後藤孝志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
後藤 孝志 (後藤 孝次)
読売ジャイアンツ 三軍外野守備打撃コーチ #100
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県一宮市
生年月日 (1969-05-14) 1969年5月14日(48歳)
身長
体重
185 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 三塁手一塁手外野手
プロ入り 1987年 ドラフト2位
初出場 1991年4月7日
最終出場 2005年10月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴・コーチ歴

後藤 孝志(ごとう こうじ、1969年5月14日 - )は、愛知県一宮市出身の元プロ野球選手、野球指導者。本名及び1991年までの登録名後藤 孝次(読み同じ)。守備位置は内野手三塁手一塁手)及び外野手。2014年度より巨人の育成コーチ、2015年度より二軍内野守備走塁コーチ、2016年度より三軍外野守備走塁コーチ、2017年度より三軍外野守備打撃コーチを務める。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

小学校では捕手として近藤真市バッテリーを組んだ。中京高校1987年に甲子園大会に出場。高校通算33本塁打

地元が愛知県なので、子供向けファンクラブ「少年ドラゴンズ」の会員だったほどの大の中日ドラゴンズファン。子供の頃からよくナゴヤ球場に観戦に行っていた。高校生の時、巨人に入団した槙原寛己に「名古屋の裏切り者」と大声でヤジを飛ばし、自身が巨人に入団した際、槙原が後藤の声を聞いた時「よくもナゴヤ球場で、裏切り者!とヤジを飛ばしやがって」といういきさつを『関口宏の東京フレンドパークII』で公表した。中日の応援歌である「燃えよドラゴンズ!」は最新版まで歌えるが、巨人の応援歌『闘魂こめて』は「全く歌えない」と、『東京フレンドパークII』で槙原に暴露されている。ドラゴンズの選手の呼び方はたとえ年下であっても「…選手」と丁寧。

実兄の後藤篤は高校野球の監督を務め、豊田大谷高校監督時代には甲子園出場経験がある。その時の主力選手に古木克明がいた。

プロ入り後[編集]

1987年のドラフト2位で読売ジャイアンツに入団。入団当時の背番号は50。名字の(ごとう)に掛かっていたこともあり気に入っていた。また、入団当時の目標は「原辰徳選手と一緒にスタメンに入ること」であり、この目標は原引退の年に達成されている。原は後藤の仲人でもある。

入団後3年間は2軍生活が続いた。

1991年に1軍初出場。同年は17試合に出場し、3安打を放った。

1992年は再び1軍出場なしに終わった。

1993年は2年ぶりに1軍出場を果たすが、4試合しか出場できず、1安打も打てなかった。

1994年は20試合に出場したが、控えでの出場ばかりでこの年も安打を打てなかった。

1995年は代打などで出場機会を増やし、51試合の出場ながら打率.343を記録し、プロ初本塁打を含む4本塁打をマークした。

1996年は59試合に出場し、打率.285とこの年も打撃がよかった。またプロ入りしてから初めて打席数が100を超えた。

1997年は更に出場機会を増やし、80試合に出場した。

1998年は打率が.250を下回るなど不調に苦しんだ一年となったが、自身初となる100試合出場を果たし、104試合に出場した。

1999年7月10日東京ドームでの広島東洋カープ戦で3球連続して自打球を当てたことがある。その日の実況と解説は日本テレビ今井伊佐男アナウンサー中畑清であり、2球目が当たった際にベンチの味方選手が笑っていたのを見て「笑えませんよ」などと言っていたが、3球目が当たった際は2人とも笑ってしまっていた。このシーンはその年の珍プレーにも取り上げられた。同年は自己最多の112試合に出場し、ガッツ溢れる勝負強い打撃のほか、内外野どこでも守れたため重宝された。

2000年は94試合に出場し、チーム3年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

2001年は前年より出場機会を減らし、66試合の出場に終わった。

2002年はシーズンでの成績は、86試合の出場で打率.233と精彩を欠いてしまったが、西武ライオンズとの日本シリーズ第4戦で松坂大輔からダメ押しとなるタイムリー三塁打を放ち、チームの日本一に大きく貢献した。松坂からはオープン戦でホームランを打っており、相性が良かった。

2003年は9回に数多く起用され決勝本塁打や同点タイムリーを放つなど活躍し、「ミスター9回」または「9回の男」の異名が付いた。73試合の出場ながら、打率.283と前年より復調した。

2004年は新監督に堀内恒夫が就任した。この年は68試合に出場するもこれまでのような打撃が残せず、打率.208と不本意な成績で終わってしまった。

2005年はスコアボードの表記は「後藤孝」となった。これは同シーズン開幕直前に西武から移籍してきた後藤光貴がいたためである。なお、後藤光貴はシーズン終了後に西武に復帰したため、ジャイアンツの後藤姓が存在しなくなった。この年は堀内監督の構想から完全に外れて開幕から一度も1軍出場することができず、戦力外通告を受けて現役引退を表明した。最終戦の広島戦が引退試合となり、同年初出場となった。この試合では代打の1打席のみの出場だったが凡退した。チームは初回の4失点だけで抑えたが打線が、1点しか取れず、最終戦及び引退試合を勝利で飾ることはできなかった。結局同年はこの1試合のみの出場で1994年以来の無安打で現役生活に別れを告げることとなった[1]。現役時代は清原和博と行動を共にすることが多かったため、清原の子分と報道されることが度々あった[2]

