並木月海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
並木 月海 Boxing pictogram.svg
個人情報
生誕名 並木 月海
フルネーム 並木 月海
国籍 日本の旗 日本
生誕 (1998-09-17) 1998年9月17日(22歳)
千葉県成田市
身長 153 cm (5 ft 0 in)
体重 50 kg (110 lb)
スポーツ
競技

女子 ボクシング

階級 フライ級
所属 自衛隊体育学校
 
獲得メダル
世界女子選手権
2018 ニューデリー フライ級

並木 月海(なみき つきみ、1998年9月17日[1] - )は、日本女子アマチュアボクシング選手である。階級フライ級。右利き[2]・サウスポー[3]

千葉県成田市出身。花咲徳栄高等学校卒業。自衛隊体育学校所属の自衛官2019年12月現在の階級3等陸曹[4])。2018年世界女子選手権大会銅メダリスト。2020年東京五輪出場予定。

来歴[編集]

格闘一家に育ち、幼少期から3人の兄姉が習う極真空手の道場へ通った。小学3年生から友人に誘われキックボクシングも始めた。中学校に入ると「普通に女の子として過ごしたい」と格闘技をやめて1年間陸上部に籍を置くが、物足りなくなり、中学2年生から内山高志に憧れて、最初はフィットネス感覚でボクシングを始めた[3][5]2013年に開催が決まった東京オリンピックへの出場を目指すために、ボクシングの強豪校であり内山の母校でもある私立花咲徳栄高校への進学を決めた[2]。入学した2014年全日本女子選手権ジュニアの部ライトフライ級で優勝[6]。翌2015年3月の全国高校選抜フライ級も優勝[7]。さらに11月にブルガリアで開かれたバルカン国際トーナメントでも優勝した[8]2016年も全国高校選抜で優勝[9]し、連覇を果たした。高校時代は5回の全国優勝を含めて27戦全勝の成績を残した[10]

2017年4月、自衛官となり自衛隊体育学校に進んだ[11]。10月の平成29年愛媛国体では2014年世界選手権ライトフライ級銅メダリストの和田まどかに敗れた[12]。12月の全日本選手権では自体校の晝田瑞希に敗れた[13]

2018年6月にカザフスタンで開かれた大統領杯で金メダルを獲得した[14]11月にインドで開催された世界選手権では準決勝でカザフスタンの選手に敗れるも、日本女子としては和田まどかに次いで2人目となる銅メダルを獲得した[15]。12月の全日本選手権では準決勝で、バンタム級3連覇の河野沙捺に2-3の判定で敗れた[16]

2019年2月、自体校の成松大介と共に日本ボクシング連盟から2018年度アマチュア部門最優秀選手賞の表彰を受けた[17]。5月、ロシアのハバロフスクで行われた「コンスタンチン・コロトコフ記念国際トーナメント」女子51kg級で金メダルを獲得した[18]。7月、世界選手権日本代表を懸けた選考スパーリングを勝ち抜き、フライ級代表に選ばれた[19]10月にロシアで開催された世界選手権では、過去2回優勝しているカザフスタンナジム・キザイベイを破ったが、前回優勝した北朝鮮パン・チョルミに3回戦(準々決勝)で敗れた[20]。12月8日、東京オリンピックの予選出場者を決定する女子日本代表決定戦(ボックスオフ)に世界選手権出場者として出場。同年の全日本選手権フライ級優勝者である河野沙捺に勝利し、五輪予選への出場権を獲得した[21]

2020年2月、日本ボクシング連盟から2年連続の受賞となる2019年度アマチュア部門最優秀選手賞の表彰を受けた[22]。3月9日、ヨルダンで行われた東京五輪ボクシング競技アジア・オセアニア予選で準決勝に進出し、女子フライ級日本代表に内定した[23]が、11日に行われた決勝では中国のチャン・ユアンに敗れた[24]

人物[編集]

