2014年のオリックス・バファローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2014年のオリックス・バファローズ
成績
パシフィック・リーグ2位
80勝62敗2分 勝率.563
本拠地
都市 大阪府大阪市西区
球場
京セラドーム大阪
Kyocera Dome Osaka (15984073809).jpg
球団組織
オーナー 宮内義彦
経営母体 オリックス
監督 森脇浩司
« 2013
2015 »

2014年のオリックス・バファローズでは、2014年シーズンのオリックス・バファローズの動向をまとめる。

この年のオリックス・バファローズは、森脇浩司監督の3年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 ヘルマン
2 平野恵一
3 糸井嘉男
4 ベタンコート
5 谷佳知
6 ペーニャ
7 高橋信二
8 安達了一
9 伊藤光
金子千尋
2014年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 オリックス -- オリックス -- オリックス -- ソフトバンク -- ソフトバンク -- ソフトバンク --
2位 ソフトバンク 3.0 ソフトバンク 2.0 ソフトバンク 1.5 オリックス 1.5 オリックス 1.5 オリックス 0.0
3位 ロッテ 4.5 日本ハム 6.0 日本ハム 9.0 日本ハム 8.0 日本ハム 9.5 日本ハム 6.5
4位 楽天 7.5 ロッテ 7.0 ロッテ 11.0 西武 14.5 西武 17.5 ロッテ 14.0
5位 日本ハム 楽天 10.5 楽天 14.5 ロッテ 15.0 ロッテ 18.5 西武 16.0
6位 西武 10.5 西武 12.5 西武 楽天 17.5 楽天 21.5 楽天 17.0
2014年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 福岡ソフトバンクホークス 78 60 6 .565 ---
2位 オリックス・バファローズ 80 62 2 .563 0.0
3位 北海道日本ハムファイターズ 73 68 3 .518 6.5
4位 千葉ロッテマリーンズ 66 76 2 .465 14.0
5位 埼玉西武ライオンズ 63 77 4 .450 16.0
6位 東北楽天ゴールデンイーグルス 64 80 0 .444 17.0

セ・パ交流戦[編集]

日本生命セ・パ交流戦2014 最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 16 8 0 .667 ---
2位 福岡ソフトバンクホークス 14 8 2 .636 1.0
3位 オリックス・バファローズ 14 10 0 .583 2.0
4位 中日ドラゴンズ 13 10 1 .565 2.5
5位 横浜DeNAベイスターズ 13 11 0 .542 3.0
6位 千葉ロッテマリーンズ 12 12 0 .500 4.0
7位 北海道日本ハムファイターズ 11 12 1 .478 4.5
8位 埼玉西武ライオンズ 11 13 0 .458 5.0
9位 東京ヤクルトスワローズ 10 12 2 .455 5.0
10位 東北楽天ゴールデンイーグルス 9 15 0 .375 7.0
11位 阪神タイガース 9 15 0 .375 7.0
12位 広島東洋カープ 9 15 0 .375 7.0

[注 1]

クライマックスシリーズ[編集]

2014 LAWSON クライマックスシリーズ・パ ファーストステージ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月11日(土) 第1戦 北海道日本ハムファイターズ 6-3 オリックス・バファローズ 京セラドーム大阪
10月12日(日) 第2戦 北海道日本ハムファイターズ 4-6 オリックス・バファローズ
10月13日(月) 第3戦 台風19号の影響により順延
10月14日(火) 北海道日本ハムファイターズ 2-1 オリックス・バファローズ
勝者:北海道日本ハムファイターズ

できごと[編集]

入団・退団[編集]

シーズン開幕前[編集]

本節では、前レギュラーシーズン終了から本シーズン開幕までの入退団について記述する。なお、退団の去就はスポーツ関係又は芸能関係の職業に転身した場合のみを記載し、空欄は前述以外の一般職業に転身もしくは去就不明を示す。

