コンテンツにスキップ

並木月海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
並木 月海
自衛隊より公表された肖像写真
個人情報
生誕名並木 月海
フルネーム並木 月海
国籍日本の旗 日本
生誕 (1998-09-17) 1998年9月17日(25歳)
千葉県成田市
身長153 cm (5 ft 0 in)[1]
体重50 kg (110 lb)
スポーツ
競技女子 ボクシング
階級 ライトフライ級
所属 自衛隊体育学校
特徴 左ボクサーファイター[1]
獲得メダル
オリンピック
2020 東京 フライ級
世界女子選手権
2018 ニューデリー フライ級
アジア選手権
2022 アンマン ライトフライ級

並木 月海(なみき つきみ、1998年9月17日[2] - )は、日本女子アマチュアボクシング選手。2020年東京五輪(2021年開催)フライ級銅メダリスト。2018年世界女子選手権大会フライ級銅メダリスト[3]千葉県成田市出身。花咲徳栄高等学校卒業。自衛隊体育学校に所属していた元陸上自衛官2等陸曹[4])。

来歴

[編集]

高等学校卒業まで

[編集]

4人きょうだいの末っ子で、姉と兄2人の影響で幼稚園の年中から空手を始めた[5]。空手時代からの戦友・那須川天心に誘われ小学4年生からキックボクシングも始めた[6]。中学校に入ると「普通の女の子として過ごしたい」と格闘技をやめて1年間陸上部に籍を置くが物足りなくなり、中学2年生から最初はフィットネス感覚でボクシングを始めた[3][7]2013年に開催が決まった東京オリンピックへの出場を目指すために、ボクシングの強豪校である私立花咲徳栄高等学校へ進学[8]。入学した2014年全日本選手権ジュニアの部ライトフライ級で優勝[9]。翌2015年3月の全国高校選抜フライ級も優勝[10]。さらに11月にブルガリアで開かれたバルカン国際トーナメントでも優勝した[11]2016年も全国高校選抜で優勝[12]し、連覇を果たした。高校時代は5回の全国優勝を含めて27戦全勝の成績を残した[13]

2017年

[編集]

4月から自衛官となり自衛隊体育学校に所属[14]。10月の国体では2014年世界選手権ライトフライ級銅メダリストの和田まどかに決勝戦で敗れた[15]。12月の全日本選手権では自体校の先輩晝田瑞希に敗れた[16]

2018年

[編集]

6月にカザフスタンで開かれた大統領杯で金メダルを獲得した[17]。11月にインドで開催された世界選手権のフライ級 (51kg)では準決勝でカザフスタンの選手に敗れるも、日本女子としては和田まどかに次いで2人目となる銅メダルを獲得した[18]。12月の全日本選手権では準決勝で、バンタム級3連覇の河野沙捺に2-3の判定で敗れた[19]

2019年

[編集]

2月、日本ボクシング連盟から2018年度アマチュア部門最優秀選手賞の表彰を受けた[20]。5月、ロシアのハバロフスクで行われたコンスタンチン・コロトコフ記念国際トーナメントの女子51kg級で金メダルを獲得した[21]。7月、世界選手権日本代表を懸けた選考スパーリングを勝ち抜き、フライ級代表に選ばれた[22]。10月にロシアで開催された世界選手権のフライ級 (51 kg)では、前回優勝した北朝鮮パン・チョルミ英語版に準々決勝で敗れた[23]。12月8日、東京オリンピックの予選出場者を決定する日本代表決定戦(ボックスオフ)で同年の全日本選手権フライ級優勝者である河野沙捺に勝利し、五輪予選への出場権を獲得した[5]

2020年

[編集]

2月、日本ボクシング連盟から2年連続の受賞となる2019年度アマチュア部門最優秀選手賞の表彰を受けた[24]。3月9日、ヨルダンで行われた東京五輪ボクシング競技アジア・オセアニア予選で準決勝に進出し、女子フライ級日本代表に内定した[25]が、11日に行われた決勝では中国常園英語版に敗れた[26]。9月、AIBA(国際ボクシング協会)が各国の最優秀賞者を表彰する企画において、日本ボクシング連盟から女子エリート選手の部の最優秀賞に選出された[27]

