山梨クィーンビーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
山梨クィーンビーズ
所属リーグ 日本の旗 Wリーグ
創設年 1968年
本拠地 山梨県甲斐市
アリーナ 甲斐市敷島総合体育館など県内数箇所
チームカラー 黒、白
代表者 芦澤薫
ヘッドコーチ 水上豊
公式サイト 公式サイト
ユニフォーム
Kit body thinyellowsides.png
ホームのジャージ
Kit shorts yellowsides.png
チームカラー
ホーム
Kit body thinyellowsides.png
アウェイのジャージ
Kit shorts yellowsides.png
チームカラー
アウェイ
テンプレートを表示
山梨クィーンビーズバスケットボールクラブ
Yamanashi-queenbees Basketball Club
創立者 島立登志和
団体種類 一般社団法人
設立 2009年
所在地 山梨県甲斐市玉川223-1
法人番号 7090005002778
起源 日立甲府女子バスケットボール部
主要人物 代表理事 芦澤薫
活動地域 日本の旗 日本・山梨県
活動内容 バスケットボールの普及
ウェブサイト 山梨クィーンビーズ
テンプレートを表示

山梨クィーンビーズ(やまなしクィーンビーズ)は、Wリーグに所属する女子バスケットボールクラブチームである。山梨県甲斐市を本拠地とする。チーム名は「女王蜂」を意味する。

歴史[編集]

日立甲府[編集]

1968年日立甲府女子バスケットボール部として創部。実業団リーグを勝ち上がり、1973年に創立から6年で日本リーグ2部に昇格。1976年から1979年1988年から1997年には日本リーグ1部に所属することもあった。

クラブ化[編集]

1999年に日立甲府がバスケットボールから撤退したためクラブチーム化。名前を「甲府クィーンビーズ」に改名し、同年設立されたW1リーグに参加。WJBLでは初のクラブチームとなる。2002-03シーズンはクラブ化後初となるWIリーグ優勝を果たす。2003年以降はルネサス テクノロジ(現ルネサスエレクトロニクス)の支援を受ける。2007年にルネサス テクノロジの支援縮小により経営危機が囁かれたが、翌年、新たにプリンセス・テンコーがスポンサーになったことからチームの存続が決定。同時に広域化を目指すためチーム名を「山梨クィーンビーズ」に改名した。県内7市町村の協力によるクリニックや山梨県バスケットボール協会との連携によるホームタウンゲームも開催した。

2009年より社団法人・完全クラブ化される。法人名は「一般社団法人山梨クィーンビーズバスケットボールクラブ」。社団法人によるトップレベルチームの経営は男子も含めて日本バスケットボール界史上初となる[1]。代表者は島立登志和ゼネラルマネージャーが就任。2010年からはルネサスエレクトロニクス以外の企業に勤務する選手も加入している。

関東実業団リーグ[編集]

2013年10月1日、2014年度のWリーグ参戦見送りを発表[2]。真のクラブチームになることをめざし、クラブ再建計画を策定。「ゼロからのスタート―Wリーグ復帰」を合言葉に同年度より関東実業団リーグに所属し、将来のWリーグ復帰を目指す[3]。Wリーグからはリーグ復帰の条件として、戦力面では全日本実業団バスケットボール選手権大会でベスト4以上、資金面と統制面では継続的にリーグ参戦できる経済基盤と統治組織を整備すること求められており、これらの条件を満たした場合に早ければ2016-17シーズン以降にWリーグ復帰が認められる[4]。 2015年の全日本実業団バスケットボール選手権大会でベスト4に入ったことで成績面での条件をクリア。また地域密着による経済基盤と統治組織の整備が進んだことから7月23日の理事会で2016-17シーズンからのWリーグ復帰が決定した[5]

チーム成績[編集]

旧日本リーグ (日立甲府バスケットボール部時代)[編集]

年度 リーグ回数 所属ディビジョン 順位 勝敗 (勝-敗)
1968年 第2回 旧日本リーグ 実業団4部 1位
1969年 第3回 旧日本リーグ 実業団3部 1位
1970年 第4回 旧日本リーグ 実業団2部 1位
1971年 第5回 旧日本リーグ 実業団1部 1位
1972年 第6回 旧日本リーグ 実業団1部 1位
1973年 第7回 旧日本リーグ2部 5位 4-6
1974年 第8回 旧日本リーグ 実業団1部 1位
1975年 第9回 旧日本リーグ2部 2位 8-2
1976年 第10回 旧日本リーグ1部 5位 3-7
1977年 第11回 旧日本リーグ1部 5位 3-7
1978年 第12回 旧日本リーグ1部 5位 2-8
1979年 第13回 旧日本リーグ1部 6位 1-9
1980年 第14回 旧日本リーグ2部 1位 10-0
1981年 第15回 旧日本リーグ2部 2位 7-3
1982年 第16回 旧日本リーグ2部 2位 5-5
1983年 第17回 旧日本リーグ2部 3位 10-4
1984年 第18回 旧日本リーグ2部 5位 7-7
1985年 第19回 旧日本リーグ2部 3位 8-6
1986年 第20回 旧日本リーグ2部 3位 10-4
1987年 第21回 旧日本リーグ2部 2位 10-4
1988年 第22回 旧日本リーグ1部 11位 4-11
1989年 第23回 旧日本リーグ1部 11位 2-13
1990年 第24回 旧日本リーグ1部 8位 5-10
1991年 第25回 旧日本リーグ1部 6位 6-9
1992年 第26回 旧日本リーグ1部 8位 8-14
1993年 第27回 旧日本リーグ1部 6位 5-6
1994年 第28回 旧日本リーグ1部 6位 4-7
1995年 第29回 旧日本リーグ1部 11位 5-16
1996年 第30回 旧日本リーグ1部 10位 6-16
1997年 第31回 旧日本リーグ1部 12位 4-7
1998年 第32回 旧日本リーグ2部 1位 8-2

