館で実施されたオリンピックのボクシングである。

背景[編集]

2017年6月9日、国際オリンピック委員会 (IOC) 理事会は2020年東京オリンピックのボクシング競技会では前回の男子10から8、女子3から5に種目数を変更すると決定した。2020年7月25日から8月9日に実施する日程が決定。そののち、2018年までに(アマチュア)ボクシングの国際競技連盟である国際ボクシング連盟 (AIBA) に対して財政、ガバナンス、倫理および審判の分野における問題があるとして同団体のIOC除名および競技のオリンピック除外が検討される。2018年8月8日、ボクシングのオリンピック除外の可能性は高い状況にあり、同日の日本ボクシング連盟会長山根明の辞任表明でも「東京オリンピックに参加できなくても、その次のオリンピックもあります。頑張ってください。」と述べられるほどであった[2]

2019年5月22日のIOC理事会で、AIBAに対して本競技会開催権利の剥奪をするものの同競技のアスリートであるボクサーたちのことを考え、本競技会は開催する方針が立てられた[3]国際体操連盟会長兼IOC委員の渡辺守成を座長とした特別作業部会(ボクシング・タスクフォース)が本競技会の開催権を持つ方針となった。6月19日の理事会では同方針と特別作業部会メンバーにはAIBAについて知識・経験のあるIOC理事ウィリー・カルシュミット=ルハン(グアテマラ)、ウガンダNOC会長のIOC委員ウィリアム=フェレデリック・ブリック、格闘技界から国際柔道連盟会長のマリウス・ビゼールオーストリア)、アスリートを代表して近代五種競技女子のアーヤ・メダニー英語版エジプト)の4人をあてる特別作業部会の改革案を承認した[4]。6月26日、IOC総会でこれらの実施方針などが承認された[5]。種目構成も2017年6月9日のIOC理事会決定のまま実施することも同IOC総会で承認された。この様な不確定要素があったために観戦チケットの募集および販売は他競技よりも遅れた。

新型コロナウイルス感染症流行の影響によりオリンピックの開催延期が決定すると、国技館を所有する日本相撲協会本場所で国技館を優先使用しているため、仮に春か秋の開催なら使用させないと表明した。そののち、2021年7月24日から8月8日の夏に東京オリンピックのボクシング競技を実施することが決定した。

概要[編集]

男子、女子共に階級ごとに出場選手数が異なり、合計で男子186名、女子100名の計286名の選手が出場権を獲得する。各国からは各階級1選手の出場が認められており、選手は下記の条件により五輪の出場資格を得る[6]

試合は1ラウンド3分×3ラウンド、採点は5人のジャッジによるラウンド・マストシステムで行われる[17]

男子[編集]

主催者推薦枠の欄には難民選手団の選手2名を含む。[18]

階級 各大陸予選 WR 開催国枠 主催者
推薦枠
合計
アフリカ アメリカ AS & OC ヨーロッパ
フライ級(52 kg) 3 5 6 8 4 1 1 28
フェザー級(57 kg) 3 5 6 8 4 0 1 27
ライト級(63 kg) 3 5 6 8 4 1 1+1 29
ウェルター級(69 kg) 3 4 5 6 4 0 1 23
ミドル級(75 kg) 3 4 5 6 4 1 1+1 25
ライトヘビー級(81 kg) 3 4 5 6 4 0 - 22
ヘビー級(91 kg) 2 3 4 4 4 - - 17
スーパーヘビー級(+91 kg) 2 3 4 4 4 - - 17
合計 22 33 41 50 32 3 7 188

女子[編集]

主催者推薦枠の欄にはスポーツ仲裁裁判所の判決などで後から出場資格を得た選手3名を含む。[18][19][20][21]

階級 各大陸予選 WR 開催国枠 主催者
推薦枠
合計
アフリカ アメリカ AS & OC ヨーロッパ
フライ級(52 kg) 3 4 6 6 5 0 1+1 26
フェザー級(57 kg) 2 3 4 6 4 0 1+1 21
ライト級(60 kg) 2 3 4 6 4 0 1+1 21
ウェルター級(69 kg) 2 3 4 5 4 0 - 18
ミドル級(75 kg) 2 3 4 4 4 - - 17
合計 11 16 22 27 21 0 6 103

予選日程[編集]

大会 期間 開催地
アフリカ大陸予選 2020年2月20日 - 29日 セネガルの旗 ディアムニアディオ
アジア/オセアニア大陸予選 2020年3月3日 - 11日 ヨルダンの旗 アンマン
ヨーロッパ大陸予選 2020年3月14日 - 16日 (1日目 - 3日目)
2021年6月4日 - 8日 (4日目 - 8日目)
イギリスの旗 ロンドン
フランスの旗 ヴィルボン=シュル=イヴェット
アメリカ大陸予選 中止 [22][23] アルゼンチンの旗 ブエノスアイレス

