戸田隆矢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
戸田 隆矢
広島東洋カープ #53
Toda takaya.jpg
2013年7月18日、こまちスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県神戸市
生年月日 1993年6月10日(22歳)
身長
体重
180 cm
69 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 ドラフト3位
初出場 2012年9月12日
年俸 1,970万円(2016年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

戸田 隆矢(とだ たかや、1993年6月10日 - )は、広島東洋カープに所属するプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

兵庫県神戸市出身。樟南高では、1年時にチームが第91回全国高等学校野球選手権大会に出場するも、自身はベンチ外であった。2年時からエースとなり、同年夏は鹿児島県予選決勝で鹿児島実業高に1-3で敗れ準優勝。「九州No.1左腕」の異名を取るようになり挑んだ3年夏だったが、鹿児島県予選準々決勝の神村学園高戦で7回途中に10点目を奪われ3-10(7回コールド)で敗退した[1]。甲子園出場経験はなし。

2011年10月27日プロ野球ドラフト会議広島東洋カープから3位指名を受けた[2]。広島が指名した2011年ドラフト指名選手では唯一の高校生であった。

2012年

2012年は二軍で11試合に登板し、4勝2敗、防御率3.27と好投。9月12日に左の先発が手薄だったチーム状況もあり、一軍初昇格。同日の巨人戦でプロ初登板初先発を果たし、3回2失点と好投したが、敗戦投手となった[3]

2014年、7月16日のDeNA戦で先発し、プロ初勝利を挙げる。シーズン後半は中継ぎに回り、8HPを挙げた。

2015年シーズンは春季キャンプで精彩を欠き、2軍再調整となり開幕1軍スタートを逃す。その間の2軍戦で7試合に登板し6勝無敗、防御率1点台と安定感を取り戻し5月4日に1軍昇格。5月8日、黒田博樹が右くるぶしの炎症で登録抹消され、黒田が先発予定だった同日の阪神戦(甲子園)に2軍での好成績を買われ、代役で先発(結果は6回2失点で初白星)。それ以降は再びリリーフに回り、主にロングリリーフ要員としてチームを支え、8月下旬以降は先発の駒不足というチーム事情から先発に再転向した。 2014年にドラフト会議で1位指名され入団した野間峻祥とは中学校時代に所属した神戸須磨クラブで、1学年違いのチームメートだった。

プレースタイル・人物[編集]

180cmの身長から繰り出す最速149km/h[4]ストレートが武器。変化球は、スライダーに自信を持っている[5]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 広島 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 15 3.0 4 0 2 0 0 0 0 0 2 2 6.00 2.00
2013 3 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 28 4.1 9 1 6 0 1 4 0 0 6 6 12.46 3.69
2014 30 5 0 0 0 4 2 0 6 .667 243 57 59 7 22 0 2 36 3 0 24 21 3.32 1.42
通算:3年 34 6 0 0 0 4 4 0 6 .500 286 64.1 72 8 30 0 3 40 3 0 32 29 4.06 1.59
  • 2014年シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初打席・初安打:2012年9月12日、対読売ジャイアンツ20回戦(東京ドーム)、3回表に笠原将生から遊撃内野安打
  • 初打点:2014年7月31日、対中日ドラゴンズ14回戦、(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、2回裏に伊藤準規から左前適時打

背番号[編集]

  • 53 (2012年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 九州NO.1左腕 戸田 KO/鹿児島大会”. nikkansports.com (2011年7月21日). 2012年5月20日閲覧。
  2. ^ 2011年プロ野球ドラフト会議 交渉権獲得!”. 広島東洋カープ (2011年10月27日). 2012年5月20日閲覧。
  3. ^ “ドラ3戸田、悔しいデビュー戦…19歳にG打線厳しい洗礼”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年9月12日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/09/12/kiji/K20120912004101140.html 2013年4月26日閲覧。 
  4. ^ 広島 戸田が肉体改造 150キロ超目指す”. 日刊スポーツ (2014年12月1日). 2014年12月17日閲覧。
  5. ^ 広島から3位指名 樟南・戸田投手「高い順位 びっくり」”. asahi.com (2011年10月28日). 2012年5月20日閲覧。

関連項目[編集]