アナン学園高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アナン学園高等学校
過去の名称 樟蔭東高等学校
樟蔭東中学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人アナン学園
理念 個性と可能性を信じる心の教育を。
校訓 感謝の気持ちを忘れず 相手の立場に立って考えられる 何事にも礼儀を守り 社会に貢献する人間の育成
設立年月日 1937年
12月8日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科(総合選択制)・衛生看護科・調理科
学科内専門コース 進学総合コース・スポーツコース・ミュージカルコース・調理科
専攻科 衛生看護科
学期 3学期制
所在地 578-0944
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

アナン学園高等学校(あなんがくえんこうとうがっこう)は、大阪府東大阪市にある私立高等学校。学校法人アナン学園が運営する。かつては中学校を併設していた。

概要[編集]

看護科は5年一貫教育(本科3年・専攻科2年)での看護師養成を実施する。自校での5年一貫教育での看護師養成をおこなう高等学校衛生看護科は、大阪府では初めての設置であり、また府内唯一でもある。

校訓は「感謝の気持ちを忘れず、相手の立場に立って考えられる、何事にも礼儀を守り、社会に貢献する人間の育成」である。これに伴い情操教育やマナー教養にも力を入れている。マナー教養では、小笠原流礼法を1年間学び花樟伝に向けて勉強をしている。その他にも秘書検定3級の合格を目指し勉強に取り組んでいる。

近隣に樟蔭中学校・高等学校があり、制服は類似している。歴史的には、樟蔭学園の初代校長を務めた伊賀駒吉郎が樟蔭東学園を設立したという経緯があるが、現在では経営上・人事上の関係は一切ない[1]

本校は樟蔭東高等女学校として開校し、2009年度まではいわゆる女子校であったが、衛生看護科の設置と共に2010年度から男女共学が実施され男女共学校となった。また、1947年から樟蔭東中学校が併設されていたが、2012年に募集停止となりそのまま廃止している。

2015年に運営法人が樟蔭東学園からアナン学園に改称し、学校名もアナン学園高等学校へ改称している。

2017年度より普通科にミュージカルコース、調理科が新設された。

沿革[編集]

  • 1937年 - 旧制の樟蔭東高等女学校として開校(女子校
  • 1947年 - 学制改革により新制中学校の樟蔭東中学校が開校(併設)
  • 1948年 - 学制改革により、新制高等学校の樟蔭東高等学校に改称
  • 2003年 - 普通科総合選択制導入
  • 2003年 - 高校に普通科総合選択制を導入
  • 2005年 - 普通科に保育選択を導入
  • 2007年 - 普通科に看護医療選択を導入
  • 2009年 - 衛生看護科(男女共学)を新設
  • 2010年 - 男女共学化
  • 2012年
    • 樟蔭東中学校募集停止
    • 高等学校普通科募集停止
  • 2014年 - 普通科再設置
  • 2015年
    • 樟蔭東中学校廃止[2]
    • 10月1日 - アナン学園高等学校に改称
  • 2017年 - ミュージカルコース、調理科を新設

部活動[編集]

バスケットボール部は、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)で5度、全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会(ウィンターカップ)で3度優勝している。中学女子バスケットボール部は2005年全国中学校バスケットボール大会で準優勝。

出身者[編集]

交通[編集]

同校をめぐる出来事[編集]

不適切融資問題[編集]

  • 同学園が、顧問で東北文化学園大学理事長の小山昭夫に対し、4億円を超える短期融資を行い、返済されず焦げ付いて回収不能の恐れが出ていることが、2011年8月に発覚した。2007年に小山が同学園に資金援助を行ったが、その際、事実上、理事の人事権を小山に掌握され、融資の要求に逆らえなくなったという[3]
    • また、2011年12月に小山は、自身への融資の担保となった山林の所有権について、自身から学園へ移転する引き換えに、借金を帳消しにする内容の代物弁済を提案。国や大阪府は、現金での回収を同学園に指導したが、学園側はこれに従わず、小山の提案に応じた。

これら一連の事案を受け、文部科学省は、同学園への処分に向け、同学園に対し学校法人運営調査委員を派遣する事態となった[4]

無資格者による授業[編集]

  • 樟蔭東高校の看護師養成過程である衛生看護科で、教員数名が、看護実習を指導する免許のみしか所持していないにもかかわらず、資格外で実習以外の授業をも担当していたことが発覚した。資格外授業を受けた場合、単位が認定されなくなり、再履修する必要があるため、大阪府教育委員会は同校の授業の実態について調査を開始している[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]