平原慎太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
平原 慎太郎
Shintaro Hirahara
Hirahara credit yixtape.jpg
生誕 北海道小樽市
職業 振付家、ダンサー
著名な実績 トヨタコレオグラフィーアワード「次代を担う振付家賞」「オーディエンス賞」[1]
日本ダンスフォーラム「ダンスフォーラム賞」[2]
小樽市文化奨励賞[3]
代表作 『聖獣-live with a sun-』
『Reason to Believe』

平原 慎太郎(ひらはら しんたろう、1981年 - )は日本のダンサー振付家北海道小樽市出身。ダンスカンパニーOrganWorks主宰。

クラシックバレエHipHopのキャリアを経てコンテンポラリーダンスの専門家としてダンサー、振付家、ステージコンポーザー、ダンス講師として活動。 また、ダンスカンパニーOrganWorksを主宰し創作活動を行う。

2004年から07年まで金森穣率いるNoismに所属。その後、国内外でダンサー、振付、WS講師として活動。 近藤 良平主宰コンドルズ大植真太郎主宰の「C/Ompany」や大植真太郎森山未來との「談ス」等、国内外のダンス作品に参加。 能楽師 津村禮次郎との共作、劇団イキウメ小林賢太郎小林顕作白井晃などに振付提供、美術家 塩田千春播磨みどり作品とのコラボレーション等、他分野のアーティストとの交流も盛んに行う。

雑誌「BRUTUS」の特集『つぎのひと。~ 明日を変える人物カタログ~』でパフォーミングアーツ部門で選出される。

受賞歴[編集]

  • 2013年 韓国国際ダンスフェスティバル(KDMC)にて最優秀振付家賞
  • 2015年 小樽市文化奨励賞受賞[3]
  • 2016年 トヨタコレオグラフィーアワードにて次代を担う振付家賞、オーディエンス賞をW受賞[1]
  • 2017年 日本ダンスフォーラム、ダンスフォーラム賞受賞[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b トヨタコレオグラフィーアワード 2020年2月1日閲覧。
  2. ^ a b 日本ダンスフォーラム ダンスフォーラム賞(JaDaFo Dance Award) 2020年2月1日閲覧。
  3. ^ a b 小樽ジャーナル 市の芸術文化に貢献! 民謡と舞踏の2名表彰

外部リンク[編集]