大塔正明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大塔 正明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府交野市
生年月日 (1973-04-05) 1973年4月5日(44歳)
身長
体重
183 cm
89 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1995年 ドラフト5位
初出場 1996年6月26日
最終出場 1999年8月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大塔 正明(だいとう まさあき、1973年4月5日 - )は、大阪府交野市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

大阪・近大附高から近畿大学へ進学。関西学生リーグ通算20試合登板、11勝4敗、防御率2.59。最優秀投手1回、ベストナイン1回受賞。1995年ドラフト5位で中日入団。2000年現役引退。 150kmを超える速球と落差のあるフォークを軸に2年目には43試合に登板、右の中継ぎ要員の一角を担った。しかし太目の体型が災いし球にキレを欠くことが多く、怪我にも悩まされそれ以上の飛躍ができなかった。

当時のチームメイトである山本昌には、名鉄阿久比球場の所在地にちなんで「知多の大魔神」と呼ばれていた。またパソコンラジコンを趣味としていたという[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1996 中日 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 10 1.0 4 0 1 0 1 2 1 0 5 4 36.00 5.00
1997 43 0 0 0 0 2 1 0 -- .667 260 58.0 61 5 23 0 8 47 6 0 26 23 3.57 1.45
1998 21 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 90 21.1 22 0 6 0 1 14 1 0 7 7 2.95 1.31
1999 6 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 61 12.2 15 1 8 0 1 7 0 0 7 7 4.97 1.82
通算:4年 71 1 0 0 0 3 2 0 -- .600 421 93.0 102 6 38 0 11 70 8 0 45 41 3.97 1.51

記録[編集]

投手記録
  • 初登板:1996年6月26日、対広島東洋カープ13回戦(ナゴヤ球場)、9回表に4番手として救援登板・完了、1回5失点
  • 初奪三振:同上、9回表に金本知憲から
  • 初勝利:1997年4月29日、対広島東洋カープ3回戦(ナゴヤドーム)、12回表に6番手として救援登板・完了、2回無失点
  • 初先発登板:1999年8月20日、対広島東洋カープ20回戦(ナゴヤドーム)、4回1/3を4失点で敗戦投手
打撃記録
  • 初安打:1999年8月20日、対広島東洋カープ20回戦(ナゴヤドーム)、3回裏に佐々岡真司から左中間へ二塁打

背番号[編集]

  • 37 (1996年)
  • 28 (1997年 - 2000年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]