米村敏朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

米村 敏朗(よねむら としろう、1951年4月26日 - )は、日本の警察官僚。第87代警視総監、第17・18代内閣危機管理監を経て、内閣官房参与第2次安倍内閣)。

2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事[1]

来歴[編集]

兵庫県西宮市出身。京都大学法学部卒業。1974年警察庁入庁。

主に警備公安畑を歩み、外務省出向(在ユーゴスラビア連邦大使館1等書記官)も経験。

警視庁では、警備部第2機動隊長、神田警察署長、警備部警備第1課長、警務部人事第1課長、公安部長、副総監を歴任。

2003年に警察庁長官官房審議官(警備局担当)に就任し拉致問題を担当。2004年小泉純一郎の2度目の訪朝に同行した。2006年に警察庁警備局長に就任し、前述の拉致問題の捜査統括指揮を担当した。

2008年に前任の矢代隆義に代わって第87代警視総監に就任し、2010年1月18日付で退職した。その後、2011年12月27日に前任の伊藤哲朗に代わって第17代内閣危機管理監に就任した[2]。2014年2月28日、内閣危機管理監を退任し、第2次安倍内閣内閣官房参与に就任した[3]

主な経歴[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 評議員会を開催 組織委員会新理事を選任”. 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 (2014年3月17日). 2015年1月19日閲覧。
  2. ^ 内閣危機管理監に米村氏=情報官は北村氏 ウォール・ストリート・ジャーナル 日本語版 2011年12月27日閲覧
  3. ^ “内閣危機管理監に西村氏 前警視総監”. 日本経済新聞. (2014年2月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS28010_Y4A220C1EB1000/ 2014年2月28日閲覧。 
  4. ^ [1]
  5. ^ [2]
  6. ^ “役員の異動に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社セブン&アイ・ホールディングス, (平成26年4月3日), http://www.7andi.com/dbps_data/_material_/localhost/pdf/20140403yakuinidou.pdf 2015年1月19日閲覧。 
  7. ^ “常和ホールディングス株式会社の役員異動のお知らせ ” (PDF) (プレスリリース), 常和ホールディングス株式会社, (2014年5月9日), http://www.jowa-hd.co.jp/news/pdf/2014/20140509.pdf 2015年1月19日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


先代:
伊藤哲朗
内閣危機管理監
第17・18代
次代:
西村泰彦