参加国[編集]

291名が出場資格を得ていたが[18]2名が棄権[24][25]したため、競技には289名が参加した。

日程[編集]

昼の部(A)は8月3日までは11時、8月4日以降は14時開始、夕方の部(E)は17時開始の予定である [26][27]

R32 ラウンド32 R16 ラウンド16 QF 準々決勝 SF 準決勝 F 決勝
日付 7/24 7/25 7/26 7/27 7/28 7/29 7/30 7/31 8/1 8/2 8/3 8/4 8/5 8/6 8/7 8/8
種目 A E A E A E A E A E A E A E A E A E A E A E A E A E A E A E A E
男子フライ級 R32 R16 QF SF F
男子フェザー級 R32 R16 QF SF F
男子ライト級 R32 R16 QF SF F
男子ウェルター級 R32 R16 QF SF F
男子ミドル級 R32 R16 QF SF F
男子ライトヘビー級 R32 R16 QF SF F
男子ヘビー級 R32 R16 QF SF F
男子スーパーヘビー級 R32 R16 QF SF F
女子フライ級 R32 R16 QF SF F
女子フェザー級 R32 R16 QF SF F
女子ライト級 R32 R16 QF SF F
女子ウェルター級 R32 R16 QF SF F
女子ミドル級 R32 R16 QF SF F

競技結果[編集]

入江聖奈ボクシング競技で日本人女子初の金メダル獲得。男女を通じても1964年東京大会桜井孝雄(男子バンタム級)、ロンドン大会村田諒太(男子ミドル級)に次いで史上3人目。

男子[編集]

種目
フライ級[28][29] イギリス ガラル・ヤファイ
イギリス (GBR)
フィリピン カルロ・パーラム
フィリピン (PHI)
日本 田中亮明
日本 (JPN)
カザフスタン サケン・ビボシノフ
カザフスタン (KAZ)
フェザー級[30][28] ROC アルベルト・バティルガジエフ
ROC (ROC)
アメリカ合衆国 デューク・レイガン
アメリカ合衆国 (USA)
ガーナ サミュエル・タキー
ガーナ (GHA)
キューバ ラサロ・アルバレス
キューバ (CUB)
ライト級[31][32] キューバ アンディ・クルス
キューバ (CUB)
アメリカ合衆国 キーショーン・デービス
アメリカ合衆国 (USA)
アルメニア ホバネス・バチコフ
アルメニア (ARM)
オーストラリア ハリソン・ガーサイド
オーストラリア (AUS)
ウェルター級[33][30] キューバ ロニエル・イグレシアス
キューバ (CUB)
イギリス パット・マッコーマック
イギリス (GBR)
アイルランド エイダン・ウォルシュ
アイルランド (IRL)
ROC アンドレイ・ザムコボイ
ROC (ROC)
ミドル級[28][29] ブラジル エベルト・ソウザ
ブラジル (BRA)
ウクライナ オレクサンドル・ヒジュニャク
ウクライナ (UKR)
フィリピン エウミル・マーシャル
フィリピン (PHI)
ROC グレプ・バクシ
ROC (ROC)
ライトヘビー級[33][34] キューバ アルレン・ロペス
キューバ (CUB)
イギリス ベンジャミン・ウィッテカー
イギリス (GBR)
ROC イマム・ハタエフ
ROC (ROC)
アゼルバイジャン ロレン・ベルト・アルフォンソ・ドミンゲス
アゼルバイジャン (AZE)
ヘビー級[30][31] キューバ フリオ・ラ・クルス
キューバ (CUB)
ROC ムスリム・ガジマゴメドフ
ROC (ROC)
ニュージーランド デイビッド・ニーカ
ニュージーランド (NZL)
ブラジル アブネル・テイシェイラ
ブラジル (BRA)
スーパーヘビー級[34][32] ウズベキスタン バホディル・ジャロロフ
ウズベキスタン (UZB)
アメリカ合衆国 リチャード・トーレス・ジュニア
アメリカ合衆国 (USA)
イギリス フレーザー・クラーク
イギリス (GBR)
カザフスタン カムシベク・クンカバエフ
カザフスタン (KAZ)

女子[編集]

