土田瑞起

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
土田 瑞起
Giants tsuchida 018.jpg
育成選手時代
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長崎県南高来郡千々石町(現:雲仙市
生年月日 (1990-01-01) 1990年1月1日(28歳)
身長
体重
181 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り NPB / 2011年 育成選手ドラフト2位
初出場 NPB / 2014年5月14日
年俸 800万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

土田 瑞起(つちだ みずき、1990年1月1日 - )は、長崎県南高来郡千々石町(現:雲仙市)出身のプロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

NPB入団以前[編集]

鎮西学院高校3年時に、春の県大会で準優勝。夏は、右肘痛の影響もありベスト8で敗退。打撃では、高校通算31本塁打を記録している。

高校卒業後は、地元球団である四国・九州アイランドリーグ長崎セインツに入団。トライアウトに行く際、一人ではいやだったので一緒に来たのが、水口大地だったという[2]

長崎時代には、2年目の2009年に、リーグ戦33試合に登板。5勝4敗7セーブ、リーグ3位の防御率2.16を記録するとともに、球団の前期優勝に貢献した。しかし、2010年シーズン終了後に球団が解散したため、リーグ内の救済ドラフトで愛媛マンダリンパイレーツへ移籍した。

2011年のプロ野球ドラフト会議読売ジャイアンツから2巡目で指名されたことを機に、育成選手として入団した。入団当初の背番号は018

NPB入団後[編集]

2012年には、中継ぎを中心に、イースタン・リーグ公式戦20試合に登板。2勝2敗、防御率2.44という成績を残した。

2013年には、イースタン・リーグ新記録の62試合に登板するとともに、防御率2.56をマーク[3]。シーズン終了後に派遣されたプエルトリコウィンターリーグでは、クローザーとして8試合に登板すると、防御率0.75、5セーブを記録した[3]

2014年には、春季キャンプを一軍でスタート。育成選手としては、球団史上初の快挙であった[3]3月1日支配下選手契約へ移行したことを機に、背番号を93に変更[4]5月14日の対東京ヤクルトスワローズ戦(ひたちなか市民球場)で、救援投手として一軍デビューを果たした。さらに、6月15日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(楽天Koboスタジアム宮城)では、チームの1点ビハインドで迎えた8回裏2死1・2塁の場面で登板。藤田一也を初球で一塁へのゴロに抑えて交代すると、9回表にチームが逆転したため、一軍公式戦での初勝利を挙げた。NPBの一軍公式戦では史上35人目の1球勝利であったが、一軍での初勝利で記録したのは史上5人目であった[5]。なお、一軍公式戦全体では、12試合に登板。1勝0敗、防御率7.71という成績を残した。

2015年には、背番号を67に変更[6]。公式戦の開幕を初めて一軍で迎えると、一軍公式戦12試合の登板で、1勝0敗、防御率6.39を記録した。その一方で、イースタン・リーグ公式戦でも、リーグ最多の48試合に登板。13セーブを挙げたことから、最多セーブ投手のタイトルを獲得した[7]

2016年には、2年連続で開幕一軍入りを果たすと、4月3日の対広島東洋カープ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)で一軍初セーブを記録。しかし、同月下旬に出場選手登録を抹消される[8]と、8月に右肘の手術を受けた。手術後はリハビリに専念しているため、10月2日に球団から支配下選手契約の解除を通告された[8]が、11月21日に育成選手としての再契約に至った[9]

2017年は、育成選手として二軍で20試合に登板したが支配下選手登録には至らなかった。10月28日、球団から翌シーズンの契約を結ばないことを通知された[10]2017年10月31日、自由契約公示された[11]。11月15日の12球団合同トライアウトに参加、0被安打2奪三振0与四球の結果だった[12]

選手としての特徴・人物[編集]

最速150km/hのストレートと落差の大きいスライダーフォークが武器[3][13][14][15]。プロ入り前から制球力に課題がある[16]。また、投球の幅を広げるべく新たな変化球の習得にも取り組んでいる[17]

