小坂佳隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小坂 佳隆
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市
生年月日 1935年10月12日
没年月日 (1987-03-01) 1987年3月1日(51歳没)
身長
体重
174 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 1958年
初出場 1958年4月5日
最終出場 1965年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小坂 佳隆(こさか よしたか、1935年10月12日 - 1987年3月1日)は、神奈川県出身で、広島カープに在籍したプロ野球選手二塁手)。愛称は「ピョンちゃん[1]

経歴[編集]

法政二高では2年生の時、二塁手として1952年夏の甲子園に出場。1回戦で新宮に敗退[2]。1年上のチームメートに斎田忠利中堅手大映)、同期に中村忠男一塁手広島)がいた。卒業後は斎田と同じく法政大学に進学[1]東京六大学リーグでは優勝に届かなかったが、1年生の秋から強肩俊足の二塁手として活躍し、当時の東京六大学野球で戦後最高の二塁手と呼ばれるほどのスター選手だった[1]。リーグ通算98試合出場、344打数74安打、打率.215、0本塁打、24打点。ベストナイン1回。

1958年にこの当時まだ田舎球団であった広島カープが、広島初のスター選手として獲得した[1]。引退した金山次郎の後継として、1年目からレギュラー二塁手として活躍、規定打席(20位、打率.235)にも達する。天才的とも言われた守備で1962年ベストナインを獲得[1]。その後の活躍も期待されていたが肉体的な衰えが激しくなり、試合の出番が少なくなっていった[1]1965年にわずか30歳で8年の現役生活に別れを告げた[1]。その後監督候補の呼び声もあったが、少しも未練を見せずに球界を去った[1]。その後、地元の横浜市ウナギ屋を営んでいたが、1987年3月1日脳出血で死去[1]。享年51。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1958 広島 128 527 477 42 112 20 4 4 152 41 14 9 8 3 35 2 4 68 6 .235 .293 .319 .611
1959 95 386 349 46 97 12 2 6 131 40 22 7 3 1 29 0 4 40 2 .278 .340 .375 .716
1960 112 400 371 26 88 9 5 5 122 32 10 6 3 1 22 2 3 65 5 .237 .285 .329 .614
1961 111 440 407 29 104 11 3 4 133 27 8 6 12 1 16 0 4 59 7 .256 .290 .327 .617
1962 126 500 467 44 117 14 5 3 150 33 16 11 1 2 26 1 4 58 8 .251 .296 .321 .617
1963 106 304 277 13 55 12 1 1 72 23 4 2 7 3 16 1 1 38 8 .199 .245 .260 .505
1964 69 129 118 5 17 1 0 2 24 12 3 0 2 2 6 1 1 19 4 .144 .192 .203 .395
1965 17 16 16 1 3 0 0 0 3 0 1 0 0 0 0 0 0 3 0 .188 .188 .188 .375
通算:8年 764 2702 2482 206 593 79 20 25 787 208 78 41 36 13 150 7 21 350 40 .239 .288 .317 .605

タイトル[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 4 (1958年 - 1965年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i カープ50年 夢を追って、中国新聞社、1999年11月、P68
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]