戸川一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
戸川 一郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県
生年月日 (1935-04-02) 1935年4月2日(82歳)
身長
体重
170 cm
66 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1954年
初出場 1954年
最終出場 1959年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

戸川 一郎(とがわ いちろう、1935年4月2日 - )は、山口県出身の元プロ野球選手。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

柳井高校から1954年南海ホークスへ入団。

1年目は26試合に登板し、8勝3敗とまずまずの好成績を記録。翌年は44試合に登板し、12勝5敗の成績で初の2桁勝利を記録。この年の読売ジャイアンツとの日本シリーズにも出場し、第3戦では5回裏から宅和本司の後を受けて登板し、9回まで無失点で抑えて1勝を挙げた。次の第4戦も中村大成の後に2番手として登板し、9回を投げきって2試合連続で勝利投手となった。第7戦は大事な試合で先発が不在だったため急遽戸川が先発として登板。5回表に1点を失って降板し、この後にリリーフで登板した小畑正治が9回に打ち込まれて3点を失い、打線も巨人先発の別所毅彦に4安打に抑え込まれて完封負け。戸川は負け投手となり、チームもシリーズ優勝を逃した。巨人には敗れたが、戸川はシリーズを通じての好投が評価され日本シリーズの敢闘賞を受賞した。翌年は31試合に登板し、10勝4敗で2年連続で2桁勝利を記録。

しかし、1957年は不振でわずか4試合しか登板できず1勝もできなかった。

1959年東映フライヤーズに移籍するがこの年も4試合の登板に留まり、この年を最後に引退し、プロゴルファーに転向した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1954 南海 26 6 0 0 0 8 3 -- -- .727 418 107.0 84 9 35 -- 0 47 2 0 32 25 2.10 1.11
1955 44 4 0 0 0 12 5 -- -- .706 540 132.1 117 5 38 4 3 88 2 0 42 35 2.37 1.17
1956 31 2 1 0 1 10 4 -- -- .714 396 104.1 74 6 26 3 1 46 1 0 30 24 2.06 0.96
1957 4 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 47 11.0 12 3 7 0 0 8 1 0 7 5 4.09 1.73
1958 16 0 0 0 0 3 2 -- -- .600 167 43.0 34 2 9 0 1 23 0 0 15 8 1.67 1.00
1959 東映 4 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 15 3.2 4 1 0 0 0 4 0 0 1 1 2.25 1.09
通算:6年 125 12 1 0 1 33 14 -- -- .702 1583 401.1 325 26 115 7 5 216 6 0 127 98 2.19 1.10

表彰[編集]

背番号[編集]

  • 36 (1954年 - 1958年)
  • 27 (1959年)

関連項目[編集]