榎本葵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
榎本 葵
東京ヤクルトスワローズ #64
A enomoto20140425.jpg
楽天時代
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県川崎市多摩区
生年月日 (1992-07-24) 1992年7月24日(25歳)
身長
体重
179 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 2010年 ドラフト4位
初出場 2012年5月26日
年俸 500万円(2017年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

榎本 葵(えのもと あおい、1992年7月24日 - )は、神奈川県川崎市多摩区出身のプロ野球選手外野手)。東京ヤクルトスワローズに所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小1から野球を始め、リトルシニアでは投手外野手として全国優勝を果たす。九州国際大付高時代は、2009年夏の甲子園に4番打者として出場。高校通算47本塁打[1]。広角に長打を打てる上にかなり脚が速いところから「九州のイチロー」と呼ばれた[1]。2学年先輩に二保旭、1学年先輩に河野元貴、1学年後輩に三好匠高城俊人がいる。

2010年のプロ野球ドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルスから4巡目で指名[2]。契約金3,000万円、年俸600万円(金額は推定)という条件で入団した。入団当初の背番号は36

楽天時代[編集]

2011年には、一軍昇格の機会はなかったものの、イースタン・リーグ公式戦36試合に出場。少ない打数ながら、打率3割を記録した[1]

2012年には、自身と同じ左打ちでレギュラー外野手の鉄平が右肩の痛みを訴えたことから、鉄平に代わって5月26日にプロ入り後初の一軍選手登録を果たした[3]。以降の試合では、プロ初安打を放ったほか、スタメンでも出場。6月6日に鉄平が一軍へ復帰した後も、同月18日に出場選手登録を抹消されるまで、引き続き一軍へ帯同していた。7月19日にHARDOFF ECOスタジアム新潟で開かれたフレッシュオールスターゲームでは、イースタン・リーグ選抜の3番・右翼手としてフル出場。4打数2安打の活躍で優秀選手賞を獲得した[4]

2013年には、2月のオープン戦の試合前に、他の選手による遠投の球で右頬を骨折。その影響で、開幕から二軍での調整を余儀なくされた。一軍のレギュラー外野手・聖澤諒の負傷によって、8月21日にこの年初めて一軍登録。8月25日の対千葉ロッテマリーンズ戦(Kスタ宮城)では、8回裏に4番打者・アンドリュー・ジョーンズの代走で出場してから、9回裏に迎えたこの年初打席で右中間へサヨナラ安打を放った。この安打では、一軍での初打点を挙げている[5]

2014年には、春季キャンプから一軍への帯同を続けた結果、自身初の開幕一軍登録を果たした。レギュラーシーズン通算では、代走や守備要員を中心に、一軍公式戦24試合に出場した。また、シーズン終了後に開催された第1回21U野球ワールドカップでは、オーバーエイジ枠日本代表のメンバーに招集。全8試合に先発で出場するとともに、20打数5安打2打点13四球という成績でチームの準優勝に貢献した[6]

2015年には、一軍公式戦15試合へ出場。4試合でスタメンに起用されたほか、3得点を記録したが、打撃面では18打数1安打(打率.056)という成績にとどまった。10月にはフェニックス・リーグに参加[7]したが、球団は10月26日に榎本の支配下選手契約を解除[8]11月19日には、育成選手として球団と再び契約を結ぶとともに、背番号を036に変更した[9]

2016年には、イースタン・リーグ公式戦60試合に出場。1本塁打、16打点、3盗塁、打率.287という成績を残した。しかし、支配下登録選手への復帰を果たせないまま、10月1日に球団から戦力外通告を受けた[10]10月31日NPBから自由契約選手として公示[11]されたが、NPB他球団での現役続行を希望していたため、11月12日には12球団合同トライアウト阪神甲子園球場)に参加。シートバッティング形式の対戦で、5人の投手を相手に、5打数1安打1四球2三振という結果を残した[12]

ヤクルト時代[編集]

2016年11月25日に、東京ヤクルトスワローズが榎本の獲得を発表した[13]。支配下登録選手としての契約で、背番号は64

2017年10月3日に球団から自身2度目の戦力外通告を受けた[14]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2012 楽天 16 22 19 3 3 0 1 0 5 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 .158 .273 .263 .536
2013 13 11 11 1 1 1 0 0 2 2 0 0 0 0 0 0 0 5 0 .091 .091 .182 .273
2014 24 23 21 1 3 1 1 0 6 0 0 2 1 0 1 0 0 8 0 .143 .182 .286 .468
2015 15 19 18 3 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 5 0 .056 .105 .056 .161
2017 ヤクルト 9 8 7 3 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 4 0 .143 .250 .143 .393
NPB:5年 77 83 76 11 9 2 2 0 15 2 0 2 1 0 6 0 0 23 0 .118 .183 .197 .380
  • 2017年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]


外野
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2012 13 10 1 0 0 1.000
2013 8 7 0 1 0 .875
2014 21 18 1 0 0 1.000
2015 12 10 1 1 0 .917
通算 54 45 3 2 0 .960
  • 2016年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 36 (2011年 - 2015年)
  • 036 (2016年)
  • 64 (2017年 - )

登場曲[編集]

  • 『Happiness』(2011年)
  • 『合鍵』BREATHE(2012年)
  • 『My Resistance -タシカナモノ-』Kis-My-Ft2(2013年 - 2015年)
  • 『愛すべき明日、一瞬と一生を』GReeeeN(2016年‐)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 週刊ベースボール2012年4月30日号 P65
  2. ^ 2010年ドラフト 東北楽天ゴールデンイーグルス
  3. ^ 楽天榎本が鉄平代役でプロ初出場(「日刊スポーツ」2012年5月27日付)
  4. ^ フレッシュオールスターに武藤・岡島・榎本の3選手が出場!東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト内2012年7月19日付ニュース)
  5. ^ 楽天 榎本 プロ初打点で劇的サヨナラ 2軍で実績「魂で打ちました!」スポーツニッポン2013年8月25日配信
  6. ^ “【楽天】榎本、21U準優勝の原動力!20打数13四球自信の選球眼”. スポーツ報知. (2014年11月21日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20141120-OHT1T50217.html 2015年2月4日閲覧。 
  7. ^ “楽天島内ら18選手がフェニックス・リーグに参加”. 日刊スポーツ. (2015年10月3日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1547883.html 2015年10月26日閲覧。 
  8. ^ 来季の支配下選手契約に関して 東北楽天ゴールデンイーグルス・オフィシャルサイト 2015年10月26日
  9. ^ “来季の育成選手契約に関して”. http://www.rakuteneagles.jp/news/detail/5895.html 東北楽天ゴールデンイーグルス・オフィシャルサイト 2015年11月19日
  10. ^ 来季の選手契約に関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト (2016年10月1日). 2016年10月1日閲覧。
  11. ^ 自由契約選手(育成選手)”. 日本野球機構公式サイト (2016年10月31日). 2016年11月1日閲覧。
  12. ^ “65人が参加/12球団合同トライアウト詳細”. 日刊スポーツ. (2016年11月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1736002.htmlv 2016年11月13日閲覧。 
  13. ^ 選手獲得のお知らせ”. 東京ヤクルトスワローズ公式サイト (2016年11月25日). 2016年11月25日閲覧。
  14. ^ 戦力外通告について”. 東京ヤクルトスワローズ公式サイト (2017年10月3日). 2017年10月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]