WJBL[編集]

年度 リーグ レギュラーシーズン セミファイナル ファイナル 最終結果
順位
1999-00 W1リーグ 1 8 6 3位 ---
2000-01 2 5 10 5位 ---
2001-02 3 9 6 3位 ---
2002-03 4 9 3 1位 入れ替え戦0勝2敗
2003-04 5 8 4 2位 ---
2004-05 6 5 7 4位 ---
2005-06 7 8 8 2位 ---
2006-07 8 8 8 3位 ---
2007-08 9 5 11 5位 ---
2008-09 10 6 10 4位 ---
2009-10 11 5 11 4位 ---
2010-11 12 6 10 4位 ---
2011-12 13 1 15 5位 ---
2012-13 Wリーグ 14 0 22 12位 ---
2013-14 15 2 31 12位 ---
2016-17 18 0 22 12位 ---

関東実業団リーグ[編集]

年度 順位
2014年 5位
2015年 優勝

獲得タイトル[編集]

  • 日本リーグ2部・WIリーグ優勝 3回

スタッフと選手[編集]

現行ロースター[編集]

山梨クィーンビーズ ロースター
選 手 スタッフ
Pos # 名前 年齢 身長  体重 出身
G 0 内堀紫菜 24 (1994/9/7 ) 1.65 m (5 ft 5 in) 59 kg (130 lb) 日本の旗 愛知学泉大学 
G/F 3 藤井美紀 31 (1987/8/22 ) 1.65 m (5 ft 5 in) 58 kg (128 lb) 日本の旗 白鴎大学 
F 5 関彩未 24 (1994/3/2 ) 1.68 m (5 ft 6 in) 63 kg (139 lb) 日本の旗 國學院大學 
G 9 近内郁実 28 (1990/6/29 ) 1.62 m (5 ft 4 in) 56 kg (123 lb) 日本の旗 東京医療保健大学 
G 10 星田美歩 24 (1994/4/28 ) 1.63 m (5 ft 4 in) 59 kg (130 lb) 日本の旗 江戸川大学 
F 11 飯島早紀 キャプテン 26 (1992/2/21 ) 1.72 m (5 ft 8 in) 64 kg (141 lb) 日本の旗 東海大学 
F/C 14 津田史穂莉 26 (1992/9/14 ) 1.68 m (5 ft 6 in) 62 kg (137 lb) 日本の旗 拓殖大学 
F/C 18 岡萌乃 25 (1993/7/14 ) 1.76 m (5 ft 9 in) 68 kg (150 lb) 日本の旗 大阪人間科学大学 
F 21 近内瞳 32 (1986/7/27 ) 1.70 m (5 ft 7 in) 61 kg (134 lb) 日本の旗 大阪人間科学大学 
F 23 横井美沙 30 (1988/3/10 ) 1.70 m (5 ft 7 in) 65 kg (143 lb) 日本の旗 長野大学 
C 47 エン・ルー 24 (1994/1/12 ) 1.84 m (6 ft 0 in) 73 kg (161 lb) 中華人民共和国の旗 東京医療保健大学 
C 50 外山紅音 25 (1993/6/16 ) 1.78 m (5 ft 10 in) 78 kg (172 lb) 日本の旗 鹿屋体育大学 
F 74 水野菜穂 23 (1994/10/6 ) 1.71 m (5 ft 7 in) 64 kg (141 lb) 日本の旗 東京医療保健大学 
F 95 岩崎友香 25 (1992/11/21 ) 1.76 m (5 ft 9 in) 65 kg (143 lb) 日本の旗 日本体育大学 
ヘッドコーチ
水上豊

コーチ
平華子


歴代ヘッドコーチ[編集]

  1. 炭田久美子(1997-2012)
  2. 嶋内誠(2012-2013)
  3. 林永甫(2013-2014)
  4. 水上豊

過去の主な所属選手[編集]

マスコット[編集]

No. 名前 ポジション 誕生日 身長 出身
88 クィーンビー 客席最前列 8月8日 180cm 山梨県甲斐市西八幡

ユニフォームスポンサー[編集]

拠点他[編集]

以前は大元の母体であるルネサス エレクトロニクスの関連施設敷地内(甲斐市西八幡)にあるルネサステクノロジ体育館を拠点として使用していたが、ルネサス エレクトロニクスの山梨撤退とともに使用不能となり、現在の練習拠点は甲斐市宇津谷(学)日本航空学園内のJ-ship GYMとなっている。 [6][7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ その後、男子Bリーグの一部も社団法人格が運営するクラブが出てくる。
  2. ^ http://www.yamanashi-queenbees.com/2013/10/01/5423/
  3. ^ ファンの皆様、ラストゲームまで応援ありがとうございました!
  4. ^ Wリーグ復帰にかかるWJBL方針
  5. ^ 山梨クィーンビーズのWリーグ復帰決定(2015年7月23日、山梨放送
  6. ^ [1]
  7. ^ [2]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]