木村竹志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
石井 毅
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県有田市
生年月日 (1961-07-10) 1961年7月10日(57歳)
身長
体重
172 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1982年 ドラフト3位
初出場 1983年6月11日
最終出場 1987年10月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

石井 毅(いしい たけし、1961年7月10日 - )は、和歌山県有田市出身の元プロ野球選手投手)、監督実業家。本名:木村 竹志(いしい たけし)。

来歴・人物[編集]

1979年箕島高校では一年生秋にアンダースローに転向してエースとなる。嶋田宗彦(のち阪神)とバッテリーを組み、甲子園連覇を達成した。特に夏の選手権大会3回戦では星稜高校延長18回の名勝負を繰り広げた。甲子園では通算14勝。

卒業後、嶋田と共に住友金属に入社。第53回都市対抗野球大会で優勝し、自身も橋戸賞を受賞した。

1982年のドラフト会議西武ライオンズに3位指名され契約金6000万円、年俸580万円(金額は推定)で入団した[1]。プロ入り後は腰痛が原因で、十分な成績を残すことが出来ず活躍できず。1984年はアメリカ1A・サンノゼ・ビーズに野球留学した。1988年限りで引退。

引退後は夫人の実家である木村家の養子となり、姓名判断により現在の名前に改める[2]。故郷・和歌山で少年野球指導で活躍。2003年12月24日、和歌山野球振興協会・夢クラブを設立し、同協会が運営する「和歌山スポーツアカデミー」理事長をつとめ、その他様々な協会・委員会に名を連ね、青少年の育成に努める。

2007年11月、夢クラブなど3つのNPOが協力してプロ野球独立リーグ)への参加を目指すクラブ野球チーム紀州レンジャーズ2009年より関西独立リーグに参加)の設立構想が明らかとなり、12月3日に設立準備委員会が記者会見を開いて構想を発表した[3]。木村は設立準備委員会の委員長を務めることが明らかにされた。2008年にチームが発足すると監督に就任。6月、チームの運営会社となる株式会社紀州レンジャーズの取締役球団代表に就任することが発表された。11月、翌年のプロ化へ合わせ、監督は藤田平に交代し、球団代表専任となる。

2009年6月17日、関西独立リーグの運営会社「株式会社ステラ」の撤退に関連して、新たに設立されたリーグ運営会社「株式会社関西独立リーグ」の代表取締役に就任したが、8月10日三重スリーアローズ代表の壁矢慶一郎に交代することが発表された。しかし、壁矢は選手の待遇方針をめぐる意見の相違を理由に10月2日に代表を辞任(三重もリーグを脱退)したため、10月5日に木村が代表代行に就任することが発表された。リーグの代表は今後外部から招聘するとしていた。2010年3月に、鳥居厚生が代表となったがそのシーズン限りで退任、以降は木村がリーグ解散まで代表を務めていた。

2009年12月4日、退任した藤田の後任として監督に復帰することが発表された。監督としての登録名は旧名の「石井毅」となった[4]。2013年のリーグの解散まで監督を務めた。

その後、2013年に兵庫ブルーサンダーズが進めようとした芦屋学園との提携にリーグ代表として木村が反対したことから、関西独立リーグはその年限りで解散した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1983 西武 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 15 4.0 0 0 3 0 0 3 0 0 0 0 0.00 0.75
1984 18 0 0 0 0 0 2 0 -- .000 182 43.0 46 7 12 0 4 27 0 0 24 22 4.60 1.35
1985 16 0 0 0 0 2 0 1 -- 1.000 123 29.2 26 5 12 1 1 19 0 0 13 13 3.94 1.28
1986 42 0 0 0 0 5 1 2 -- .833 235 57.2 48 5 19 2 1 46 0 0 17 16 2.50 1.16
1987 7 0 0 0 0 1 1 1 -- .500 43 9.1 12 3 3 0 0 9 0 0 7 7 6.75 1.61
通算:5年 85 0 0 0 0 8 4 4 -- .667 598 143.2 132 20 49 3 6 104 0 0 61 58 3.63 1.26

記録[編集]

背番号[編集]

  • 32 (1983年 - 1988年)
  • 33 (2010年 - 2013年)

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞、1982年12月16日付朝刊、19面、14版
  2. ^ 理想は地域密着の「ボールパーク」…木村竹志さん”. ZAKZAK (2009年6月25日). 2011年10月15日閲覧。
  3. ^ 来春、県内でプロ野球チーム結成 独立リーグ参入目指す”. 紀伊民報. 2007年12月3日閲覧。
  4. ^ 関西独立リーグの紀州 木村代表が監督を兼任”. スポーツニッポン. 2009年12月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]