2021年・東京五輪

[編集]

5月、コンスタンチン・コロトコフ記念国際トーナメントの女子51kg級で2度目の優勝を果たした[28]。8月の東京オリンピック女子フライ級 (51kg)では準々決勝でコロンビアイングリット・バレンシア英語版に勝利し、同大会のフェザー級に出場した入江聖奈に続いて日本人で2人目となる、オリンピック女子ボクシング競技のメダルを確定させた[29]。準決勝ではブルガリアストイカ・クラステバに敗れたが3位決定戦は行われないため、銅メダルとなった[30]。10月、成田市から市民栄誉賞を受賞した[31]。11月の全日本選手権フライ級で初優勝した[32]

2022年

[編集]

2024年パリオリンピックの女子ボクシング実施予定階級[33]に合わせて、階級をライトフライ級 (50kg)に変更した[34]。7月、カザフスタンの首都ヌルスルタンで開催された第1回エロルダ杯国際トーナメントのライトフライ級で金メダルを獲得した[35]。11月、ヨルダンの首都アンマンで開催されたアジア選手権のライトフライ級では、決勝でベトナム人選手に敗れて銀メダルを獲得した[36]。同月27日、全日本選手権ライトフライ級で優勝した[37]

2023年

[編集]

2月26日、2024年パリオリンピック大陸予選を兼ねる杭州アジア大会のライトフライ級(50kg)代表決定戦(ボックスオフ)で和田まどかと対戦予定だったが、和田が怪我により欠場し不戦勝となったため、アジア大会への出場権を獲得した[38][39]。3月、世界選手権にライトフライ級(50kg)で出場したが、初戦となった2回戦でフランスの選手に敗れた[40]。9月のアジア大会では、50kg級で出場したがタイの選手に敗れてオリンピック出場権は獲得できなかった[41]

11月21日、自身のSNSで「今の私には先のことを考える時間が大切」と述べ、同月に開催される全日本選手権の欠場を表明した[42]。今後、パリ五輪の出場権を獲得する機会は、今回の全日本選手権で代表選考が行われる世界予選しかないため、2大会連続の五輪出場を断念する決断となった[43]

2024年

[編集]

3月、自衛隊を退職したことを自身のSNSで発表した[44]

人物

[編集]
  • 同い年の那須川天心とは、所属していた道場は違ったが空手で幼稚園時代から何度か対戦経験がある幼馴染で、対戦したことをきっかけに親同士が仲良くなり、それ以来、家族ぐるみで付き合いがある[45][5][17]。高校時代には那須川の所属するジムにボクシングの出稽古でよく通い、定期的に那須川とスパーリングを行いお互いに切磋琢磨した[6]
  • 中学生時代にキックボクシングジム・旭ジム所属で出場したキックボクシング興行J-GIRLSの試合では3戦3勝(3KO)の成績を収めている[46]
  • 千葉県成田市の家から埼玉県加須市の花咲徳栄高校まで往復5時間かけて通学していた[8]

