中川隆治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中川 隆治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県入間郡毛呂山町
生年月日 (1972-10-12) 1972年10月12日(47歳)
身長
体重
180 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1994年 ドラフト2位(逆指名)
初出場 1995年7月7日
最終出場 1999年7月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

中川 隆治(なかがわ たかはる、1972年10月12日 - )は、 埼玉県入間郡毛呂山町出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

私立越生高校(現在の武蔵越生高校)を経て、青山学院大学へ進学。大学時代には、エースとしてチームを全日本大学野球選手権優勝などに導いたほか、4年時の1994年には日本代表として日米大学野球選手権大会で登板した。在学中には、東都大学野球のリーグ戦で、通算19勝6敗をマーク。4年時の秋季リーグ戦では、7勝2敗という好成績でチームの優勝に貢献するとともに、最優秀投手のタイトルを獲得したほか、ベストナインに選出された。

1994年のNPBドラフト会議では、当時存在していた希望入団枠制度を通じて近鉄バファローズを逆指名[1]。実際に近鉄から2位で指名された末に、契約金1億円、年俸1,200万円(金額は推定)という条件で入団した[2]

近鉄では、入団当初に背番号17を与えられるなど、即戦力投手として期待されていた。しかし、一軍公式戦では通算9試合の登板で1敗を喫しただけで、未勝利のまま1999年のシーズン終了後に現役を引退した。

現役からの引退後も、スカウトとして2004年まで近鉄球団に在籍。オリックス・ブルーウェーブへの吸収合併を経て2005年に誕生したオリックス・バファローズでも、誕生1年目からアマチュア選手へのスカウティング活動に従事した。当初は関東地区担当のスカウト[3]だったが、後年は編成部のアマチュアスカウトグループ長として、佐藤達也吉田正尚山岡泰輔田嶋大樹などの入団に尽力した。2019年限りでオリックスを退団した後に、2020年から千葉ロッテマリーンズの関東地区担当スカウトに転身[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1995 近鉄 3 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 28 6.2 9 1 1 0 0 3 0 0 5 5 6.75 1.50
1999 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 44 9.2 11 2 5 0 0 5 1 0 6 6 5.59 1.66
通算:2年 9 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 72 16.1 20 3 6 0 0 8 1 0 11 11 6.06 1.59

背番号[編集]

  • 17(1995年 - 1996年)
  • 51(1997年 - 1999年)

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞、1994年11月4日付朝刊 (29面)
  2. ^ 朝日新聞、1994年11月19日付朝刊 (26面)
  3. ^ 週刊ベースボール2014年3月24日号 P19
  4. ^ ロッテスカウト陣に中川隆治氏が加入、吉田正ら担当(『日刊スポーツ2020年1月6日付記事)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]