石田光彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石田 光彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県
生年月日 1915年10月25日
没年月日 1980年
身長
体重
173 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1936年
初出場 1936年
最終出場 1946年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

石田 光彦(いしだ みつひこ、1915年10月25日 - 1980年)は、山口県出身のプロ野球選手投手)。ノーヒットノーランを2度達成している。

来歴・人物[編集]

軟式野球の東京リーガル協会からテストを受け重松通雄とともに入団[1][2]。投球前に右手で胸の前で十字を切り[1]、ワインドアップから一度[1]、打者に背中を向ける「元祖トルネード投法」の選手だった[1]。 これは球威を増すためというより[1]、打者を幻惑するため[1]。投球フォーム途中で打者から目を切り[1]、スタンドを凝視することもあった[1]。1937年7月16日のセネターズ戦で球団初のノーヒット・ノーラン[1]、16勝を挙げた40年にも2度目のノーヒット・ノーランを達成した[1]。1941年に南海へ移籍[1]。1943年に大和軍へ移籍。1946年にゴールドスターにプロ復帰して球団最初の開幕投手を務めたが、同年に引退した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1936春夏 阪急 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 26 5.0 5 0 3 -- 0 4 0 0 5 2 3.60 1.60
1936 18 11 8 3 0 7 5 -- -- .583 509 127.2 85 0 56 -- 0 65 3 0 30 20 1.41 1.10
1937 23 14 6 1 1 8 6 -- -- .571 526 124.1 103 2 47 -- 0 56 2 1 50 39 2.81 1.21
1937 20 11 7 0 1 5 4 -- -- .556 481 114.0 96 4 53 -- 0 46 1 1 42 35 2.76 1.31
1938 12 8 6 0 0 5 4 -- -- .556 304 74.0 53 4 37 -- 1 29 1 0 30 26 3.16 1.22
1938 16 10 9 1 1 7 6 -- -- .538 456 113.0 80 3 45 -- 2 51 0 0 36 30 2.39 1.11
1939 30 19 9 3 0 8 7 -- -- .533 653 151.2 117 3 95 -- 2 64 0 0 57 45 2.66 1.40
1940 43 30 18 4 1 16 13 -- -- .552 1137 283.2 173 3 132 -- 4 97 5 0 80 53 1.68 1.08
1941 南海 28 18 6 3 0 6 7 -- -- .462 574 140.0 79 1 91 -- 3 52 1 0 30 15 0.96 1.21
1942 35 22 9 0 0 6 12 -- -- .333 793 184.0 133 4 121 -- 2 63 1 1 73 48 2.35 1.38
1943 大和 37 26 14 0 0 11 13 -- -- .458 995 234.2 175 3 147 -- 2 83 0 0 90 79 3.03 1.37
1946 ゴールドスター 36 25 16 2 0 12 16 -- -- .429 1006 222.1 228 9 121 -- 2 105 1 0 128 93 3.75 1.57
通算:9年 300 194 108 17 4 91 93 -- -- .495 7460 1774.1 1327 36 948 -- 18 715 15 3 651 485 2.46 1.28
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

  • ノーヒットノーラン:2回 ※史上3人目
    • 1937年7月16日、対東京セネタース戦、洲崎球場
    • 1940年8月22日、対ライオン戦、大連満倶球場
  • イニング最多連続与四球:5 (1943年5月2日) ※日本記録

背番号[編集]

  • 3 (1936年 ‐ 1942年)
  • 20 (1943年)
  • 14 (1946年)

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 阪急ブレーブス黄金の歴史 [永久保存版] よみがえる勇者の記憶 1936-1988、ベースボール・マガジン社、2011年、P35
  2. ^ 永井正義『勇者たち=人物阪急球団史=』1978年、現代企画室、17-18頁