坂口真規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
坂口 真規
読売ジャイアンツ #023
Giants sakaguchi 56.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県那賀郡打田町(現:紀の川市
生年月日 1990年9月29日(26歳)
身長
体重
187 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手一塁手
プロ入り 2012年 ドラフト5位
初出場 2013年6月12日
年俸 575万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

坂口 真規(さかぐち まさき、1990年9月29日 - )は、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手内野手育成選手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

中学校時代は打田タイガースに所属し、全国大会準優勝を経験した[2]

智辯和歌山高入学当初は、上半身に頼った力任せの打撃をしていたが、2年時の夏前に下半身を使う打ち方を身に付けてから打撃の才能が開花する[2]。2年時の夏は、4番・一塁手として第89回全国高等学校野球選手権大会に出場。1回戦で橋本到佐藤由規擁する仙台育英高に2-4で敗れたが、自身は佐藤由規から2ランホームランを放った。

3年時の春は、4番・三塁手として第80回選抜高等学校野球大会に出場。ベスト8で松葉貴大擁する東洋大姫路高に0-2で敗れた。夏は大会直前に右足首を疲労骨折するが、テーピングと痛み止めを飲んで出場した和歌山県予選では、初戦から準決勝まで4戦連続でホームランを放つなど優勝に貢献した[3]第90回全国高等学校野球選手権記念大会では4番・一塁手として出場し、3回戦の駒大岩見沢高戦では史上初となる1イニング2本塁打を記録した[4]。チームは、ベスト8で戸狩聡希擁する常葉菊川高に10-13で敗れた。高校の1学年後輩に岡田俊哉、2学年後輩に西川遥輝がいる。

高校卒業後は、東海大学に進学する。同大学野球部では1年春から公式戦に出場し、ベストナインなどの受賞は無かったが、打撃ではチームの中軸を担った。全日本大学野球選手権大会には1年時と2年時に出場し、2年時の第59回全日本大学野球選手権大会では準優勝を経験した。明治神宮野球大会には2年時に出場し、準優勝を経験している。大学の同期に伏見寅威、1学年先輩に菅野智之、2学年先輩に伊志嶺翔大がいる。

2012年10月25日、プロ野球ドラフト会議読売ジャイアンツから5位指名を受けた[5]

プロ入り後[編集]

2013年6月12日オリックス・バファローズ戦で代走としてプロ初出場。翌6月13日には指名打者としてスタメン出場を果たし、4回の打席でプロ初安打となる中前タイムリーを放った[6]。9月にも一軍昇格の機会があったが定着はならず。イースタン・リーグでは一塁手または三塁手として104試合に出場し、打率.289、42打点、11本塁打の成績を残した。オフには100万円アップの900万円(推定)で契約を更改した。

2014年ファームで規定打席に到達し、一年間育成の年となる。しかし、ファームの打撃成績は打率.210、出塁率.300、長打率.320と振るわず、一年間を通して一軍登録されることはなかった。オフには110万円ダウンの年俸790万円(推定)で契約を更改した。

2015年には、ポジションが重なるドラフト1巡目ルーキー・岡本和真が台頭。坂口自身は、一軍公式戦への出場が1試合(3打席)にとどまったばかりか、イースタン・リーグ公式戦でも78試合の出場で打率.227、5本塁打、26打点と精彩を欠いた。このため、球団は10月1日に、坂口との支配下選手契約を解除することを通告[7]11月22日に、育成選手として再び契約した。推定年俸は500万円[8]

選手としての特徴・人物[編集]

恵まれた体格から放つ長打力に期待されている大型内野手[9]岡崎郁二軍監督からは選球眼のよさを評価されている[10]

巨人でチームメイトとなった大田泰示とは、高校時代に同じ右の長距離打者として「東の大田」、「西の坂口」と言われたライバルである[11]

プロ入り直後に、自身も通っていた紀の川市内の病院に車椅子を寄贈した[12]

2016年08月7日大阪府出身で保育士と入籍したと発表した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2013 巨人 7 10 10 3 4 0 0 0 4 1 0 0 0 0 0 0 0 5 0 .400 .400 .400 .800
2015 1 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
NPB:2年 8 13 13 3 4 0 0 0 4 1 0 0 0 0 0 0 0 5 0 .308 .308 .308 .615
  • 2016年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 56 (2013年 - 2015年)
  • 023 (2016年 - )

登場曲[編集]

  • 「Girls」Rico Bernasconi & Beenie Man feat. Akon(2013年)
  • 「燃えよ荒鷲」ミノタウロス (2014年 - 2015年)
  • 「ノコギリガール~ひとりでトイレにいけるもん~」50TA(2016年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年11月21日閲覧。
  2. ^ a b 下半身使い打力開花 坂口真規(和歌山・智弁和歌山 新3年)”. asahi.com (2008年3月4日). 2013年3月12日閲覧。
  3. ^ けが克服、強打も成長 坂口真規(智弁和歌山)”. asahi.com (2008年8月1日). 2013年3月12日閲覧。
  4. ^ 甲子園の歴史に残った!坂口1イニング2発”. スポニチ Sponichi Annex (2008年8月14日). 2013年3月12日閲覧。
  5. ^ ドラフト会議で菅野投手ら7選手の交渉権獲得”. 読売ジャイアンツ (2012年10月25日). 2013年1月30日閲覧。
  6. ^ 【巨人】坂口がプロ初安打&初打点 日刊スポーツ 2013年6月13日
  7. ^ 来季の契約について - Yomiuri Giants Official Web Site 2015年10月1日
  8. ^ 【巨人】坂口、290万円ダウンで育成契約「ゼロから見つめ直す」 スポーツ 報知 2015年11月22日
  9. ^ ドラ5・坂口、“甲子園凱旋打”誓う”. スポーツ報知 (2013年3月9日). 2013年3月12日閲覧。
  10. ^ 「勝負にもこだわる」 岡崎二軍監督が後半戦に意気込み Yomiuri Giants Official Web 2013年7月22日
  11. ^ 巨人でも火花「東の大田」にライバル「西の坂口」(2/2ページ)”. SANSPO.COM (2013年3月6日). 2013年3月12日閲覧。
  12. ^ 巨人伏兵ルーキーで再奪首! 坂口 初安打初打点”. スポニチ Sponichi Annex (2013年6月14日). 2013年6月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]