柏エンゼルクロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
柏エンゼルクロス
原語表記 柏エンゼルクロス
ホームタウン 千葉県柏市
クラブカラー 黒、赤
創設年 2001年
所属リーグ V・チャレンジリーグII
チーム所在地 千葉県柏市
体育館所在地
代表者 本田幸弘
監督 岩下忠正
ホームページ 公式サイト
 表示 

柏エンゼルクロス(かしわエンゼルクロス)は、千葉県柏市を本拠地とする、医療法人社団天宣会の女子バレーボールチームである。現在V・チャレンジリーグIIに所属。

概要[編集]

2001年に発足[1]。運営は医療法人社団天宣会であり[2]千葉県柏市の本部に事務局がある[3]。2002年V1リーグ(現・Vチャレンジリーグ)昇格。

チーム名は、「エンゼル」が病院施設で介護職に携わる選手達の姿を表し、「クロス」が天宣会のシンボルマークである十字架から来ている[3]

ホームゲームは主に柏市中央体育館で開催されるが、柏市周辺の体育館で開催される事もある。

昼間は病院・老健施設で介護職員として従事し、夕方より練習の両立を行っている。かつては、選手の在籍可能期間が3年までとなっていて、3年間プレーしたら退部して介護職務に専念するか、退職して他のチームに移籍するかを選択していた[4][5][注釈 1]

歴史[編集]

2001年に発足。同年より地域リーグに出場。

初出場となった第21回地域リーグの東部リーグで5チーム中4位に入る。2002年、地域リーグの1次リーグ[注釈 2]で8チーム中4位に入りファイナルリーグに進出する。そして、ファイナルリーグで1位となり地域リーグ優勝を果たす。V1リーグ(現・Vチャレンジリーグ)で1チームの欠員が出ていたため、入替戦を経ずにV1リーグ自動昇格となった。

2002/03シーズン、初参戦となった第5回V1リーグでは、2勝12敗の最下位(8位)となる。Vリーグ(現・Vプレミアリーグ)の2チーム増員に伴い、入替戦は行われなかった。2003/04シーズンの第6回V1リーグでは5勝7敗で5位に入り、入替戦を回避する。しかし、2004/05シーズンの第7回V1リーグでは2勝止まりの7位で入替戦出場。入替戦でトヨタ自動車(現・トヨタ自動車ヴァルキューレ)に連勝して残留を果たす。2005/06シーズンの第8回V1リーグも2勝止まりで7位となるが、入替戦で栗山米菓BBStars(後にBefcoビービースターズ)に連勝して残留。2006/07V・チャレンジリーグ(V1リーグより改称)でまたも2勝止まりの7位になるが、地域リーグ準優勝の三菱東京UFJ銀行が入替戦を辞退したためそのまま残留となった。2007/08V・チャレンジリーグでも、4年連続で2勝止まりの7位となるが、V1リーグを2チーム増員するため入替戦は行われなかった。

以降は、V・チャレンジリーグが増員されたこともあって、同大会の1シーズンの勝ち数は2勝よりも多くなるが、なかなか上位に進出できない状態が続いている。

2016/17シーズンでは二年連続最下位となった。V・チャレンジリーグ入替戦ではトヨタ自動車ヴァルキューレに得点率差で敗退してVチャレンジリーグIIの降格が決定的となった[6]

降格した2017/18シーズンのVチャレンジリーグIIでは、準優勝を果たした[7]

成績[編集]

主な成績[編集]

チャレンジリーグ、チャレンジリーグI(実業団リーグ/V1リーグ)
  • 優勝なし
  • 準優勝なし
チャレンジリーグII
  • 優勝なし
  • 準優勝 1回(2017/18)
黒鷲旗全日本選抜大会
  • 優勝なし
  • 準優勝なし

年度別成績[編集]

