音重鎮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
音 重鎮
CD-Shigeki-Oto.jpg
中日コーチ時代
(2008年6月25日 阪神鳴尾浜球場にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 石川県松任市(現:白山市
生年月日 (1963-11-18) 1963年11月18日(53歳)
身長
体重
178 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1987年 ドラフト5位
初出場 1988年4月8日
最終出場 1999年10月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 中日ドラゴンズ (2002 - 2008)

音 重鎮(おと しげき、1963年11月18日 - )は、石川県松任市(現:白山市)出身の元プロ野球選手外野手、左投左打)・コーチ。現在は中日ドラゴンズスカウトを務めている[1]。実家は真宗大谷派寺院。娘の音華花(おとはるか)はアイドルユニット「ナト☆カン」の元メンバー[2]

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

星稜高では1年生ながら甲子園にベンチ入りを果たし、箕島対星稜延長18回の試合では6番ライトで先発出場、2安打を放つ。また、3年時には春夏連続して出場している。

高校卒業後は、名古屋商科大学に進学。愛知大学リーグで通算99試合出場、385打数118安打、打率.306、4本塁打、49打点。ベストナイン1度受賞。

大学卒業後は、社会人野球新日本製鐵名古屋に進み、1987年ドラフト会議中日ドラゴンズから5位指名を受け入団。

中日時代(1度目)[編集]

1年目の1988年には強肩・好守の控え選手としてリーグ優勝に貢献、日本シリーズではスタメンにも起用される。第2戦では8回に山根和夫からダメ押しとなる2点タイムリーを打った。しぶとい打撃と好守で貴重な戦力として活躍するが、故障も多かった。

1989年8月12日の中日対巨人戦(ナゴヤ球場)では9回裏一死までノーヒットノーランに抑え込まれていた巨人の先発・斎藤雅樹から代打で右翼線にヒットを打ち、斎藤のノーヒットノーランを阻止した。

広島時代[編集]

1991年1月に山田和利と共に長嶋清幸との交換トレードで広島東洋カープに移籍。

1994年には、広島市民球場の外野フェンスをよじ登って横浜佐伯貴弘のホームラン性の飛球を好捕[3]。この守備の映像が松下電器の大画面カラーテレビ「プレイバック・ヨコヅナ」のテレビコマーシャルに使われたこともある。

1995年はプロ生活唯一の規定打席に到達し、守備でもゴールデングラブ賞を初受賞。アキレス腱断裂で戦線離脱した前田智徳(前年まで4年連続ゴールデングラブ賞受賞)の穴を埋め、主に3番打者として金本知憲及びシーズン後半からレギュラーに定着した緒方孝市と外野トリオを結成し、優勝争いに貢献した。

中日時代(2度目)[編集]

1995年シーズンオフ、若林隆信+金銭との交換で再び山田和利と共に中日に復帰。移籍初年の96年はレギュラークラスとして中軸を打つこともあったが、1998年以降は愛甲猛に次ぐ左の代打としての起用がほとんどであった。そのため目立った活躍をできず、チームが11年ぶりに優勝した1999年限りで現役引退。

引退後[編集]

引退後の2000年から中日のスコアラーに転身。その後2002年に二軍外野守備コーチに就任。一軍外野守備コーチを経て2004年から打撃・外野守備走塁コーチに転任。その後、打撃兼任を解かれて外野守備走塁コーチに戻る。2009年からスカウトに転身した[4]

中日のスカウト部で少年野球を担当する傍ら、2012年からジュニアドラゴンズの監督と東海ラジオの解説者を務める。2013年にジュニアドラゴンズの監督を退任した。現在は中国・四国地区担当のスカウトとして活動している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1988 中日 66 171 151 17 33 7 3 3 55 18 0 1 7 3 8 0 2 27 2 .219 .262 .364 .626
1989 78 253 219 29 55 12 2 1 74 16 4 2 15 2 14 0 3 34 3 .251 .303 .338 .641
1990 10 40 32 3 11 2 0 0 13 4 2 1 0 0 7 1 1 0 0 .344 .475 .406 .881
1991 広島 61 73 64 7 13 2 0 1 18 7 0 1 1 2 4 0 2 15 1 .203 .264 .281 .545
1992 85 76 73 12 19 5 0 2 30 4 0 0 2 0 1 0 0 10 1 .260 .270 .411 .681
1993 12 14 14 0 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1 .214 .214 .214 .428
1994 115 344 306 40 90 17 1 5 124 39 2 3 8 5 24 3 1 60 9 .294 .342 .405 .747
1995 118 442 404 49 108 15 2 9 154 49 4 5 3 5 28 1 2 68 13 .267 .314 .381 .695
1996 中日 86 305 275 43 73 13 0 11 119 41 3 1 1 4 21 1 4 42 11 .265 .322 .433 .755
1997 55 149 130 9 21 3 1 1 29 9 2 0 8 2 8 1 1 24 5 .162 .213 .223 .436
1998 11 21 20 0 2 1 0 0 3 1 0 0 0 0 0 0 1 6 0 .100 .143 .150 .293
1999 76 83 74 2 15 4 0 0 19 7 1 0 1 0 7 0 1 16 2 .203 .280 .257 .537
通算:12年 773 1971 1762 211 443 81 9 33 641 195 18 14 46 23 122 7 18 304 48 .251 .303 .364 .667

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 40 (1988年 - 1990年)
  • 30 (1991年 - 1995年)
  • 50 (1996年 - 1999年)
  • 83 (2002年 - 2008年)

脚注[編集]

  1. ^ 週刊ベースボール2014年3月24日号 P21
  2. ^ 往年のプロ野球選手たちの娘が芸能界で大活躍中!! パパは元プロ野球選手 Vol.04【音華花(おと・はるか)】livedoorSPORTS(週プレNEWS 2012年04月16日19時39分)
  3. ^ 広島 音重鎮 伝説のスーパー忍者キャッチ ユーチューブ アップロード日: 2011/04/08
  4. ^ 3コーチ退団へ 高橋、音、古久保氏 中日スポーツ/東京中日スポーツ 2008年9月24日 紙面から

関連項目[編集]

外部リンク[編集]