支配下選手
入団 退団
No. 選手名 入団区分 前所属 No. 選手名 退団区分 去就
投手
14 吉田一将 ドラフト1位 JR東日本 00 ミンチェ 台湾の旗 ラミーゴ
26 東明大貴 ドラフト2位 富士重工業 39 鴨志田貴司
40 大山暁史 ドラフト8位 セガサミー 40 ミルズ アメリカ合衆国の旗 ブルワーズ傘下
69 柴田健斗 ドラフト7位 信濃グランセローズ 54 高橋秀聡
61 松本幸大
捕手
37 若月健矢 ドラフト3位 花咲徳栄高 37 辻俊哉 国士舘大学コーチ
62 山崎勝己 FA移籍 福岡ソフトバンクホークス 67 横山徹也 四国IL・愛媛
内野手
1 ベタンコート 新外国人 ミルウォーキー・ブルワーズ 0 梶本勇介 アメリカ合衆国の旗独立リーグ
4 ヘルマン 埼玉西武ライオンズ 1 後藤光尊 トレード 東北楽天ゴールデンイーグルス
44 園部聡 ドラフト4位 聖光学院高 10 李大浩 ソフトバンク
61 奥浪鏡 ドラフト6位 創志学園高 44 フェルナンデス
52 バルディリス 横浜DeNAベイスターズ
外野手
00 丸毛謙一 移籍・支配下登録 読売ジャイアンツ 4 ロッティーノ 大韓民国の旗 ヒーローズ
0 鉄平 トレード 東北楽天ゴールデンイーグルス 53 野中信吾
10 谷佳知 自由契約 読売ジャイアンツ
42 ペーニャ 自由契約 福岡ソフトバンクホークス
53 吉田雄人 ドラフト5位 北照高
育成選手
入団 退団
No. 選手名 入団区分 前所属 No. 選手名 退団区分 去就
育成選手
106 東弘明 育成ドラフト1位 徳島インディゴソックス 118 稲倉大輝 自由契約
118 榊原諒 移籍・育成契約 北海道日本ハムファイターズ 119 柿原翔樹 自由契約 アメリカ合衆国の旗 独立リーグ
  • 昨季まで打線の中軸を担っていたバルディリス・李大浩が揃って国内他球団へ移籍するも、国内他球団を自由契約となったヘルマン・ペーニャを獲得。
  • 谷が8年ぶりにオリックスに復帰した。
  • 巨人時代は育成選手だった丸毛を支配下選手として獲得した。

シーズン開幕後[編集]

本節では、本シーズン開幕から本シーズン終了までの入退団について記述する。

入団[編集]

選手名 前所属 備考
投手
12 ランズラー 米・ジャイアンツ傘下 7月31日支配下登録、新外国人
内野手
30 岩崎恭平 中日ドラゴンズ 7月30日、三ツ俣大樹とトレード
外野手
39 バトラー 米・カージナルス傘下 6月5日、支配下登録公示

退団[編集]

選手名 備考
内野手
ベタンコート 7月22日、契約解除
三ツ俣大樹 中日・岩崎恭平とトレード

選手・スタッフ[編集]

  • 背番号変更
    • 竹原直隆 26→25
    • 堤裕貴 62→54
    • 古川秀一 14→67
  • マツダオールスターゲーム2014[編集]

    選出選手及びスタッフ
    ポジション 名前 選出回数
    投手 金子千尋 2
    西勇輝 2
    佐藤達也 2
    平野佳寿 6
    捕手 伊藤光 2
    外野手 糸井嘉男 6
    指名打者 ペーニャ 2
    • 太字はファン投票による選出、※印は選手間投票による選出、他は監督推薦による選出。
    • 選出回数の括弧内数字は故障のため不出場の回数。

    試合結果[編集]

    レギュラーシーズン[編集]

    凡例
    オリックスの勝利試合 オリックスの敗北試合 引き分け 試合中止
    2014年 レギュラーシーズン

    表彰選手[編集]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ 勝率が同率で並んだ場合、(1)勝利数(2)当該チーム間の当年度交流戦の直接対決成績(3チーム以上並んだ場合は省略)(3)得点/攻撃イニング-失点/守備イニング(4)前項を自責点に置き換えたもの(5)チーム打率(6)前年度の交流戦順位で順位が決定される。

    出典[編集]