園田安賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
園田安賢

園田 安賢(そのだ やすかた、1850年10月6日嘉永3年9月1日) - 1924年8月7日)は、幕末薩摩藩士明治から大正期の内務警察官僚政治家実業家貴族院議員宮中顧問官男爵

経歴[編集]

薩摩藩士・園田良右衛門の長男として生まれる。戊辰戦争には慶応4年5月1868年)から北陸征討軍に伍長として従軍し、戦傷を受けた。明治4年10月1871年)、東京府取締組組頭となり、さらに司法省大警部となり1874年2月に退官。徴集小隊半隊長として台湾出兵に従軍した。

1875年6月、警視庁14等出仕として再度、警察官となる。1877年4月、陸軍歩兵中尉警部として、西南戦争抜刀隊巡査部隊の長として従軍し、戦傷を受けた。

1882年4月、石川県警部長に就任し、その後、石川県大書記官。警視庁二等警視兼内務少書記官に異動。1884年4月から1886年4月まで各国警察の状況視察のため欧米に出張し、帰国後その報告を『泰西見聞誌』として出版した。以後、警視庁第三局長、滋賀県書記官、警視副総監兼第三局長などを歴任し、1891年4月に警視総監に就任。1896年6月、男爵を叙爵し、同年9月に退官した。

1897年 7月、貴族院男爵議員に選出され1911年 7月まで在任。1898年 1月、警視総監に再任され、その後、北海道庁長官、宮中顧問官を歴任。

その後、帝国国債株式会社社長、共生銀行頭取を務めた。

栄典[編集]

著作[編集]

  • 『泰西見聞誌』博聞社、1887年。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第907号「叙任及辞令」1886年7月10日。
  2. ^ 『官報』第2341号「叙任及辞令」1891年4月23日。
  3. ^ 『官報』第3704号「叙任及辞令」1895年11月1日。
  4. ^ 『官報』第3832号「叙任及辞令」1896年4月11日。
  5. ^ 『官報』第4046号「叙任及辞令」1896年12月22日。
  6. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  7. ^ 『官報』第7578号・付録「辞令」1908年9月28日。
  8. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 千田稔『華族総覧』講談社〈講談社現代新書〉、2009年。