代理人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

代理人(だいりにん)とは、自分以外の利益のために、何らかの行為を代わって行う人のこと。または、自分以外の利益のためと称して行う人のこと。代行者代弁者とも。

英語[編集]

ビカー(Vicar)、同義語(representative, deputy,substitute)は、代理人を意味する。キリスト教ローマ帝国などの役職に見られる。英語の接頭辞Vice-も同様に代理人を意味する(例:副社長=vice president)。

法律[編集]

民事法の制度としての代理人については代理を参照。民法においては発生原因に応じて任意代理人法定代理人との区別がある。

その他[編集]