種目
フライ級[34][29]詳細 ブルガリア ストイカ・クラステバ
ブルガリア (BUL)
トルコ ブセ・ナズ・チャクロール
トルコ (TUR)
チャイニーズタイペイ 黄篠雯
チャイニーズタイペイ (TPE)
日本 並木月海
日本 (JPN)
フェザー級[35][30]詳細 日本 入江聖奈
日本 (JPN)
フィリピン ネスティー・ペテシオ
フィリピン (PHI)
イタリア イルマ・テスタ
イタリア (ITA)
イギリス カリス・アーティングストール
イギリス (GBR)
ライト級[28][32]詳細 アイルランド ケリー・アン・ハリントン
アイルランド (IRL)
ブラジル ベアトリス・フェレイラ
ブラジル (BRA)
タイ スダポーン・シーソンディー
タイ (THA)
フィンランド ミラ・マリュト・ヨハンナ・ポトコネン
フィンランド (FIN)
ウェルター級[34][29]詳細 トルコ ブセナズ・シュルメネリ
トルコ (TUR)
中国 谷紅
中国 (CHN)
インド ロブリナ・ボルゴハイン
インド (IND)
アメリカ合衆国 オシェー・ジョーンズ
アメリカ合衆国 (USA)
ミドル級[31][32]詳細 イギリス ローレン・プライス
イギリス (GBR)
中国 李倩
中国 (CHN)
オランダ ヌシュカー・フォンテイン
オランダ (NED)
ROC ゼンフィラ・マゴメダリエワ
ROC (ROC)

国・地域別のメダル獲得数[編集]

国・地域
1 キューバ キューバ (CUB) 4 0 1 5
2 イギリス イギリス (GBR) 2 2 2 6
3 ROC ROC (ROC) 1 1 4 6
4 ブラジル ブラジル (BRA) 1 1 1 3
5 トルコ トルコ (TUR) 1 1 0 2
6 日本 日本 (JPN)(開催国) 1 0 2 3
7 アイルランド アイルランド (IRL) 1 0 1 2
8 ブルガリア ブルガリア (BUL) 1 0 0 1
ウズベキスタン ウズベキスタン (UZB) 1 0 0 1
10 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA) 0 3 1 4
11 フィリピン フィリピン (PHI) 0 2 1 3
12 中国 中国 (CHN) 0 2 0 2
13 ウクライナ ウクライナ (UKR) 0 1 0 1
14 カザフスタン カザフスタン (KAZ) 0 0 2 2
15 アルメニア アルメニア (ARM) 0 0 1 1
オーストラリア オーストラリア (AUS) 0 0 1 1
アゼルバイジャン アゼルバイジャン (AZE) 0 0 1 1
フィンランド フィンランド (FIN) 0 0 1 1
ガーナ ガーナ (GHA) 0 0 1 1
インド インド (IND) 0 0 1 1
イタリア イタリア (ITA) 0 0 1 1
オランダ オランダ (NED) 0 0 1 1
ニュージーランド ニュージーランド (NZL) 0 0 1 1
タイ タイ (THA) 0 0 1 1
チャイニーズタイペイ チャイニーズタイペイ (TPE) 0 0 1 1
合計 13 13 26 52

備考[編集]

  • 2021年7月27日の男子ヘビー級2回戦、ユーネス・バーラ(モロッコ)対デービッド・ニイカ(ニュージーランド)の試合では、バーラに相手選手の耳への噛みつき行為があったとして失格処分となった[36]
  • 2021年8月1日の男子スーパーヘビー級準々決勝では、ムラ・アリエブ(フランス)に複数回故意のバッティング(頭突き)があったとして失格となり、アリエブはリングサイドで1時間にわたって座り込み抗議した[37]。アリエブはスポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴えたが、同月3日、CASはレフェリーの技術的ミスの可能性は排除しなかったものの、失格処分は試合中のもので有効として訴えを棄却した[37]

脚注[編集]

