小林いずみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小林 いずみ
こばやし いずみ
生年月日 (1959-01-18) 1959年1月18日(59歳)
出生地 日本の旗 東京都
出身校 成蹊大学文学部卒業
前職 メリルリンチ日本証券社長
所属政党 無所属
称号 文学士(成蹊大学)

在任期間 2008年11月24日 - 2013年7月14日
テンプレートを表示

小林 いずみ(こばやし いずみ、1959年1月18日 - )は、日本実業家公益社団法人経済同友会副代表幹事、ANAホールディングス株式会社取締役(社外)、三井物産株式会社取締役(社外)、サントリーホールディングス株式会社取締役(社外)。

メリルリンチ日本証券株式会社代表取締役社長多数国間投資保証機関長官(第5代)、株式会社大阪証券取引所取締役などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

東京都出身[1]恵泉女学園高等学校卒業[2]成蹊大学文学部文化学科卒業[1][3]。大学時代は、外洋帆船部に所属していた。

実業界にて[編集]

成蹊大学卒業後は、三菱化成工業(現三菱化学株式会社)に勤務した。1985年メリルリンチ・フューチャーズ・ジャパンに入社した[3]。1998年5月からメリルリンチ証券会社業務部長、2000年同社業務統括本部長。

メリルリンチ日本証券にて、法人顧客グループ業務統括本部の本部長(CAO) として、ニューヨーク本社及び守屋寿会長と共に、社長候補を探していたが、適任者が見つからず、2001年、自らがメリルリンチ日本証券の代表取締役社長に就任した[1][3]。社長在任中にリストラクチャリングに取り組み、従業員2700名のうち1500名を退職させた[4]

経済同友会では2007年から2009年まで副代表幹事として教育問題委員会委員長を務めた。また2002年から2008年まで株式会社大阪証券取引所取締役兼務。2008年11月24日多数国間投資保証機関長官に就任した[1]。それに伴い、メリルリンチ日本証券の社長を退任し、後任には中山恒博が就いた。2013年7月からANAホールディングス株式会社取締役。同年11月1日からサントリーホールディングス取締役。[5]2014年三井物産取締役。2015年経済同友会副代表幹事[6]。同年キユーピー経営アドバイザリーボード社外委員[7]。2016年日本放送協会経営委員。

賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

非営利団体
先代:
大村由紀子
国際連合の旗 多数国間投資保証機関長官
第5代:2008年 - 2013年
次代:
本田桂子