戸川一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
戸川 一郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県
生年月日 (1935-04-02) 1935年4月2日
没年月日 (2018-10-15) 2018年10月15日(83歳没)
身長
体重
170 cm
66 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1954年
初出場 1954年
最終出場 1959年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

戸川 一郎(とがわ いちろう、1935年4月2日 - 2018年10月15日[要出典])は、山口県出身の元プロ野球選手。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

柳井高校ではエースとして活躍。1952年秋季中国大会決勝で米子西高を破り優勝。翌1953年春の選抜に出場、2回戦(初戦)で育英高を降す。準々決勝に進み伏見高太田武と投げ合うが延長11回サヨナラ負け[1]。同年夏の甲子園県予選は準決勝で下関東高に敗退し、西中国大会には進めなかった。

1954年南海ホークスへ入団。1年目は26試合に登板し、8勝3敗とまずまずの好成績を記録。翌1955年は44試合に登板し、12勝5敗の成績で[2]初の2桁勝利を記録。同年の読売ジャイアンツとの日本シリーズでは3試合に登板。第3戦では5回裏から宅和本司の後を受けて登板し、9回まで無失点に抑えシリーズ初勝利。第4戦も中村大成をリリーフし5回裏から登板、その後を1失点に抑え2試合連続で勝利投手となった。第7戦は先発投手が払底し、急遽戸川が登板するが5回表に1点を失って降板。三番手で登板した小畑正治が9回に打ち込まれて3点を失い、打線も先発の別所毅彦に4安打に抑え込まれて完封負け。戸川は負け投手となり、チームもシリーズ優勝を逃した。戸川はシリーズを通じての好投が評価され、シリーズ敢闘賞を受賞した。翌年は31試合に登板し、10勝4敗と2年連続で2桁勝利を記録。しかし1957年は不振でわずか4試合しか登板できず1勝もできなかった。

1959年東映フライヤーズに移籍するが、同年も4試合の登板に留まり、この年を最後に引退し、プロゴルファーに転向した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1954 南海 26 6 0 0 0 8 3 -- -- .727 418 107.0 84 9 35 -- 0 47 2 0 32 25 2.10 1.11
1955 44 4 0 0 0 12 5 -- -- .706 540 132.1 117 5 38 4 3 88 2 0 42 35 2.37 1.17
1956 31 2 1 0 1 10 4 -- -- .714 396 104.1 74 6 26 3 1 46 1 0 30 24 2.06 0.96
1957 4 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 47 11.0 12 3 7 0 0 8 1 0 7 5 4.09 1.73
1958 16 0 0 0 0 3 2 -- -- .600 167 43.0 34 2 9 0 1 23 0 0 15 8 1.67 1.00
1959 東映 4 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 15 3.2 4 1 0 0 0 4 0 0 1 1 2.25 1.09
通算:6年 125 12 1 0 1 33 14 -- -- .702 1583 401.1 325 26 115 7 5 216 6 0 127 98 2.19 1.10

表彰[編集]

背番号[編集]

  • 36 (1954年 - 1958年)
  • 27 (1959年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ “ホークスの歩み(1955年)”. 福岡ソフトバンクホークス. https://www.softbankhawks.co.jp/ocms/pc/team/history/vol05.html 2020年4月1日閲覧。 

関連項目[編集]