池坊専好 (4代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
四代目 池坊 専好
生誕 池坊 由紀
(1965-09-20) 1965年9月20日(53歳)
京都府京都市
出身校 学習院大学国文科
著名な実績 華道
運動・動向 池坊

四代目 池坊 専好(よんだいめ いけのぼう せんこう、1965年9月20日[1]- )は、華道池坊家次期家元。天台宗僧侶頂法寺(六角堂)副住職[2]

略歴[編集]

45世池坊家元・池坊専永池坊保子の長女として京都市に生まれる[3]。中学生の頃から正式に稽古を始める[2]。1988年学習院大学国文科卒業[3]。1989年11月に得度し、法名・専好を授与され、次期(46世)家元継承者となる[4]。1991年結婚[2]

2015年11月11日、正式に「池坊 専好」(いけのぼう せんこう)を襲名し、活動を開始。2015年は専永が家元を継承して70年となるため、就任が決まった[4]。 池坊の歴史上、初の女性の家元である[5][2]

2004年京都市芸術新人賞受賞。2007年財団法人日本いけばな芸術協会副会長。2012年立命館大学大学院文学研究科修了。 2015年京都工芸繊維大学大学院博士後期課程修了[2]

家族[編集]

妹は池坊美佳。夫は池坊雅史(まさふみ、1961年 - 、東京大学卒、元大蔵官僚、元池坊短期大学学長)。

著書[編集]

  • 幸福の瞬間 池坊に生まれて(1990年、朝日出版社)
  • 秘すれば花 (1995年、通商産業調査会出版部)
  • 花の季 池坊由紀の世界(1997年、主婦の友社)

出演[編集]

テレビ番組
映画

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』 読売新聞東京本社、2016年、586頁。
  2. ^ a b c d e “フロントランナー 「有限で非力だからこそ今を充実させたい」”. 朝日新聞 be on Saturday: p. 3. (2017年8月26日) 
  3. ^ a b 子育てが自分を変えた”. 花創る. 京都新聞 (2001年4月23日). 2015年11月19日閲覧。
  4. ^ a b “池坊由紀さんが「専好」襲名へ 華道次期家元”. 朝日新聞デジタル. (2015年10月16日). http://www.asahi.com/articles/ASHBH4S6BHBHPLZB01D.html 2015年11月19日閲覧。 
  5. ^ “フロントランナー 花も人も、命は一瞬一瞬 「華道家家元家池坊」時期家元 池坊 専好さん(51歳)”. 朝日新聞 be on Saturday: p. 1. (2017年8月26日) 

外部リンク[編集]