渡邊守成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
わたなべ もりなり
渡邊 守成
生誕 (1959-02-21) 1959年2月21日(59歳)
福岡県
国籍 日本の旗 日本
出身校 東海大学体育学部
活動期間 1984年 -
肩書き 国際体操連盟会長
任期 2017年 -

渡邊 守成(わたなべ もりなり、1959年2月21日 - )は、日本の元体操競技選手、新体操指導者。第9代国際体操連盟会長。

経歴・人物[編集]

福岡県(現在の北九州市)出身。福岡県立戸畑高等学校在学時に体操競技を始める[1]

高校卒業後に東海大学体育学部へ進学し、在学中の1981年に交換留学制度を利用してブルガリアへ渡航、ブルガリア国立体育大学ブルガリア語版に2年間留学する[2]。ブルガリア時代には同国の体操競技代表チームのコーチも務めた[2]

留学先のブルガリアは新体操の強豪国であったこともあり、当時のブルガリア新体操代表チーム監督・ネシュカ・ロヴェヴァブルガリア語版に教えを請う等[3]、世界トップレベルの新体操と間近に接した経験からこの魅力を日本へ持ち込もうと考え、就職活動を展開した結果、ジャスコへ1984年に入社した[2][4]。ジャスコ入社後はジャスコ新体操教室(現在のイオンスポーツクラブ)の事業展開に携わると同時に、ジャスコ新体操クラブ(後のイオン新体操クラブ)代表として指導者の立場から選手育成にも力を注いだ。

2000年代のジャスコの事業・組織再編などを経てイオンリテールへ転属となり、同社スポーツ&レジャー事業部へ配属、2014年3月10日の人事異動でスポーツ&レジャー事業部部長となった[5]

また日本体操協会のフロントには早い段階で入り、2000年には常務理事に選出され[6]、2009年に専務理事に選出された[7]

国際体操連盟に於いては2012年にメキシコカンクンでの連盟総会での役員改選で理事に立候補して68票を獲得して1位当選を果たし[8]、2013年から理事を務めており、2016年10月に東京都港区ヒルトン東京お台場で開催された第81次国際体操連盟総会での役員改選では会長に立候補し、ジョルジュ・グルゼク(フランス)との選挙では100票を獲得して第9代会長に当選した[9][1][2]

2017年1月1日に正式に会長に就任[10]。任期は4年間となる[1][2]

2018年7月、北朝鮮体操協会の招待で12~14日の日程で訪朝した[11]

2018年7月20日、国際オリンピック委員会(IOC)会長のトーマス・バッハスイスローザンヌで開かれた3日間の理事会終了後に記者会見し、渡邊を委員として推薦することを表明。同年10月のIOC総会で正式決定を諮る[12]。同年10月9日、渡邊の委員就任が決定[13]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “国際体操連盟新会長に渡辺守成氏が就任 ビデオ採点システムの実用化推進”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2016年10月20日). http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20161020-OHT1T50020.html 2016年11月7日閲覧。 
  2. ^ a b c d e “国際体操連盟会長に本学卒業生の渡邊守成氏が選出!!” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 東海大学, (2016年10月20日), http://www.u-tokai.ac.jp/campus_life/tokai_sports/news/detail/post_52.html 2016年11月7日閲覧。 
  3. ^ “ネシュカ・ロベヴァ・レフスキ新体操クラブ代表に対する叙勲伝達式” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 外務省在ブルガリア日本国大使館, (2016年2月29日), http://www.bg.emb-japan.go.jp/jp/news/news_2016/a-2016_02_29_neshkarobeva_award_ceremony.html 2016年10月26日閲覧。 
  4. ^ “ビジネスの指針、歴史小説から=上り詰めた「軍師」-渡辺体操連盟新会長”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2016年10月19日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016101900909&g=spo 2016年11月7日閲覧。 
  5. ^ “機構改革と人事異動について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), イオンリテール, (2014年3月10日), http://www.aeonretail.jp/pdf/140310R_1_1.pdf 2016年11月7日閲覧。 
  6. ^ 財団法人 日本体操協会役員一覧 (平成12年10月1日現在) 日本体操協会(Internet Archive保存)
  7. ^ “渡辺氏の専務理事就任は09年 日本体操協会が訂正”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2016年10月19日). http://www.sanspo.com/sports/news/20161019/gym16101923110007-n1.html 2016年11月7日閲覧。 
  8. ^ “国際体操連盟役員選挙、日本立候補者全員が当選” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 日本体操協会, (2012年10月29日), http://www.plus-blog.sportsnavi.com/jpngym/article/1639 2016年11月7日閲覧。 
  9. ^ “81st Congress Election results(Election of the President)” (英語) (HTML) (プレスリリース), 国際体操連盟, (2012年10月19日), http://fig-gymnastics.com/publicdir/live_results/congress/election.php?display=president 2016年11月7日閲覧。 
  10. ^ “"Challenge!" - New Year's Greetings from Morinari Watanabe” (英語) (HTML) (プレスリリース), 国際体操連盟, (2017年1月3日), http://www.fig-gymnastics.com/site/figNews/view?id=1715 2017年1月8日閲覧。 
  11. ^ 北朝鮮体育相と国際体操連盟の渡辺守成会長が会談 体操練習も視察 . 産経デジタル2018年7月13日閲覧
  12. ^ 渡辺会長をIOC委員に推薦 10月の総会で正式決定 . 東京新聞2018年7月20日閲覧
  13. ^ 渡辺のIOC委員就任を承認 日本人14人目、総会で承認 . 産経新聞2018年10月9日閲覧

関連項目[編集]