獲得タイトル

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ a b 善理俊哉 (2021年7月23日). “【TOKYO2020 ボクシング】日本代表名鑑Vol.3 並木月海「柔道やレスリングのように“女子ボクシング”に興味を持ってもらいたい」”. ボクシング・マガジン編集部. 2021年8月3日閲覧。
  2. ^ “【目指せ!東京五輪】強打のパンチャー ボクシング 並木月海 (埼玉・花咲徳栄2年)”. 高校生新聞ONLINE. (2015年5月10日). http://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/551 
  3. ^ a b 時事ドットコムニュース TOKYO2020 選手プロフィル 並木月海”. 時事通信社. 2019年9月19日閲覧。
  4. ^ 自衛隊体育学校Twitter2023年3月17日”. 自衛隊体育学校 (2023年3月17日). 2023年5月8日閲覧。
  5. ^ a b c 並木月海 那須川天心と幼なじみ 東京五輪へ「自力で出場したい。しっかり枠を取りたい」”. スポニチAnnex (2019年12月8日). 2019年12月8日閲覧。
  6. ^ a b 東京五輪女子フライ級代表・並木月海 幼なじみの天心へ宣戦布告「今のうちに顔に5、6発くらい入れてやろうかな」”. 東京スポーツ (2021年6月10日). 2021年7月3日閲覧。
  7. ^ 並木月海が判定勝ち、五輪代表へ「ここからが勝負」”. 日刊スポーツ (2019年12月8日). 2020年3月12日閲覧。
  8. ^ a b ボクシングにかける青春・並木月海選手”. NHK (2015年12月3日). 2019年9月18日閲覧。
  9. ^ 第13回全日本女子ボクシング選手権大会 試合結果”. 花咲徳栄高校ボクシング部 (2014年12月4日). 2019年9月19日閲覧。
  10. ^ 第26回全国高等学校ボクシング選抜大会兼JOCジュニアオリンピックカップ 試合結果”. 花咲徳栄高校ボクシング部 (2015年3月26日). 2019年9月18日閲覧。
  11. ^ 2015 バルカン国際トーナメントについて②(報告)”. 日本ボクシング連盟. 2019年9月19日閲覧。
  12. ^ 第27回全国高等学校選抜大会兼JOCジュニアオリンピックカップ 試合結果”. 花咲徳栄高校ボクシング部 (2016年3月26日). 2019年9月18日閲覧。
  13. ^ 善理俊哉 (2019年10月9日). ““世界”に強い女子ボクシング界の最終兵器 並木月海が懸ける東京五輪への思い”. NTTドコモ. 2019年11月1日閲覧。
  14. ^ 自衛官アスリート誕生! 第56期特別体育課程入校式”. 自衛隊体育学校 (2017年4月14日). 2019年9月19日閲覧。
  15. ^ “王寺工高の今永虎雅と荒本一成、史上初の高校8冠”. Boxing News(ボクシング・ニュース). (2017年10月9日). http://boxingnews.jp/news/52117/ 2018年12月24日閲覧。 
  16. ^ “和田まどか5連覇達成 全日本女子選手権”. Boxing News(ボクシング・ニュース). (2017年12月18日). http://boxingnews.jp/news/54441/ 2018年12月24日閲覧。 
  17. ^ a b “【ボクシング】那須川天心の幼なじみ、並木月海がカザフスタンで快進撃”. eFight. (2018年6月14日). https://efight.jp/result-20180614_293610 2019年7月20日閲覧。 
  18. ^ “並木月海、準決で敗れ銅メダル ボクシング女子世界選手権”. THE SANKEI NEWS. (2018年11月23日). https://www.sankei.com/sports/news/181123/spo1811230025-n1.html 2018年12月24日閲覧。 
  19. ^ “仲田姉妹が決勝で対決へ 全日本女子&社会人選手権”. Boxing News(ボクシング・ニュース). (2018年12月23日). https://boxingnews.jp/news/63550/ 2019年7月20日閲覧。 
  20. ^ 2018年度最優秀選手賞表彰について”. 日本ボクシング連盟 (2019年2月8日). 2019年9月21日閲覧。
  21. ^ “[ロシア国際大会]2019.5.14 堤駿斗と並木月海が金メダル!”. ボクモバニュース. (2019-05-014). https://boxmob.jp/sp/news/index.html?nid=23610&n=1 2019年10月4日閲覧。 
  22. ^ “昨年銅の並木月海ら5人 女子世界選手権代表決定”. Boxing News(ボクシング・ニュース). (2019年7月7日). https://boxingnews.jp/news/68254/ 2019年7月20日閲覧。 
