條辺剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
條辺 剛
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県阿南市
生年月日 (1981-06-08) 1981年6月8日(37歳)
身長
体重
188 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1999年 ドラフト5位
初出場 2000年9月29日
最終出場 2005年8月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

條辺 剛(じょうべ つよし、1981年6月8日 - )は、日本の元プロ野球選手投手)。引退後は実業家としてうどん店を経営している。

経歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

小学校2年の頃に野球を始め、小学校5年の頃から投手を務める[1]阿南市立阿南第二中学校では、軟式野球部に所属した[1]徳島県立阿南工業高等学校では当初は伸び悩んでいたものの、2年の秋より練習に打ち込んだ成果もあり、3年の春には球速がアップしていたという[1]。しかし、スカウトの間では野手としての評価が高かった[注釈 1]1999年のドラフト会議読売ジャイアンツ(巨人)から5位指名を受け、入団。150km/h近いストレートが持ち味であったものの、投手としては2年間1軍での登板がなければ野手転向となる条件付きであった[1]

プロ入り後[編集]

2000年の最終戦であったヤクルト戦で1軍初登板初先発。ドラフト制以降、巨人の高卒ルーキーの先発デビューは34年ぶりだった[注釈 2][2]。しかし、プロの洗礼を受けて3回3失点で敗戦投手となった。

2001年オープン戦で好投し、1987年桑田真澄以来となる10代投手での開幕一軍入りを果たし、中継ぎ要員として一軍に帯同し、開幕から13イニング無失点を記録する(そのため初失点をした4月14日横浜戦では、日本テレビ多昌博志アナウンサーにプロ入り初失点と実況されたが、上記の通り前年に失点している)。岡島秀樹に代わり抑えを務めることもあった。4月3日のヤクルト戦では、6回から登板して4回を無失点に抑え初セーブを記録。巨人の10代投手のセーブは球団史上初。最終的に防御率4.02と安定感を欠いたものの46試合に登板して7勝8敗6セーブを挙げた。順風満帆と言えるシーズンであったが、この年の夏頃から肩を痛めていた[1][3]

2002年は球速が落ち気味で、フォークに頼る投球スタイルとなったが、中継ぎとして47試合に登板し、防御率3.16と安定感のある投球を見せ、チームのリーグ優勝と日本一に貢献した。引退後の雑誌のインタビュー[要文献特定詳細情報]で「ボールは走っていなかったが、相手打者が前年のタイミングで打ってくるから抑えられた」と話している。

2003年からは前述の肩の痛みが悪化し低迷。この年は9試合しか登板できず、防御率も2桁になってしまった。

2004年も故障の影響で4試合の登板に終わった。

2005年は開幕からチームが低迷するものの故障続きで4試合しか登板できなかった。シーズン終了後に戦力外通告を受け、トライアウトを受験したが獲得球団はなく、24歳で現役を引退した。

引退後[編集]

讃岐うどん條辺
讃岐うどん條辺の店内にある長嶋茂雄のサイン

引退後、同郷の先輩の水野雄仁から「宮崎県内にあるうどん店(製めん工場)で働いてみないか」と声を掛けられたのがきっかけで飲食業の世界に入る。飲食業に興味を持っていたこともあり2006年2月に宮崎へ行き、そこでうどん作りの魅力を感じて独立開業という目標を持つ。その後「うどん店経営のノウハウを学びたい」と、讃岐うどんの本場の香川県で修行先を探し、高松市で創業60年と伝統のあるうどん屋「うどんのなかにし」で当時未入籍だった夫人と1年半の間修行した[4]

2007年に正式に結婚(2008年11月に第一子となる男児が誕生している)。同年6月5日の『たまッチ!』、9月13日の『波瀾万丈ドキュメント 俺たちはプロ野球選手だった』、9月27日の『ズームイン!!SUPER』で修行中の様子が放送された。

2008年4月14日、妻の実家が近い埼玉県ふじみ野市東武東上線上福岡駅近くにうどん店「讃岐うどん 條辺」を開店した[4][5]。暖簾に描かれた「條辺」の文字は巨人時代の監督だった長嶋茂雄が左手で書いた色紙の文字を染め抜いたものである。店舗オープン後は、各メディアから店主としても取材を受けている。[6]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2000 巨人 1 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 16 3.0 6 1 2 0 0 2 0 0 3 3 9.00 2.67
2001 46 0 0 0 0 7 8 6 -- .467 295 65.0 64 8 42 12 1 48 4 0 36 29 4.02 1.63
2002 47 0 0 0 0 2 3 0 -- .400 157 37.0 34 4 20 3 0 40 0 0 16 13 3.16 1.46
2003 9 0 0 0 0 0 0 0 -- .000 53 10.2 14 2 7 1 0 14 1 0 12 12 10.13 1.97
2004 4 0 0 0 0 0 0 0 -- .000 20 4.2 6 2 1 0 0 8 1 0 3 3 5.79 1.50
2005 4 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 24 5.1 7 2 0 0 1 1 1 0 4 4 6.75 1.31
通算:6年 111 1 0 0 0 9 13 6 0 .409 565 125.2 131 19 72 16 2 113 7 0 74 64 4.58 1.62

記録[編集]

  • 初登板・初先発:2000年9月29日、対ヤクルトスワローズ27回戦(明治神宮野球場)、3回3失点で敗戦投手
  • 初奪三振:同上、1回裏に古田敦也から空振り三振
  • 初セーブ:2001年4月3日、対ヤクルトスワローズ1回戦(明治神宮野球場)、6回裏に2番手で救援登板・完了、4回無失点
  • 初勝利:2001年4月13日、対横浜ベイスターズ1回戦(東京ドーム)、10回表に3番手で救援登板・完了、1回無失点

背番号[編集]

  • 96 (2000年)
  • 57 (2001年 - 2005年)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 徳島大会にてライトスタンドに本塁打を3本放ったことが野手としての高評価であったという[1]
  2. ^ 條辺以前にドラフト制以降、巨人が高卒新人を登板させたのは堀内恒夫水野雄仁桑田真澄である。そのうち、先発デビューは堀内のみである。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 元プロ野球選手名鑑 條辺 剛”. ドリームネクスト. 2012年11月10日閲覧。
  2. ^ 2001 ベースボール・レコード・ブック 111頁 2000年度主要記録集「高卒ルーキーの先発」より
  3. ^ 今井貴久 (2010年3月18日). “元巨人・條辺剛「讃岐うどん 條辺」/引退後記”. 日刊スポーツ. http://www5.nikkansports.com/baseball/imai/93839.html 2010年3月19日閲覧。 [リンク切れ]
  4. ^ a b 元巨人・條辺剛さん、2年間の修行経て埼玉に讃岐うどん店オープン。”. Narinari.com (2008年4月12日). 2012年11月10日閲覧。
  5. ^ 蓮見壽 (2008年4月15日). “讃岐うどん 條辺(上福岡)”. All About. 2012年11月10日閲覧。
  6. ^ "今週は東武東上線でぶらり旅!". ぶらり途中下車の旅. 日本テレビ. 2009年5月23日放送. 2012年11月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]