  • 4人きょうだいの末っ子で、姉と兄2人の影響で空手を始めた[21]。同い年の幼馴染みで幼稚園時代から共に空手を学んだ那須川天心とは空手時代に何度か対戦経験がある[14]
  • 中学生時代、旭ジム所属で出場したJ-NETWORK主催のキックボクシング興行J-GIRLSの試合では3戦3勝(3KO)の成績を収めている。
  • 千葉県成田市の家から埼玉県加須市の花咲徳栄高校まで往復5時間かけて通学していた[2]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “【目指せ!東京五輪】強打のパンチャー ボクシング 並木月海 (埼玉・花咲徳栄2年)”. 高校生新聞ONLINE. (2015年5月10日). http://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/551 
  2. ^ a b c ボクシングにかける青春・並木月海選手”. NHK (2015年12月3日). 2019年9月18日閲覧。
  3. ^ a b 時事ドットコムニュース TOKYO2020 選手プロフィル 並木月海”. 時事通信社. 2019年9月19日閲覧。
  4. ^ 自衛隊体育学校Twitter”. 自衛隊体育学校 (2019年12月9日). 2019年12月14日閲覧。
  5. ^ 並木月海が判定勝ち、五輪代表へ「ここからが勝負」”. 日刊スポーツ (2019年12月8日). 2020年3月12日閲覧。
  6. ^ 第13回全日本女子ボクシング選手権大会 試合結果”. 花咲徳栄高校ボクシング部 (2014年12月4日). 2019年9月19日閲覧。
  7. ^ 第26回全国高等学校ボクシング選抜大会兼JOCジュニアオリンピックカップ 試合結果”. 花咲徳栄高校ボクシング部 (2015年3月26日). 2019年9月18日閲覧。
  8. ^ 2015 バルカン国際トーナメントについて②(報告)”. 日本ボクシング連盟. 2019年9月19日閲覧。
  9. ^ 第27回全国高等学校選抜大会兼JOCジュニアオリンピックカップ 試合結果”. 花咲徳栄高校ボクシング部 (2016年3月26日). 2019年9月18日閲覧。
  10. ^ 善理俊哉 (2019年10月9日). ““世界”に強い女子ボクシング界の最終兵器 並木月海が懸ける東京五輪への思い”. NTTドコモ. 2019年11月1日閲覧。
  11. ^ 自衛官アスリート誕生! 第56期特別体育課程入校式”. 自衛隊体育学校 (2017年4月14日). 2019年9月19日閲覧。
  12. ^ “王寺工高の今永虎雅と荒本一成、史上初の高校8冠”. Boxing News(ボクシング・ニュース). (2017年10月9日). http://boxingnews.jp/news/52117/ 2018年12月24日閲覧。 
  13. ^ “和田まどか5連覇達成 全日本女子選手権”. Boxing News(ボクシング・ニュース). (2017年12月18日). http://boxingnews.jp/news/54441/ 2018年12月24日閲覧。 
  14. ^ a b “【ボクシング】那須川天心の幼なじみ、並木月海がカザフスタンで快進撃”. eFight. (2018年6月14日). https://efight.jp/result-20180614_293610 2019年7月20日閲覧。 
  15. ^ “並木月海、準決で敗れ銅メダル ボクシング女子世界選手権”. THE SANKEI NEWS. (2018年11月23日). https://www.sankei.com/sports/news/181123/spo1811230025-n1.html 2018年12月24日閲覧。 
  16. ^ “仲田姉妹が決勝で対決へ 全日本女子&社会人選手権”. Boxing News(ボクシング・ニュース). (2018年12月23日). https://boxingnews.jp/news/63550/ 2019年7月20日閲覧。 
  17. ^ 2018年度最優秀選手賞表彰について”. 日本ボクシング連盟 (2019年2月8日). 2019年9月21日閲覧。
  18. ^ “[ロシア国際大会]2019.5.14 堤駿斗と並木月海が金メダル!”. ボクモバニュース. (2019-05-014). https://boxmob.jp/sp/news/index.html?nid=23610&n=1 2019年10月4日閲覧。 
  19. ^ “昨年銅の並木月海ら5人 女子世界選手権代表決定”. Boxing News(ボクシング・ニュース). (2019年7月7日). https://boxingnews.jp/news/68254/ 2019年7月20日閲覧。 
  20. ^ Grid”. Autonomous Nonprofit Organization "Directorate of the World Boxing Championship 2019". 2019年10月29日閲覧。
  21. ^ a b 並木月海 那須川天心と幼なじみ 東京五輪へ「自力で出場したい。しっかり枠を取りたい」”. スポニチAnnex (2019年12月8日). 2019年12月8日閲覧。
  22. ^ 【年間賞】岡澤セオン・並木月海が最優秀賞獲得「金メダルは使命」”. 日本ボクシング連盟 (2020年2月7日). 2020年2月9日閲覧。
  23. ^ ボクシング 女子フライ級 並木月海 五輪代表に内定”. NHK (2020年3月10日). 2020年3月10日閲覧。
  24. ^ 女子フライ級決勝 並木月海、僅差の判定負けで準優勝”. スポニチ (2020年3月12日). 2020年3月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]