大会名 順位 参加チーム数 試合数
V1リーグ 第5回 (2002/03) 8位 8チーム 14 2 12
第6回 (2003/04) 5位 7チーム 12 5 7
第7回 (2004/05) 7位 8チーム 14 2 12
第8回 (2005/06) 7位 8チーム 14 2 12
V・チャレンジリーグ 2006/07シーズン 7位 8チーム 14 2 12
2007/08シーズン 7位 8チーム 14 2 12
2008/09シーズン 8位 10チーム 18 4 14
2009/10シーズン 8位 12チーム 16 8 8
2010/11シーズン 8位 12チーム 18 6 12
2011/12シーズン 10位 12チーム 22 6 16
2012/13シーズン 8位 10チーム 18 6 12
2013/14シーズン 7位 10チーム 18 7 11
2014/15シーズン 8位 10チーム 18 7 11
V・チャレンジリーグI 2015/16シーズン 8位 8チーム 21 3 18
2016/17シーズン 8位 8チーム 21 2 19
V・チャレンジリーグII 2017/18シーズン 準優勝 6チーム 15 10 5

選手・スタッフ[編集]

選手[編集]

2016年12月版[8][9]

背番号 名前 シャツネーム 国籍 P 備考
1 鈴木遥 HARUKA 日本の旗 日本 L
3 山本直美 NAOMI 日本の旗 日本 WS
4 石川綾菜 ISHIKAWA 日本の旗 日本 WS キャプテン
5 田中実希 MIKI 日本の旗 日本 WS
6 黒木麻衣 MAI 日本の旗 日本 S
7 針生瑞希 HARIU 日本の旗 日本 WS
8 末代真歩 MATSUDAI 日本の旗 日本 MB
9 高桑裕恵 TAKAKUWA 日本の旗 日本 MB
10 楠木舞美子 KUSUNOKI 日本の旗 日本 MB
11 萩原希 NOZOMI 日本の旗 日本 WS
12 齊藤葉月 HAZUKI 日本の旗 日本 WS
14 鶴ヶ崎佳寿葉 KAZUHA 日本の旗 日本 L 副キャプテン
15 原田美愛実 MINAMI 日本の旗 日本 MB マネージャー兼任
16 名原寧音 NENE 日本の旗 日本 S
17 小清水茉弥 MAYA 日本の旗 日本 MB

スタッフ[編集]

2017年8月14日版[8][9]

役職 名前 国籍
部長 本田幸弘 日本の旗 日本
副部長 片田瑞己 日本の旗 日本
監督 岩下忠正 日本の旗 日本
コーチ 吉川三博 日本の旗 日本
マネージャー兼選手 原田美愛実 日本の旗 日本
トレーナー 平純一朗 日本の旗 日本
トレーナー 佐藤康 日本の旗 日本
トレーナー 奥村麻耶 日本の旗 日本
アナリスト 三嶋俊秀 日本の旗 日本
事務局 石井誠 日本の旗 日本

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 3年間とは、介護福祉士の受験資格取得に必要な介護実務経験の期間に相当する。
  2. ^ 地域リーグ参加チーム減少に伴い、2002年度より東西でリーグを分けずに1つのリーグとした。出場全チームの総当たりを行い、上位4チームがファイナルリーグ進出となる。

脚注[編集]

  1. ^ チーム沿革”. Vリーグ機構. 2013年10月28日閲覧。
  2. ^ 社員一覧”. Vリーグ機構. 2013年10月28日閲覧。
  3. ^ a b チーム概要”. Vリーグ機構. 2013年10月28日閲覧。
  4. ^ 首都圏ネットワーク「介護現場でも奮闘のバレーボール選手」(2009年11月19日放送)より。
  5. ^ 広報かしわ”. 柏市 (2012年12月1日). 2013年10月28日閲覧。
  6. ^ 【レポート】トヨタ自動車が入替戦勝利! JAぎふ、警視庁、埼玉アザレアは残留~V・チャレンジリーグ入替戦(3/5)~”. Vリーグ機構. 2017年3月6日閲覧。
  7. ^ 2017/18V・チャレンジリーグⅡ女子 最終結果・個人賞受賞選手決定のお知らせ”. Vリーグ機構 (2018年2月17日). 2018年3月6日閲覧。
  8. ^ a b メンバー紹介”. 柏エンゼルクロス. 2017年8月14日閲覧。
  9. ^ a b チーム登録選手”. Vリーグ機構. 2017年8月14日閲覧。

外部リンク[編集]