中村真崇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中村 真崇
2011.04.29中村真崇.jpg
香川オリーブガイナーズ時代
(2011年4月29日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県北九州市
生年月日 (1983-11-07) 1983年11月7日(34歳)
身長
体重
183 cm
92 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り NPB / 2011年 育成選手ドラフト2位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

中村 真崇(なかむら まさたか、1983年11月7日 - )は、福岡県北九州市出身の元プロ野球選手外野手)。右投右打。

経歴[編集]

東筑高時代は、甲子園出場経験は無し。同級生に山本翔(元広島東洋カープ)がいる。

高校卒業後は、関西学生野球連盟に加盟する立命館大学に進学。3年時の春に外野手のレギュラーに定着すると、4番を務めリーグ戦優勝に貢献。自身は、外野手でのベストナインに選出された。第53回全日本大学野球選手権大会に出場したが、初戦敗退に終わった。3年時の秋は、三塁手としてプレー。4年時は、主将としてチームを引っ張った。リーグ通算64試合に出場、204打数59安打、打率.289、2本塁打、23打点。

大学卒業後は、社会人野球JR東海に入社。1年目の2006年から、第77回都市対抗野球大会に出場するも2回戦で敗退。2年目の2007年は怪我で試合に出られず、また「プロを目指す場所ではない」というチーム方針の元でチームプレーばかりを徹底させる練習に疑問を感じ[1]、3年目の2008年途中に退社。

2008年9月3日、地元球団である四国・九州アイランドリーグ福岡レッドワーブラーズに入団。
2年目の2009年、4番として打率.361を記録。首位打者のタイトルを獲得し、一塁手でのベストナインに選出された。このときの打率.361は、当時リーグのシーズン記録であった[2]。同年のシーズン終了後、球団が経営難により翌シーズンからのリーグ戦参加の休止を表明していたため、それに伴う救済ドラフトで香川オリーブガイナーズへ移籍。

2010年は、5月に骨折で戦線離脱したものの、復帰してから首位打者争いを繰り広げる。最終戦で逆転され、2年連続での首位打者獲得はならなかったが、リーグ2位の打率.343の成績を挙げた。また、2年連続でベストナインに選出された。
2011年は、キャプテンとしてチームを引っ張り、打率.303、10本塁打を記録。また、外野手としてベストナインに選出された。

2011年10月27日、プロ野球ドラフト会議広島東洋カープから育成2位指名を受けた。同年11月7日、自身の誕生日に契約した[3]

2013年10月1日付で球団から戦力外通告を受けた[4]10月31日、自由契約公示された[5]

その後は現役を引退し、高知県に在住。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場無し

独立リーグでの打撃成績[編集]



































2008 福岡 9 29 2 7 1 1 0 4 1 0 0 4 0 3 .241
2009 80 302 53 109 22 3 11 54 7 0 0 39 3 44 .361
2010 香川 61 201 44 69 14 2 9 46 5 0 5 32 0 27 .343
2011 59 218 43 66 13 2 10 47 7 0 4 30 0 27 .303
通算:4年 209 750 142 251 50 8 30 151 20 0 9 105 3 101 .335
  • 各年度の太字はリーグ最高

独立リーグでのタイトル・表彰[編集]

タイトル
  • 首位打者:1回 (2009年)
表彰
  • ベストナイン:3回 (一塁手部門:2009年、2010年 外野手部門:2011年)

背番号[編集]

  • 55 (2008年)
  • 3 (2009年)
  • 33 (2010年)
  • 7 (2011年)
  • 127 (2012年 - 2013年)

脚注[編集]

  1. ^ 野球西国巡り:第91回 福岡・中村真崇「お手本は横浜・吉村」”. SPORTS COMMUNICATIONS (2009年12月1日). 2011年11月23日閲覧。
  2. ^ 2011年に愛媛マンダリンパイレーツ古卿大知が.372で更新。
  3. ^ 広島育成2位の中村真 28歳誕生日に契約”. スポニチ Sponichi Annex (2011年11月8日). 2011年11月23日閲覧。
  4. ^ 来季の選手契約について”. 広島東洋カープ公式サイト (2013年10月1日). 2013年10月3日閲覧。
  5. ^ 2013年度 自由契約選手(育成選手) 日本野球機構オフィシャルサイト 2013年11月3日閲覧。

関連項目[編集]