矢代隆義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

矢代 隆義(やしろ たかよし、1949年11月7日 - )は、第86代警視総監一般社団法人日本自動車連盟会長。新潟県柏崎市出身。

来歴[編集]

新潟県立柏崎高等学校を経て、東京大学法学部卒業。1973年警察庁入庁。山口県警本部長、交通局交通企画課長、大阪府警警務部長、埼玉県警本部長、長官官房審議官(交通局担当)、交通局長などを歴任。2007年8月6日に第86代警視総監に就任し、2008年8月6日まで1年間務めた。就任直後の8月21日に発生した、警視庁立川警察署巡査長による拳銃を用いた無理心中事件で国家公安委員会より9月20日に戒告懲戒処分を受ける。

財団法人日本道路交通情報センター理事長

一般社団法人日本自動車連盟副会長[1]を経て、2016年6月17日、会長に就任[2]

脚注[編集]

  1. ^ 役員名簿 (PDF)”. 一般社団法人日本自動車連盟 (2014年6月20日). 2015年1月28日閲覧。
  2. ^ JAF、元警視総監の矢代隆義氏が新会長昇格