本村信吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本村 信吾
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県
生年月日 (1963-08-03) 1963年8月3日(54歳)
身長
体重
171 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1986年 ドラフト6位
初出場 1989年5月21日
最終出場 1990年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

本村 信吾(もとむら しんご、1963年8月3日 - )は、宮崎県出身の元プロ野球選手外野手)。

経歴[編集]

都城高から熊本鉄道管理局を経て、1986年にドラフト6位で中日に入団。1988年11月、片平哲也と共に、片岡光宏斎藤浩行との2対2トレードで広島に移籍し、翌1989年には一軍初出場を果たした。

1990年6月には榊原聡一郎と共に、西清孝松井隆昌との2対2の交換でダイエーに移籍し、外野の守備固めを中心に自己最高の38試合に出場したが、1991年12月に同球団のドラフト10人指名の余波を受け大塚賢一山田武史とともに保留選手名簿に記載されたにもかかわらず解雇通告を受け退団した。本村は提訴し参稼報酬同額の補償裁定(1991年の年俸と同額)を勝ち取り、同じく山田は参稼報酬の9割相当額(1991年の年俸の9割)で和解が成立しているが、大塚は現役続行を希望し広島のテストを受け合格し入団した。

上記の経緯から現役を引退した後は、昭和コンクリート工業に勤務。その一方で、宮崎県社会人野球クラブチーム宮崎ゴールデンゴールズにおいて、チームの発足から8年間にわたってコーチを務めた。

2014年から、宮崎県の社会人野球・企業チームの宮崎梅田学園のコーチに就任。ボーイズリーグに加盟する「小林ボーイズ」の監督[1]も務めている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1989 広島 15 2 1 3 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 1 0 0 0 0 .000 .500 .000 .500
1990 ダイエー 38 31 27 4 5 1 0 0 6 0 0 0 0 0 4 0 0 6 0 .185 .290 .222 .513
通算:2年 53 33 28 7 5 1 0 0 6 0 0 2 0 0 5 0 0 6 0 .179 .303 .214 .517

記録[編集]

背番号[編集]

  • 35 (1987年 - 1988年)
  • 41 (1989年 - 1990年途中)
  • 65 (1990年途中 - 同年終了)
  • 49 (1991年)

脚注[編集]

  1. ^ 小林ボーイズ”. 2012年4月15日閲覧。

関連項目[編集]