中嶋敬春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中嶋 敬春(なかじま たかはる、1983年1月2日[1] - )は、長野県川上村出身[1]の元スピードスケート選手である。

来歴[編集]

佐久長聖高等学校-日本体育大学-日体大研究員-十六銀行[2]

1998年全国中学校スケート大会3000mで優勝[3]

2000年の世界ジュニアスピードスケート選手権大会(フィンランド・セイナヨキ)で総合2位。2000年、2001年の全国高等学校スケート選手権大会スピード競技(インターハイ)1500mを連覇。

2002年ソルトレイクシティオリンピック代表に選ばれ、男子1500m23位となった。

2005年冬季ユニバーシアードでは1000mで金、1500mで銅メダルを獲得した。

2006年トリノオリンピック代表に選ばれ、男子1000m27位、男子1500m38位となった。

2011-2012シーズン限りで現役を引退。

自己記録[編集]

種目 記録
500m 35秒42
1000m 1分08秒90
1500m 1分46秒86
5000m 6分47秒28
10000m 14分37秒81

脚注[編集]

外部リンク[編集]