園田佳巨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

園田 佳巨(そのだ よしみ、1962年[1] - )は、日本の工学者九州大学教授。専門分野は構造工学[2]

現在は九州大学工学部地球環境工学科建設都市工学コースのコース長を務める[3]

来歴[編集]

宮崎県立小林高等学校[1]、九州大学工学部土木学科卒業。九州大学大学院工学研究科土木工学専攻修了[1]

1994年5月23日、「エネルギー基準による落石覆工の安全性照査に関する研究」により九州大学から博士(工学)を取得する[4]1998年、九州大学助教授に就任。2005年から九州大学教授を務める。

受賞歴[編集]

  • 2004年 - 第50回構造工学シンポジウム論文賞(「損傷力学による既設RC桁の耐荷性能評価法に関する研究」、結城洋一・杣辰雄・牧角龍憲との共同研究)[5]
  • 2008年 - 第54回構造工学シンポジウム論文賞(「音響解析を用いた回転式打音検査法の診断メカニズムに関する基礎的研究」、中山歩・三好茜との共同研究)[6]
  • 2011年 - 第57回構造工学シンポジウム論文賞(「SPH法を改良したワイヤリング防護柵の衝撃応答解析」、畑芳宏・福永一基との共同研究)[7]

著書[編集]

共著[編集]

社会的活動[編集]

  • 日本学術振興会 科学研究費助成事業 第1段審査委員(2008年)[8]
  • 九州地方整備局 総合評価技術委員会 委員[9]
  • 九州地方整備局 入札監視委員会 委員[10]
  • 産学官建設技術交流会 幹事[11]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 園田佳巨/教授 博士(工学)”. 九州大学. 2012年7月27日閲覧。
  2. ^ 研究者情報 園田佳巨”. 九州大学. 2012年7月27日閲覧。
  3. ^ コース長から受験生の皆さんへ”. 九州大学. 2012年7月27日閲覧。
  4. ^ エネルギー基準による落石覆工の安全性照査に関する研究”. 国立国会図書館. 2012年7月27日閲覧。
  5. ^ 第50回「構造工学シンポジウム論文賞」受賞論文”. 土木学会. 2012年7月27日閲覧。
  6. ^ 第54回「構造工学シンポジウム論文賞」受賞論文”. 土木学会. 2012年7月27日閲覧。
  7. ^ 第57回「構造工学シンポジウム論文賞」受賞論文”. 土木学会. 2012年7月27日閲覧。
  8. ^ 審査委員名簿 工学 (PDF)”. 日本学術振興会. p. 3. 2012年7月27日閲覧。
  9. ^ 平成17年度九州地方整備局総合評価技術委員会 第1回全体会 (PDF)”. 国土交通省. p. 3 (2005年12月20日). 2012年7月27日閲覧。
  10. ^ 九州地方整備局入札監視委員会の開催について (PDF)”. 国土交通省. p. 2 (2012年6月13日). 2012年7月27日閲覧。
  11. ^ 交流会規約”. 産学官建設技術交流会. 2012年7月27日閲覧。

外部リンク[編集]