岩村田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岩村田駅
駅舎(2020年9月)
いわむらだ
Iwamurada
北中込 (2.2 km)
(0.9 km) 佐久平
地図
所在地 長野県佐久市岩村田[1]
北緯36度16分28.53秒 東経138度28分20.41秒 / 北緯36.2745917度 東経138.4723361度 / 36.2745917; 138.4723361座標: 北緯36度16分28.53秒 東経138度28分20.41秒 / 北緯36.2745917度 東経138.4723361度 / 36.2745917; 138.4723361
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 小海線
キロ程 70.6 km(小淵沢起点)
電報略号 ムタ[1]
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
1,077人/日(降車客含まず)
-2022年-
開業年月日 1915年大正4年)8月8日[1]
備考
テンプレートを表示

岩村田駅(いわむらだえき)は、長野県佐久市岩村田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)小海線である[1][3]

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム2面2線を有する地上駅[1][3]。互いのホームは跨線橋で連絡している。以前は駅舎と反対側のホームは島式ホームとなっていた[1][3]

中込駅が管理し、ステーションビルMIDORIが受託する業務委託駅[2]自動券売機指定席券売機設置。

開業当時は、祭事に合わせ駅南東側の柳町踏切付近に臨時停車場を設置していた[9]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 小海線 上り 中込小海清里小淵沢方面
2 下り 佐久平小諸方面

(出典:JR東日本:駅構内図

利用状況[編集]

JR東日本によると、2022年度(令和4年度)の1日平均乗車人員は1,077人である[利用客数 1]

2000年度(平成12年度)以降の推移は以下の通り。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 1,683 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 1,634 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 1,564 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 1,536 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 1,367 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 1,328 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 1,278 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 1,307 [1][利用客数 9]
2008年(平成20年) 1,288 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 1,224 [1][利用客数 11]
2010年(平成22年) 1,190 [3][利用客数 12]
2011年(平成23年) 1,211 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 1,233 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 1,263 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 1,207 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 1,257 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 1,251 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 1,261 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 1,314 [利用客数 20]
2019年(令和元年) 1,233 [利用客数 21]
2020年(令和02年) 1,095 [利用客数 22]
2021年(令和03年) 1,067 [利用客数 23]
2022年(令和04年) 1,077 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

駅前バス停に停車する。

※佐久市循環バスは2021年9月30日限りで廃止となっている[11]

その他[編集]

当駅のスタンプの図柄に鼻顔稲荷神社が採用されている[1]

隣の駅[編集]

※臨時快速「HIGH RAIL 1375」の隣の停車駅については、「HIGH RAIL 1375」を参照のこと。

東日本旅客鉄道(JR東日本)
小海線
北中込駅 - 岩村田駅 - 佐久平駅

脚注[編集]

記事本文[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 信濃毎日新聞社出版部『長野県鉄道全駅 増補改訂版』信濃毎日新聞社、2011年7月24日、139頁。ISBN 9784784071647 
  2. ^ a b 駅業務委託|駅ビジネス事業|事業紹介|生鮮市場JCなど運営 株式会社ステーションビルMIDORI”. ステーションビルMIDORI. 2022年4月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e 『週刊 JR全駅・全車両基地』 12号 大宮駅・野辺山駅・川原湯温泉駅ほか92駅、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2012年10月28日、27頁。 
  4. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1915年8月19日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 大蔵省印刷局, ed (1934‐08-25). “鉄道省告示 第395号”. 官報 (国立国会図書館デジタルコレクション) (2296). https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2958772/3. 
  6. ^ 大蔵省印刷局, ed (1934‐08-25). “鉄道省告示 第396号”. 官報 (国立国会図書館デジタルコレクション) (2296). https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2958772/3. 
  7. ^ 曽根悟(監修) 著、朝日新聞出版分冊百科編集部 編『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』 3号 飯田線・身延線・小海線、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2009年7月26日、27頁。 
  8. ^ a b 駅の情報(岩村田駅):JR東日本”. 東日本旅客鉄道. 2022年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月1日閲覧。
  9. ^ 佐久市志編纂委員会編纂『佐久市志 民俗編 上』佐久市志刊行会、1990年、138ページ。
  10. ^ 路線バス:令和5年4月1日の時刻改正につきまして
  11. ^ 佐久市循環バス北循環線:令和3年10月1日運行廃止

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2022年度)”. 東日本旅客鉄道. 2023年7月11日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月13日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月13日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月13日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月13日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月13日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月13日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月13日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月13日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月13日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月13日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月13日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月13日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月13日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月13日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月13日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月13日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月13日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月13日閲覧。
  20. ^ 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月24日閲覧。
  21. ^ 各駅の乗車人員(2019年度)”. 東日本旅客鉄道. 2020年7月18日閲覧。
  22. ^ 各駅の乗車人員(2020年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月29日閲覧。
  23. ^ 各駅の乗車人員(2021年度)”. 東日本旅客鉄道. 2022年8月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]