田根剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田根 剛(たね つよし、1979年昭和54年)9月14日 - )は、日本の建築家フランスパリを拠点に活動。ATELIER TSUYOSHI TANE ARCHITECTS主宰。東京都杉並区出身。

人物[編集]

旧ソ連ラーディ飛行場滑走路を屋根への線に利用した[1]エストニア国立博物館(設計:田根剛)

1979年、東京都杉並区生まれ。幼き頃にプロサッカー選手になる夢を抱き、高校在学中にジェフユナイテッド市原のユースチームで頭角を現したが、怪我によりプロサッカー選手の夢を断念[2]。チームメイトには、山口智酒井友之阿部勇樹佐藤寿人などがいた。北海道の大自然に憧れ北海道東海大学芸術工学部建築学科に進学。在学中にスウェーデンのHDKとシャルマス工科大学へ留学。大学卒業後はデンマークへ渡り、デンマーク王立アカデミーにて客員研究員となる。その後、ヘニング・ラーセン(デンマーク)、デビッド・アジャイエ(イギリス)の設計事務所に勤務。

2006年、26歳で受賞した国際コンペ「エストニア国立博物館英語版」で最優秀賞授賞し[3]、パリを拠点にDGT.(DORELL.GHOTMEH.TANE / ARCHITECTS)をダン・ドレル(イタリア)、リナ・ゴットメ(レバノン)のパートナーと共に設立。

2008年、フランス文化庁より新進建築家賞を受賞。イギリス・ICON MAGAZINE誌より「世界の最も影響力ある若手建築家20人」に選出される。

2012年、2020年東京オリンピック招致に向けた新国立競技場基本構想国際デザイン競技では世界の著名建築家が名を連ねる中「古墳スタジアム」がファイナリストとして選出され「宇宙船か古墳か」と評され大きな話題となった[4][5]

2014年、日本の時計メーカーシチズンのインスタレーション「LIGHT is TIME」をミラノサローネにて発表し、ミラノデザインアワードをダブル授賞。同年、青山にあるスパイラルにて凱旋展が開催され、7万2千人の来場者を記録。フランス国立グランパレ美術館では「北斎展」にて会場構成を担当。

2015年、21_21 DESIGN SIGHTでは「建築家 フランク・ゲーリー "I Have an Idea"」展の展覧会ディレクターを務める。

2016年10月1日、約10年の歳月を掛けた「エストニア国立博物館」がオープンする。オープニングセレモニーでは6時間に渡り国営放送でライブ中継が行われ、エストニアの歴史に刻まれる瞬間となった。また3月27日には毎日放送情熱大陸に出演、「建築は記憶」というタイトルが新しい時代の可能性を示し大きな反響を呼んだ。[6]また「エストニア国立博物館」は、2年に一度フランス文化庁が主催するフランス国外建築賞(AFEX 2016)で大賞のグランプリを受賞、ミース・ファン・デル・ローエ賞にもノミネートされるなど国際的な脚光を浴びる。

2017年、「エストニア国立博物館」完成を機に10年間活動を続けたDGT.(DORELL.GHOTMEH.TANE / ARCHITECTS)を解散。新たにパリを拠点としてATELIER TSUYOSHI TANE ARCHITECTSを設立。同年「エストニア国立博物館」の実績を評して第67回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。小池百合子都知事より東京都未来ヴィジョン懇談会のメンバーとして選出される。

建築以外の分野でも、これまで指揮者・小澤征爾の舞台装置や、演出振付家・金森穣Noism)、デザイナー・皆川明ミナ・ペルホネン)、デザイナー・三原康裕などと携わってきた。2016年には、写真家・杉本博司との対談がNHK「SWITCHインタビュー 達人達」で放映。[7]

略歴[編集]

作品[編集]

  • 「SHIKAKU」2004年(新潟・日本)
  • 「エストニア国立博物館」2006年−2016年(タルトゥ・エストニア)
  • 「mina perhonen fashion show」2006年(パリ・フランス)
  • 「PLAY 2 PLAY-干渉する次元」2007年(新潟・日本)
  • 「A STONE GARDEN」2010年(ベイルート・レバノン)
  • 「LUCE TEMPO LUOGO」2011年(ミラノ・イタリア)
  • サイトウキネン・フェスティバル・松本「バレエ・中国の不思議な役人」2011年(松本・日本)
  • サイトウキネン・フェスティバル・松本「オペラ・青髭公の城」2011年(松本・日本)
  • アルチュール・ランボー美術館」2012年(シャルビール・メツィエ・フランス)
  • 「The Bump - Renault motershow」2012年-2018年(パリ・フランス)
  • 新国立競技場基本構想国際デザイン競技「古墳スタジアム」2012年(東京・日本)計画案
  • 「新井淳一の布・伝統と創生」2013年(東京・日本)
  • 「LIGHT is TIME」2014年(ミラノ・イタリア)
  • 「HERMES - CAMBRIAN FEAST」2014年(東京・日本)
  • フランス国立美術館グランパレ「北斎展」2014年(パリ・フランス)
  • 「千總本社ビル改装」2015年(京都・日本)
  • 「A HOUSE for OISO」2015年(大磯・日本)
  • 「LIGHT in WATER」2015年(パリ・フランス)
  • 「ミナカケル」2015年(東京・日本)
  • 「とらやパリ」2015年(パリ・フランス)
  • 21_21 DESIGN SIGHT「建築家 フランク・ゲーリー "I Have an Idea"」2015年(東京・日本)
  • 東京都美術館「ポンピドゥセンター傑作展」2016年(東京・日本)
  • 「THE JAPAN STORE - 伊勢丹三越」2016年(パリ・フランス)
  • 京都町家ホテル「四季十楽」2016年(京都・日本)

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 「やわらかい建築の発想 ─未来の建築家になるための39の答え」フィルムアート社 、2013年、ISBN 4845912023
  • 「海外で建築を仕事にする: 世界はチャンスで満たされている」学芸出版社、2013年、ISBN 476152555
  • 「じぶんの学びの見つけ方」フィルムアート社 、2014年、ISBN 4845914344

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 辻仁成 (2017年12月1日). “建築家 田根 剛「記憶をつなぐエストニア国立博物館」”. DESIGN STORIES. 2018年12月9日閲覧。
  2. ^ 「元『Jリーガーの卵』が設計したエストニアの博物館」『AERA』24巻10号、朝日新聞出版、2011年、42ページ。
  3. ^ ここからの建築|vol.5 田根剛「この場所にその時代の文化をつくる」http://www.dezain.net/2012/22001
  4. ^ ひと:田根剛さん 元サッカー少年、建築界でも次目指す『毎日新聞』2013年1月24日、4ページ
  5. ^ ここからの建築|vol.5 田根剛 追加インタビュー「新国立競技場コンペ案について」 http://www.dezain.net/2012/22336
  6. ^ 毎日放送・情熱大陸。“場所の記憶”を掘り起こす建築家。世界を舞台に巨大プロジェクトを手がける36歳に密着!2016年03月27日放送。http://www.mbs.jp/jounetsu/2016/03_27.shtml
  7. ^ 杉本博司&田根剛がNHKで対談、「時間」や「記憶」を語る。http://www4.nhk.or.jp/switch-int/

外部リンク[編集]