菊池彩花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
菊池 彩花
菊池彩花
ソチオリンピック女子1500mでの菊池彩花(右)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
所属 富士急行
誕生日 (1987-06-28) 1987年6月28日(30歳)
出身地 長野県南佐久郡南相木村
身長 170cm[1]
体重 61kg
自己ベスト 下記(自己記録)参照
 
獲得メダル
女子スピードスケート
オリンピック
2018 平昌 団体パシュート
世界距離別選手権
2015 ヘーレンフェイン 団体パシュート

菊池 彩花(きくち あやか、1987年6月28日 - )は、日本の女子スピードスケート選手。富士急行所属。平昌オリンピックスピードスケート女子チームパシュート金メダリスト

人物[編集]

長野県南佐久郡南相木村出身。

南佐久郡小海町北相木村南相木村中学校組合立小海中学校時代からスピードスケートで各種大会に出場。中学校時代には1歳上の小平奈緒茅野市立北部中学校)、同学年で後にショートトラックに転向した酒井裕唯諏訪市立上諏訪中学校)と共に全国大会に出場した経歴を持つ。佐久長聖高等学校を経て2006年に富士急行に入社。

富士急行入社以後は主にオールラウンダーとしてレースに出場し、日本代表メンバーにも選ばれてワールドカップなど国際競技会にも数多く出場した。2011年のアジアスピードスケート選手権では総合3位に入っている。

2013年10月の第20回全日本スピードスケート距離別選手権大会1500mでは、日本国内最高記録となる1分58秒12で初優勝し、ワールドカップ出場が内定した[2]

同年12月のオリンピック代表選考会女子1500mで田畑真紀に次いで2位に入り[3]ソチオリンピック日本代表に選出された[4]。2014年2月、ソチオリンピック1500mに出場するも31位に終わった。

2015年2月にオランダヘーレンフェインで開催された世界距離別スピードスケート選手権の団体パシュートに高木菜那高木美帆の姉妹と共に出場して決勝では強豪オランダを破り、団体パシュートで日本初の金メダルを獲得した。

2018年2月の平昌オリンピックでは、個人種目は3000m19位、1500m16位に終わる。高木姉妹と佐藤綾乃との4人でエントリーした女子チームパシュートでは、菊池は準決勝のカナダ戦に高木姉妹と出場して勝利し決勝進出に貢献する。決勝では高木姉妹と佐藤がオランダを破り、チームとして金メダルを獲得した[5]

2018年4月8日、山梨県富士吉田市で開かれた富士急行の報告会で現役引退を表明した[6]

2018年春の褒章で紫綬褒章を受章[7]

エピソード[編集]

菊池家は5人姉妹で、彩花が次女であり、実妹3人はショートトラック選手であり[8]、長女は東京都銀座で美容師である[9]。父毅彦は前村長[10]。菊池家の末娘の純礼は2012年のインスブルックユースオリンピックの銅メダリスト[11]。三女の悠希立教大学在学中の2013年に第26回ユニバーシアード冬季競技大会日本代表選手として出場した[12]。四女の萌水は2013年12月のソチオリンピックショートトラック代表選考会に出場、女子1000mで5位に入ってオリンピック日本代表に選出された[13][14]

高校時代には毎日、競技用自転車で通学した。往復3時間半かかったというが、脚力の強化につながった[8]

自己記録[編集]

種目 結果 日付 場所
500 m 39.01 2015年12月29日 帯広市日本の旗 日本
1,000 m 1:15.12 2017年12月10日 ソルトレイクシティアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1,500 m 1:54.12 2015年11月21日 ソルトレイクシティアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
3,000 m 4:01.89 2017年12月1日 カルガリーカナダの旗 カナダ
5,000 m 7:13.69 2011年2月18日 ソルトレイクシティアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

主な成績[編集]

冬季オリンピック[編集]

  • 2014年ソチ(ロシアの旗 ロシア
    • 1500m 31位
  • 2018年平昌(大韓民国の旗 韓国
    • チームパシュート Med 1.png優勝
    • 3000m 19位
    • 1500m 16位

脚注[編集]

  1. ^ 菊池 彩花 (スピードスケート) - 平昌オリンピック2018 - JOC
  2. ^ 読売新聞. “菊池彩花、国内最高で初優勝…スケート1500”. 2013年10月26日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ 【Sスケート】菊池姉妹でソチ切符! 彩花、Sトラックの妹・萌水に続いた Archived 2014年2月1日, at the Wayback Machine. スポーツ報知 2013年12月27日閲覧
  4. ^ 第22回 オリンピック冬季競技大会(2014/ソチ) (PDF) 日本スケート連盟 国際大会派遣選手団等 2014年1月7日付
  5. ^ 速報】女子団体追い抜き「金」 日本、11個目のメダル 信濃毎日新聞 2018年2月21日
  6. ^ “菊池彩花が引退表明、平昌五輪団体追い抜きで金貢献 - スポーツ : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/sports/news/201804080000412.html 2018年4月8日閲覧。 
  7. ^ 紫綬褒章受章者 時事ドットコム、2018年4月28日
  8. ^ a b 朝日新聞 2013年10月21日東京夕刊4版 9面
  9. ^ 朝日新聞(2018年2月22日)
  10. ^ 菊池3姉妹 日本初、同時に世界の舞台へ毎日新聞 2018年2月9日
  11. ^ フィギュア女子、鈴木連覇 菊池姉妹が同日優勝 Archived 2013年9月10日, at the Wayback Machine. 福井新聞 2012年1月31日閲覧
  12. ^ 菊池姉妹三女、悠希選手(立教大)も世界で勝負――12月18日から、ショートトラック冬季ユニバーシアード 長野体育ジャーナル 2013年12月9日閲覧
  13. ^ スケート5姉妹 萌水が五輪/Sトラック 日刊スポーツ 2013年12月16日閲覧
  14. ^ ソチ五輪(ショートトラック)菊池萌水選手(社学3年)、OGの酒井裕唯選手、桜井美馬選手が内定 早稲田大学News 2013年12月16日付

外部リンク[編集]