  1. ^ ボクシング” (日本語). 東京2020. 2020年6月17日閲覧。
  2. ^ ボクシング山根明会長が辞任表明。「男としてのけじめを話す」⇒1ラウンド3分より短かった。”. ハフポスト日本版 (2018年8月8日). 2019年9月22日閲覧。
  3. ^ Ingle, Sean (2019年5月22日). “Aiba stripped of right to run boxing tournament at Tokyo Olympics”. The Guardian. https://www.theguardian.com/sport/2019/may/22/aiba-stripped-of-right-to-run-boxing-tokyo-olympics 2019年5月22日閲覧。 
  4. ^ 東京新聞:開催国枠 男女6階級 東京五輪ボクシング:2020東京五輪:特集・連載(TOKYO Web)”. web.archive.org (2019年6月23日). 2020年12月19日閲覧。
  5. ^ 134th IOC Session, Day 3, part 1 (YouTube). IOCチャンネル. (2019年6月26日). https://www.youtube.com/watch?v=M8Nz9Ksca4w 2020年7月24日閲覧。 
  6. ^ QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD –TOKYO 2020”. 2021年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月15日閲覧。
  7. ^ a b Boxing Road to Tokyo Rankings for Men’s and Women’s events”. 2021年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月2日閲覧。
  8. ^ Dennen, John. “The Americas Olympic qualification event has been cancelled - Boxing News” (英語). www.boxingnewsonline.net. 2021年5月15日閲覧。
  9. ^ IOC Boxing Task Force: Asian/Oceanian Tokyo 2020 boxing qualifying event to be held in Jordan in March - Olympic News” (英語). International Olympic Committee (2020年1月24日). 2020年7月12日閲覧。
  10. ^ Top facts about the Europe Boxing Qualifier in Paris”. Olympics.com. 2021年7月11日閲覧。
  11. ^ Boxing Road to Tokyo European qualifier in London suspended”. Olympic Channel. 2020年8月7日閲覧。
  12. ^ Staff, Reuters (2021年3月5日). “Paris to host rescheduled Tokyo Olympic boxing qualifier” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/article/olympics-boxing-idINKCN2AX17E 2021年5月15日閲覧。 
  13. ^ Tokyo 2020 Olympic boxing qualifiers set for April-June 2021 after coronavirus delays”. Olympic Channel. 2020年12月19日閲覧。
  14. ^ a b 【ボクシング】東京五輪アジア・オセアニア大陸予選最終日、結果・談話|岡澤セオンが東京五輪出場!…並木月海、入江聖奈は銀メダル”. Olympic Channel. 2020年6月17日閲覧。
  15. ^ 【ボクシング】田中亮明、成松大介、森脇唯人が東京五輪内定…開催国枠による選出”. Olympic Channel. 2020年6月17日閲覧。
  16. ^ https://twitter.com/jabf_revival/status/1240895459574480897” (日本語). Twitter. 2020年6月17日閲覧。
  17. ^ Boxing in the Olympics: Everything you wanted to know”. Olympics.com. 2021年7月11日閲覧。
  18. ^ a b c TOKYO 2020 BOXING QUOTA ALLOCATION”. 2021年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月2日閲覧。
  19. ^ Staff, Reuters (2021年6月30日). “Olympics-Canadian boxer wins battle to compete in Tokyo” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/article/olympics-2020-boxing-can-bujold-idCNL2N2OC25F 2021年7月11日閲覧。 
  20. ^ Cuban-born Yarisel Ramirez named 10th US boxer for Tokyo” (英語). AP NEWS (2021年7月10日). 2021年8月2日閲覧。
  21. ^ Dayana Sánchez, with a pass to Tokyo – Explica .co”. web.archive.org (2021年7月24日). 2021年10月15日閲覧。
  22. ^ USA Boxing announces team for Tokyo 2020 Olympic qualifier”. www.insidethegames.biz (2020年2月11日). 2021年2月10日閲覧。
  23. ^ Dennen, John (2021年4月15日). “The Americas Olympic qualification event has been cancelled”. Boxing News Online. 2021年4月17日閲覧。
  24. ^ Women's Middle (69-75kg) - Boxer withdrawal from MAR”. 2021年10月16日閲覧。
  25. ^ Men's Fly (48-52kg) - Boxer withdrawal from THA”. 2021年10月16日閲覧。
  26. ^ ボクシング 競技スケジュール” (日本語). 東京2020. 2020年12月19日閲覧。
  27. ^ Schedule - Boxing Tokyo 2020 Olympics”. Olympian Database. 2020年3月1日閲覧。
  28. ^ a b c d オリンピックスケジュール&結果 - ボクシング - 8月5日” (日本語). olympics.com. 2021年8月5日閲覧。
  29. ^ a b c d オリンピックスケジュール&結果 - ボクシング - 8月7日” (日本語). olympics.com. 2021年8月7日閲覧。
  30. ^ a b c d オリンピックスケジュール&結果 - ボクシング - 8月3日” (日本語). olympics.com. 2021年8月3日閲覧。
  31. ^ a b c オリンピックスケジュール&結果 - ボクシング - 8月6日” (日本語). olympics.com. 2021年8月6日閲覧。
  32. ^ a b c d オリンピックスケジュール&結果 - ボクシング - 8月8日” (日本語). olympics.com. 2021年8月8日閲覧。
  33. ^ a b オリンピックスケジュール&結果 - ボクシング - 8月1日” (日本語). olympics.com. 2021年8月1日閲覧。
  34. ^ a b c d オリンピックスケジュール&結果 - ボクシング - 8月4日” (日本語). olympics.com. 2021年8月4日閲覧。
  35. ^ オリンピックスケジュール&結果 - ボクシング - 7月31日” (日本語). olympics.com. 2021年7月31日閲覧。
  36. ^ “モロッコの「タイソン」相手選手への耳かみつき行為で五輪失格”. 『日刊スポーツ』. (2021年7月27日). https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/boxing/news/202107270001351.html 2021年8月9日閲覧。 
  37. ^ a b “五輪=ボクシングで失格処分のアリエブ、CASが訴えを棄却”. 『ロイター』. (2021年8月4日). https://jp.reuters.com/article/sport-olympic-boxing-cas-idJPKBN2F506R 2021年8月9日閲覧。 

外部リンク[編集]