エド・ヤーナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エド・ヤーナル
Ed Yarnall
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州リマ
生年月日 (1975-12-04) 1975年12月4日(43歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
235 lb =約106.6 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1996年 MLBドラフト3巡目
初出場 MLB / 1999年7月15日
NPB / 2001年4月16日
最終出場 MLB / 2000年7月6日
NPB / 2002年9月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ハーベイ・エドワード・ヤーナルHarvey Edward "Ed" Yarnall , 1975年12月4日 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

1996年のMLBドラフト3巡目でニューヨーク・メッツに入団。1999年7月15日、ニューヨーク・ヤンキースメジャーデビュー。メジャー経験はヤンキース時代の2年間だけあったが、当時は先発ローテーション定着も期待されており、1999年オフの伊良部放出にも影響した。

2001年4月2日オリックス・ブルーウェーブへの入団が決まり[1]、伸びのある速球で先発投手として期待された[2]9月11日アメリカ同時多発テロ事件の翌日に初完投勝利を挙げるなどタフな面を見せ[3]、同年は4勝を記録した。

2002年は前年の勝ち頭だった加藤伸一の移籍などもあり、チーム初の外国人開幕投手に選ばれた。金田政彦具臺晟とともに左腕3本柱として活躍し、防御率3.61で個人投手成績10位に入ったものの、打線の援護がなく6勝に終わる。左肩の張りで9月20日に一軍登録を抹消されると、野手の補強を目指すチーム方針もあってそのまま退団となった[4]近鉄梨田昌孝監督などが獲得に興味を示した[5]が、2003年1月17日オークランド・アスレチックスと年俸60万ドル+ボーナス最大33万5千ドルで契約を結んでいる[6]

2006年までマイナーリーグの3Aでプレーし、2007年6月12日には米独立リーグアトランティックリーグに加盟しているロングアイランド・ダックスと契約を結んだ。同年をもって現役を引退している。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1999 NYY 5 2 0 0 0 1 0 0 0 1.000 77 17.0 17 1 10 0 0 13 0 0 8 7 3.71 1.59
2000 2 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 16 3.0 5 1 3 0 1 1 0 0 5 5 15.00 2.67
2001 オリックス 15 14 1 0 1 4 3 0 -- .571 316 73.1 52 7 47 0 3 82 3 0 35 32 3.93 1.35
2002 25 25 1 1 1 6 13 0 -- .316 695 164.1 149 13 62 3 10 120 4 2 70 66 3.61 1.28
MLB:2年 7 3 0 0 0 1 0 0 0 1.000 93 20.0 22 2 13 0 1 14 0 0 13 12 5.40 1.75
NPB:2年 40 39 2 1 2 10 16 0 -- .385 1011 237.2 201 20 109 3 13 202 7 2 105 98 3.71 1.30

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 52 (1999年)
  • 41 (2000年)
  • 29 (2001年 - 2002年)

脚注[編集]

  1. ^ 読売新聞、2001年4月3日付朝刊、P.23
  2. ^ 読売新聞、2001年4月17日付朝刊、P.19
  3. ^ 読売新聞、2001年9月13日付朝刊、P.23
  4. ^ 読売新聞、2003年1月22日付夕刊、P.2
  5. ^ 読売新聞、2002年10月9日付朝刊、P.27
  6. ^ 朝日新聞、2003年1月18日付夕刊、P.3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]