廣田浩章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
廣田 浩章
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県萩市
生年月日 (1964-02-26) 1964年2月26日(54歳)
身長
体重
175 cm
89 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 1985年 ドラフト2位
初出場 1987年6月6日
最終出場 2000年8月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

廣田 浩章(ひろた ひろあき、1964年2月26日 - )は、山口県萩市出身の元プロ野球選手投手)。旧登録名は広田 浩章

現在は福岡ソフトバンクホークススコアラー

来歴・人物[編集]

萩商高から、社会人野球の電電中国(1985年度よりNTT中国)に進む。

1983年都市対抗日本鋼管福山の補強選手として出場。翌1984年都市対抗川崎製鉄水島に補強され、岩手銀行との1回戦ではリリーフで好投、初勝利を飾る。しかし、2回戦では北海道拓殖銀行に打ち込まれ敗戦投手となった。翌年もNTT中国のリリーフエースとして3年連続で都市対抗出場を果たす[1]

1985年ドラフト会議にて読売ジャイアンツから2位指名を受けて入団。2年目の1987年から中継ぎとして起用され、同年は30試合に登板。1989年、150km/h近い快速球を投げるのにもかかわらずコントロールも良いという特長を当時の藤田元司監督に見込まれ、それまで抑え役だった鹿取義隆に代わって抑えで活躍。ナックルカーブ(当時はナックルと言われていた)を武器に、同年は8勝11セーブを記録した。

その後は故障に苦しみ、1994年オフに巨人から戦力外通告を受け、阪神タイガースの入団テストを受けて合格するも、恩師の王貞治監督に誘われ福岡ダイエーホークスに入団。ダイエーでは、打球が足に直撃して骨折するなどの不運にも見舞われ、公式戦で登板機会は在籍2年間で18試合に留まった。1996年オフに二度目の戦力外通告を受け、ヤクルトスワローズの入団テストを受けて合格

1997年野村克也監督のもと中継ぎとして見事復活し、リーグ優勝に貢献した。投法もそれまでの担ぐようなオーバースローからサイドスロー気味のスリークォーターに変え、野村からシュート(それまでも投げることはできたが積極的には用いていなかった)を武器にするように指示されそのシュートが活躍のきっかけになった。この年は廣田以外にも小早川毅彦野中徹博といった他球団を自由契約となった選手が活躍し、野村再生工場がフル稼働した年でもあった。

1998年も52試合に登板して、前年を上回る防御率2.56を記録した。前年の抑え・伊藤智仁の先発復帰、抑えの高津臣吾の不調により、抑え投手としても起用され、チーム最多の7セーブをマークした。

1999年オフ、結果は残したもののチームの若返りのため三度目の戦力外通告を受けた。横浜ベイスターズ[2]大阪近鉄バファローズの入団テストを受け近鉄のテストに合格、入団したがヤクルト時代のような活躍はできず翌2000年オフに4度目の戦力外通告を受け現役を引退

翌年の2001年からダイエー(現ソフトバンク)の打撃投手2011年まで務め、現在はスコアラーを務めている。

在籍した4球団全て戦力外通告、自由契約となった珍しい選手である(同様のケースで近鉄 - 日本ハム - 阪神 - ダイエーでプレーした柴田佳主也がいるが、こちらは4年連続自由契約。移籍はすべてテスト入団)。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1987 巨人 30 0 0 0 0 1 2 0 -- .333 173 46.0 29 3 11 0 2 32 0 0 9 9 1.76 0.87
1988 33 0 0 0 0 2 1 1 -- .667 202 45.2 52 4 20 3 2 47 4 0 24 18 3.55 1.58
1989 36 0 0 0 0 8 1 11 -- .899 201 49.2 43 1 16 3 0 45 1 0 16 13 2.36 1.19
1990 15 1 0 0 0 3 1 2 -- .750 127 31.1 21 1 14 0 3 21 1 0 6 6 1.72 1.12
1991 12 2 1 0 0 1 2 2 -- .333 137 31.2 34 3 14 0 1 18 0 1 20 18 5.12 1.52
1992 30 3 0 0 0 3 2 3 -- .600 293 68.2 67 1 24 0 5 38 2 0 25 23 3.01 1.33
1995 ダイエー 16 0 0 0 0 0 1 1 -- .000 69 14.2 18 1 10 1 0 12 1 0 7 7 4.30 1.91
1996 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 4 1.0 1 1 0 0 0 0 1 0 1 1 9.00 1.00
1997 ヤクルト 59 0 0 0 0 1 0 3 -- 1.000 267 63.0 58 3 27 1 3 37 3 1 19 19 2.71 1.35
1998 52 0 0 0 0 4 2 7 -- .667 230 56.1 53 2 12 0 2 22 2 3 19 16 2.56 1.15
1999 37 0 0 0 0 3 3 0 -- .500 171 40.1 44 2 14 1 0 14 1 1 17 13 2.90 1.44
2000 近鉄 20 0 0 0 0 3 4 0 -- .429 99 20.1 25 0 13 2 0 3 1 0 18 13 5.75 1.87
通算:12年 342 6 1 0 0 29 19 30 -- .604 1973 468.2 445 22 175 11 18 289 17 6 181 156 3.00 1.32
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 28 (1986年 - 1994年)
  • 45 (1995年 - 1996年)
  • 14 (1997年 - 1999年)
  • 51 (2000年)
  • 105 (2001年 - 2011年)

登録名[編集]

  • 広田 浩章 (ひろた ひろあき、1986年 - 1993年)
  • 廣田 浩章 (ひろた ひろあき、1994年 - 2000年)

脚注[編集]

  1. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  2. ^ 1996年オフにも横浜の入団テストを受け、当時監督の大矢明彦にシュートを評価され一旦合格が内定したものの既に広島から鈴木健の移籍獲得が決まっていた都合上廣田とは契約できず、やむなく不合格としたことを後に大矢が明らかにしている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]