引退後[編集]

復帰したばかりの原辰徳監督の勧めもあり、2006年にはニューヨーク・ヤンキース、ヤンキース傘下1Aのタンパ・ヤンキースにコーチ留学した。

2007年北信越BCリーグの新潟アルビレックス・ベースボール・クラブの初代監督に就任したが、チームは最下位に終わる。いったんは来年も続投と伝えられたが、11月8日に「球団運営方針についての考え方の相違」を理由に来季の契約を結ばないことが球団から発表された。

2008年からは、J SPORTS野球解説者かたわら、幼児を中心とした野球スクール「TOKYO GUTS」を設立し子供達に野球を伝えている。コーチ陣には巨人時代の同僚である原俊介(2006年引退)や十川孝富(2007年引退)らがいる。

2012年2月、東海大学野球部の臨時コーチに就任[3]

2013年2月、ヤンキースのキャンプで7年ぶりに特別コーチに就任。キャンプ終了後は、1Aスタテンアイランド・ヤンキースのコーチに就任する予定[4]と報じられた。

2013年11月、読売巨人軍の二軍育成コーチに就任[5]

2014年10月、読売巨人軍の二軍内野守備走塁コーチに就任[6]

2015年4月28日に、「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」のNPB選抜コーチを務める事が発表された[7][8]

2015年10月、2016年度から巨人に新設される三軍の外野守備走塁コーチに就任[9]

2016年10月、三軍の外野守備打撃コーチに就任[10]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1991 巨人 17 23 22 3 3 0 0 0 3 1 2 1 0 0 1 0 0 5 1 .136 .174 .136 .310
1993 4 5 3 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 .000 .250 .000 .250
1994 20 7 6 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .000 .143 .000 .143
1995 51 81 67 19 23 3 0 4 38 9 8 3 0 0 10 1 4 11 0 .343 .457 .567 1.024
1996 59 138 123 18 35 9 0 2 50 16 1 2 0 2 11 1 2 14 3 .285 .348 .407 .754
1997 80 203 180 23 49 14 1 3 74 13 1 5 1 1 19 2 2 31 3 .272 .347 .411 .758
1998 104 204 178 28 44 7 1 2 59 11 3 1 5 1 19 0 1 33 2 .247 .322 .331 .653
1999 112 217 198 24 54 7 0 7 82 16 3 1 7 1 9 1 2 27 1 .273 .310 .414 .724
2000 94 127 108 20 29 3 0 6 50 17 0 1 5 1 12 2 1 25 3 .269 .344 .463 .807
2001 66 80 66 9 18 2 0 1 23 4 0 0 2 1 10 0 1 13 0 .273 .372 .348 .720
2002 86 132 120 12 28 3 0 1 34 8 1 1 2 0 8 0 2 18 3 .233 .292 .283 .576
2003 73 134 120 12 34 4 0 4 50 19 1 0 1 2 9 0 2 23 4 .283 .338 .417 .755
2004 68 77 72 8 15 2 0 0 17 5 0 1 0 1 4 0 0 19 2 .208 .247 .236 .483
2005 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:14年 835 1429 1264 178 332 54 2 30 480 119 20 16 24 10 114 7 17 221 22 .263 .330 .380 .709

年度別守備成績[編集]

年度 一塁 三塁 外野
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
1993 - - 1 1 0 0 0 1.000
1994 10 17 1 0 1 1.000 - 2 0 0 0 0 -
1995 5 5 0 0 1 1.000 8 8 8 2 0 .889 16 17 0 0 0 1.000
1996 9 37 3 1 6 .976 23 13 33 3 4 .939 15 24 2 0 1 1.000
1997 1 6 0 0 2 1.000 47 17 55 1 2 .986 26 35 0 0 0 1.000
1998 15 23 1 0 1 1.000 55 24 55 5 5 .940 22 27 1 0 0 1.000
1999 20 37 2 0 2 1.000 45 36 62 5 5 .951 33 22 0 0 0 1.000
2000 21 53 1 1 4 .982 4 1 3 0 0 1.000 22 25 0 0 0 1.000
2001 5 7 0 0 1 1.000 8 3 9 0 2 1.000 18 9 1 0 0 1.000
2002 32 87 3 1 3 .989 19 7 17 2 2 .923 11 5 1 0 0 1.000
2003 16 51 5 0 4 1.000 11 5 13 0 1 1.000 23 19 0 0 0 1.000
2004 18 16 3 0 2 1.000 7 2 8 0 1 1.000 5 0 1 0 0 1.000
年度 二塁
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2000 1 1 2 0 0 1.000

ほか、1991年は失策3。

年度別監督成績[編集]

北信越BCリーグ
年度 チーム 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
2007年 新潟 4位 72 18 52 2 .257 39 .254 5.71 38歳
通算:1年 72 18 52 2 .257

記録[編集]

背番号[編集]

  • 50 (1988年 - 1998年、2007年)
  • 00 (1999年 - 2005年)
  • 105 (2014年)
  • 84 (2015年)
  • 100 (2016年 - )

登録名[編集]

  • 後藤 孝次 (ごとう こうじ、1988年 - 1991年)
  • 後藤 孝志 (ごとう こうじ、1992年 - )

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]