  23. ^ Grid”. Autonomous Nonprofit Organization "Directorate of the World Boxing Championship 2019". 2019年10月29日閲覧。
  24. ^ 【年間賞】岡澤セオン・並木月海が最優秀賞獲得「金メダルは使命」”. 日本ボクシング連盟 (2020年2月7日). 2020年2月9日閲覧。
  25. ^ ボクシング 女子フライ級 並木月海 五輪代表に内定”. NHK (2020年3月10日). 2020年3月10日閲覧。
  26. ^ 女子フライ級決勝 並木月海、僅差の判定負けで準優勝”. スポニチ (2020年3月12日). 2020年3月12日閲覧。
  27. ^ 【AIBA】「国際ボクシングデー」日本の各最優秀賞を発表”. 日本ボクシング連盟 (2020年9月8日). 2021年7月25日閲覧。
  28. ^ 決勝 試合結果05/15】2021年 コンスタンチン・コロトコフ記念国際トーナメント”. 日本ボクシング連盟 (2021年5月15日). 2021年5月19日閲覧。
  29. ^ ボクシング並木月海がメダル確定 入江聖奈に続き2人目のメダリストが誕生 - ボクシング - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2021年8月1日閲覧。
  30. ^ 並木月海が銅、ボクシング女子日本はメダル2個目 フライ級”. 毎日新聞. 2021年8月4日閲覧。
  31. ^ 自衛隊体育学校Twitter2021年10月25日”. 自衛隊体育学校 (2021年10月25日). 2021年10月26日閲覧。
  32. ^ “ボクシング五輪銅の並木月海が全日本初制覇、軽快フットワークで寄せ付けず”. 報知新聞. (2021年11月28日). https://hochi.news/articles/20211128-OHT1T51079.html?page=1 2021年11月28日閲覧。 
  33. ^ Chiaki Nishimura (2022年11月28日). “パリ2024で実施される、ボクシングの階級”. 国際オリンピック委員会. 2022年11月28日閲覧。
  34. ^ 東京五輪銅メダルの並木月海が全日本選手権初戦にRSC勝ち アジア選手権帰国から中10日で出場”. スポニチアネックス (2022年11月25日). 2022年11月28日閲覧。
  35. ^ 【エロルダ杯】並木月海が金メダル獲得!岡澤セオンも銀”. 日本ボクシング連盟 (2022年7月5日). 2022年7月5日閲覧。
  36. ^ 最後の国際大会準優勝の入江聖奈が帰国「次は笑顔で終わりたい」 日本女子初優勝の木下鈴花はパリ五輪視野”. スポニチ (2022年11月14日). 2022年11月14日閲覧。
  37. ^ 東京五輪銅メダルの並木月海が2年連続優勝「今できる100%はできた」【全日本ボクシング選手権】”. 中日スポーツ (2022年11月27日). 2022年11月27日閲覧。
  38. ^ 【アジア大会】日本代表ボックスオフ決勝戦【パリ五輪大陸予選】”. 日本ボクシング連盟 (2023年2月25日). 2023年3月31日閲覧。
  39. ^ 坪井、岡澤、並木らがアジア大会代表に内定 荒本は東京五輪代表・森脇破る”. スポニチ (2023年2月26日). 2023年3月31日閲覧。
  40. ^ 並木月海、2回戦敗退 女子世界選手権/ボクシング”. サンスポ (2023年3月20日). 2023年4月1日閲覧。
  41. ^ “並木、五輪切符ならず 完敗に「実力不足」―アジア大会・ボクシング”. 時事通信. (2023年9月27日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2023092701220&g=spo 2023年9月30日閲覧。 
  42. ^ ボクシング東京五輪銅・並木月海、パリ五輪挑戦を断念「今の私には先のことを考える時間が大切」 全日本選手権を欠場”. Yahoo!ニュース. スポーツ報知 (2023年11月21日). 2023年11月21日閲覧。
  43. ^ ボクシング全日本選手権 並木月海が出場辞退 パリ五輪なくなる”. NHK NEWS WEB. NHK (2023年11月21日). 2023年11月21日閲覧。
  44. ^ 【ボクシング】東京五輪銅の並木月海、自衛隊を退職 「今後の事はまだ報告出来る段階にはない」”. サンケイスポーツ (2024年3月30日). 2024年3月30日閲覧。
  45. ^ 五輪メダリスト並木月海が明かす那須川天心との秘話。「幼馴染みすぎて、有名人とは思えない」”. Sportiva (2022年6月12日). 2022年8月6日閲覧。
  46. ^ 並木月海選手が旭ジムに来てくれました KUNISNIPE旭 OFFICIAL SITE 2020年3月21日

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]