国貞泰汎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国貞 泰汎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県呉市
生年月日 (1944-01-01) 1944年1月1日(74歳)
身長
体重
165 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手三塁手
プロ入り 1962年
初出場 1964年
最終出場 1975年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

国貞 泰汎(くにさだ やすひろ、1944年1月1日 - )は、広島県呉市出身の元プロ野球選手内野手)。右投右打。愛称は「ゴリ」。

経歴[編集]

呉二河球場に近い山手町出身(藤村富美男鶴岡一人広岡達朗など呉出身の著名選手は皆、この近辺の出である)。この辺りは呉海軍工廠で働く人達が家を建てたところで、野球が盛んだったこの地区で国貞も野球を始める。呉港高校では、あまりに国貞が練習で飛距離を出すため、国貞のためにフェンスを作った逸話がある。1961年夏の甲子園県予選準決勝に進出するが、福富邦夫のいた広陵高に敗退し、甲子園には出場できなかった。高校同期に中城透(南海)、向井修三(国鉄)、一年下に永本勲二(南海)がいる。

1962年南海ホークスに入団。入団3年目の1964年には、6月から二塁手に定着しリーグ優勝に貢献。同年の阪神タイガースとの日本シリーズでも、第4戦で2安打2打点、第6戦では先制2点二塁打を放ち、チーム日本一に大きく寄与した。翌1965年には移籍入団のブルームと併用されるが、1966年には三塁手も兼ね、初の規定打席(12位、打率.264)に到達。読売ジャイアンツとの日本シリーズでは第1戦に高橋明から2点本塁打を放つ。同年と1968年パ・リーグベストナインを獲得(1966年は二塁手と三塁手でともに得票数1位となり、票数の多い二塁手で受賞。三塁手には、得票数2位のトニー・ロイが繰り上げ受賞)し、両年はオールスターゲームにも出場している。南海の1964年からの3年連続リーグ優勝に攻守にわたって貢献した。

向う気の強い選手で、二塁に滑り込んだ際ラフプレーで有名な巨漢のダリル・スペンサー阪急)の足を蹴り上げ、激怒させた事がある。また、「ワシは南海ホークスは大好きやけど、南海野球株式会社は大嫌いや。ワシの銭が安過ぎる」と言い放った事もある。(「さらば南海ホークス」より)

1970年古葉竹識との交換トレードで故郷広島東洋カープに移籍。ガッツ溢れるプレーでチームを牽引し、1971年にはセ・リーグのベストナインを獲得。翌1972年には自己最高打率.293をマークし、打撃ベストテン5位。独特のしゃがみ込み打法でバットを短く持ち、しぶとく右に流すバッティングは職人芸と言われた。また、ネアカキャラで人気があった。しかし1973年には打撃不振もあってマクガイアに二塁手の定位置を譲り、翌年は先発出場1試合のみに終わる。

1975年太平洋クラブライオンズに移籍。江藤慎一新監督のもと、いわゆる「山賊軍団」の一員となるが、期待されたほどの実績は残せず、同年限りで現役引退。同年に悲願の初優勝を果たした広島東洋カープにいられなかった事が最大の心残りと言っている。

1976年から1994年まで広島ホームテレビ野球解説者を務めた。現在は広島市内で居酒屋を経営、地元の少年野球チーム「ガッツ高陽」を長く指導している。現役時代は、ピラニア飼育という異色の趣味を持っていたことでも有名。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1964 南海 81 245 219 34 54 11 1 5 82 22 3 3 3 0 22 1 1 25 2 .247 .318 .374 .693
1965 115 315 301 23 74 9 1 5 100 19 0 3 1 0 11 0 2 41 2 .246 .277 .332 .609
1966 130 475 436 49 115 16 3 7 158 39 6 3 0 2 34 4 3 44 6 .264 .320 .362 .682
1967 129 454 420 36 115 19 3 11 173 45 5 6 0 4 27 1 3 35 10 .274 .319 .412 .731
1968 134 523 474 51 131 21 6 8 188 54 5 6 2 5 38 1 4 39 16 .276 .332 .397 .729
1969 127 499 448 44 118 22 1 9 169 49 4 3 1 1 46 1 3 35 12 .263 .335 .377 .713
1970 広島 116 371 321 35 82 10 0 4 104 27 7 9 7 3 35 0 5 51 7 .255 .335 .324 .659
1971 127 478 438 38 120 17 0 5 152 50 10 5 1 2 37 6 0 32 17 .274 .329 .347 .676
1972 113 420 372 29 109 16 0 2 131 22 9 3 5 0 38 2 5 38 11 .293 .362 .352 .714
1973 81 174 154 12 27 2 0 1 32 9 0 2 1 1 17 1 1 19 3 .175 .260 .208 .468
1974 44 50 47 1 10 0 0 0 10 4 0 0 0 0 3 0 0 12 3 .213 .260 .213 .473
1975 太平洋 55 123 113 4 22 3 0 0 25 7 3 0 2 1 7 0 0 11 4 .195 .240 .221 .461
通算:12年 1252 4127 3743 356 977 146 15 57 1324 347 52 43 23 19 315 17 27 382 93 .261 .321 .354 .675

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000試合出場:1972年6月15日 ※史上157人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 46 (1962年 - 1965年)
  • 6 (1966年 - 1969年)
  • 5 (1970年 - 1975年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]