独立リーグ時代のシーズンオフは、給料が支払われないため、ニンジンを箱に詰めるアルバイトをしていた。そのため、ニンジンの善し悪しや種類を見分けることが出来るようになった[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 巨人 12 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 56 11.2 15 3 6 1 0 8 0 0 10 10 7.71 1.80
2015 11 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 57 12.2 14 1 6 0 0 13 0 0 9 9 6.39 1.63
2016 7 0 0 0 0 0 0 1 0 --- 38 8.1 12 0 3 0 0 6 2 0 6 6 6.48 1.80
NPB:3年 30 0 0 0 0 2 0 1 0 1.000 151 32.2 41 4 15 1 0 27 2 0 25 25 6.89 1.71
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB初記録
NPBその他の記録
  • 1球勝利投手:2014年6月15日、対東北楽天ゴールデンイーグルス4回戦(楽天Koboスタジアム宮城)、8回裏に藤田一也を一塁ゴロ ※史上35人目[18]
  • 1球勝利がプロ初勝利 ※史上5人目[18]

独立リーグでの投手成績[編集]








































2008 長崎 3.74 21 3 3 0 0 0 0 65.0 291 63 2 48 40 6 38 27
2009 2.16 33 5 4 7 1 1 0 87.0 369 76 2 94 36 2 27 21
2010 2.46 37 3 10 5 1 0 0 91.1 379 76 2 81 29 6 29 25
2011 愛媛 4.35 25 5 4 1 1 0 0 82.2 369 82 4 68 45 1 48 40
通算:4年 3.12 116 16 21 13 3 1 0 326.0 1408 297 10 291 150 15 142 113

背番号[編集]

  • 20 (2008年 - 2011年)
  • 018 (2012年 - 2013年)
  • 93 (2014年)
  • 67 (2015年 - 2016年)
  • 016 (2017年)

脚注[編集]

  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年11月21日閲覧。
  2. ^ アイランドリーグ出身選手たちは今 〜土田瑞起(巨人)編〜 - SPORTS COMMUNICATIONS(2013年2月7日)
  3. ^ a b c d e 3年目右腕・土田、G育成初の1軍キャンプ大抜擢! 最速148キロで勝負”. スポーツ報知 (2014年1月16日). 2014年1月19日閲覧。
  4. ^ 土田瑞起投手が支配下選手登録 背番号「93」で新たなスタート巨人球団公式サイト2014年3月1日配信
  5. ^ 週刊ベースボール2014年6月30日号97ページ
  6. ^ 新背番号のお知らせ 読売ジャイアンツ公式サイト (2014年12月24日) 2014年12月24日閲覧
  7. ^ 2015年度 イースタン・リーグ リーダーズ(投手部門)日本野球機構 2015年10月6日
  8. ^ a b “【巨人】戦力外通告の土田、トライアウト受験へ”. スポーツ報知. (2016年10月5日). http://www.hochi.co.jp/giants/20161005-OHT1T50215.html 
  9. ^ “巨人土田 育成で再契約 8月に右肘手術”. 日刊スポーツ. (2016年11月21日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1741195.html 2016年11月21日閲覧。 
  10. ^ 2017年10月28日 - 読売ジャイアンツ情報部twitter
  11. ^ 自由契約選手(育成選手)|2017年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2017年10月31日). 2017年11月1日閲覧。
  12. ^ “12球団合同トライアウトの結果詳細、プレー機会求める51選手の成績は…”. Full-Count. (2017年11月16日). https://full-count.jp/2017/11/16/post93076/ 2017年11月16日閲覧。 
  13. ^ 愛媛MP・土田選手 「素直にうれしい」 巨人から育成指名”. asahi.com (2011年10月28日). 2011年11月26日閲覧。
  14. ^ 12失点惨敗も収穫あり…巨人育成右腕が2回零封 原監督高評価”. スポニチ Sponichi Annex (2014年2月19日). 2014年4月4日閲覧。
  15. ^ a b c 土田、自己最速150キロ3度計測! プロ初登板で1回1失点”. スポーツ報知 (2014年5月15日). 2014年5月17日閲覧。
  16. ^ 巨人・土田瑞起「どん底から支配下へ」アイランドリーグ出身選手たちは今 2013年Vol.2 1/3 2013年02月17日 スポーツコミュニケーションズ
  17. ^ 巨人・土田瑞起「どん底から支配下へ」アイランドリーグ出身選手たちは今 2013年Vol.2 2/3 2013年02月17日 スポーツコミュニケーションズ
  18. ^ a b c 育成出身で初! 巨人・土田、1球でプロ初勝利「疲れました」”. スポニチ Sponichi Annex (2014年6月16日). 2014年6月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]