河内貴哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
河内 貴哉
河内貴哉20120330.jpg
広島投手時代(2012年3月30日、雁の巣球場)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府
生年月日 (1982-01-06) 1982年1月6日(34歳)
身長
体重
188 cm
94 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1999年 ドラフト1位
初出場 2000年5月3日
最終出場 2015年4月26日
年俸 1,000万円(2015年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

河内 貴哉(かわうち たかや、1982年1月6日 - )は、京都府八幡市出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

京都府八幡市で出生。幼少期に東京都杉並区に転居し同地で育つ。

高校は、國學院大學久我山高校に進学。1999年夏の西東京大会では決勝で日大三高に敗れ、甲子園出場はならなかった。

1999年のドラフト1位で大阪近鉄バファローズ中日ドラゴンズと競合の末、広島東洋カープが交渉権を獲得し、入団した。意中の球団は中日だったという。甲子園出場経験のない高校生の1位競合は江夏豊以来33年ぶり。高校生としては球団史上最高の契約金1億円、年俸700万円(金額は推定)で契約した。当時の達川晃豊監督はドラフト会議煙草ラッキーストライクを忍ばせ、抽選で引き当てた際にカメラに向けてアピールした。背番号は前年引退した大野豊の24番を受け継いだ。

プロ入り後[編集]

2000年5月30日読売ジャイアンツ戦でプロ初勝利。高卒新人が巨人戦でプロ初勝利は史上4人目であり、5月までに限れば1967年5月31日江夏豊以来2人目、到達日としては最速であった[1]。同年のフレッシュオールスターゲームでは、4歳上で同期入団の同僚木村一喜と共にウエスタン・リーグ選抜の先発バッテリーを務め、イースタン・リーグ選抜の先発投手で同じ1位指名の高卒新人左腕正田樹と投げ合った。3回被安打1無失点で勝利投手となり、MVPも獲得した。

2004年、日南市にて

2004年に自己最高の成績を残し、オールスターゲームにも出場(投手のみならず代走としても出場)。しかし、同年4月には151km/hを計測していた球速が、徐々に140km/h前後に落ち込んだ。

2005年にはキャンプでフォームを崩し、制球が定まらず、二軍生活が続いた。

2006年は投球フォームをオーバースローからサイドスロー気味に変更した。ウエスタン・リーグで防御率2.51と言う好成績が認められ、9月2日に2年ぶりに一軍昇格を果たす。同日に行われた対ヤクルト戦で3番手で登板し、拙守による2失点で復帰。その後も中継ぎとして15試合に登板し、15奪三振15被安打、防御率1.76とまずまずの成績を残した。オフにサイドスローからオーバースローに戻し、捲土重来を期していたが、結局2007年もサイドスローでシーズンに突入。序盤は左殺しとして活躍したが、被安打の多さと制球難が問題となり、後半二軍行きとなった。

2008年5月に左肩関節唇及び腱板部の修復手術を行った。キャッチボール再開まで半年ほどかかるため、一軍はおろか二軍でも登板がなかった。

2009年も前年と同様肩のリハビリで一軍でも二軍でも登板がなく、10月31日に戦力外通告を受けた。球団は回復後の復帰を期待し、11月17日に育成選手として契約を結んだ。

2010年10月29日、規約により自由契約選手公示がなされたが、11月16日に再び育成選手として契約した。

2011年5月27日、二軍戦で4年振りの実戦復帰。ソフトバンク戦で打者1人(江川智晃)を右飛に抑えた[2]

2012年は二軍で12試合に登板して1勝、防御率2.08の成績[3]を残した。5月16日、支配下選手登録[4]。その後一軍に昇格し、5月23日のソフトバンク戦に登板。2007年5月8日以来1482日ぶりに一軍の試合に登板した。[5] 8月16日のヤクルト戦では、3番手での登板で1回と1/3を無安打無失点に抑えると、降板の直後にチームが逆転。2004年9月4日の中日戦以来、2904日振りに一軍で勝利投手になった[6][7]。シーズンを通して、中継ぎで安定した成績を残した。

2013年には、開幕を一軍で迎えると、セントラル・リーグ公式戦への初登板からセ・パ交流戦の序盤まで21試合連続無失点を記録[8]7月5日から脊柱起立筋の挫傷[9]などで2度にわたる戦線離脱を余儀なくされたが、シーズン通算では一軍公式戦で自己最多の34試合に登板した。

2014年以降は、一軍公式戦への登板機会が減少。同年は12試合、2015年は1試合の登板にとどまった。2015年10月1日に球団から戦力外通告を受けたことを機に、現役を引退した。

現役引退後[編集]

広島の球団職員として、2015年12月1日付で一軍広報へ就任する[10]

選手としての特徴・人物[編集]

プロ入り当初は最速151km/h (04年) を記録する速球派だったが、怪我の影響で5年間投げ方を模索し、肩に負担の少ない投法としてスリークォーター(サイドスローに近い)でプレートの端からインステップするフォームにたどり着いた。復帰後の2012年は速球は最高で137km/h (12/5/28・マツダ) を記録している。変化球は、変化量の大きいスライダーチェンジアップなどを投げる。

ちなみに、肩関節唇及び腱板部の修復手術をして一軍復帰した投手は、日本球界では河内しかいない。(野手では阪神・関本賢太郎濱中治らがおり、メジャーでは復帰例は結構多い)尚、同程度の故障をして6年間リハビリをしていた斉藤和巳は復帰できず引退している。

同期の苫米地鉄人とは良いライバル関係にあり、その2人を当時の達川監督が「うっちーべっちー」として売り出しを図った。しかし両名とも不振などで一軍定着が出来ず浸透しなかった。

現在はコーチの石井琢朗から「ギラッチ」と呼ばれている。

中学在学中に江夏豊の半生を映像化したテレビドラマで、江夏の中学時代を演じたことがある。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2000 広島 10 9 0 0 0 1 4 0 -- .200 188 42.1 55 4 15 1 0 20 2 0 26 20 4.25 1.65
2001 8 6 0 0 0 2 3 0 -- .400 140 29.1 43 5 12 0 2 24 1 0 27 24 7.36 1.88
2002 14 9 0 0 0 1 7 0 -- .125 244 56.2 61 8 22 0 1 53 3 1 32 32 5.08 1.46
2003 7 7 0 0 0 2 2 0 -- .600 170 38.1 37 10 16 0 2 34 0 0 25 23 5.40 1.38
2004 23 23 1 0 0 8 9 0 -- .471 558 119.2 139 18 64 0 6 111 6 0 92 76 5.72 1.70
2006 15 0 0 0 0 0 1 0 7 .000 65 15.1 15 1 6 0 1 15 0 0 5 3 1.76 1.37
2007 14 0 0 0 0 0 0 0 6 ---- 42 9.0 8 2 5 0 3 8 0 0 5 5 5.00 1.44
2012 28 0 0 0 0 1 0 0 3 1.000 73 17.1 12 2 8 0 0 13 0 0 6 4 2.08 1.15
2013 34 0 0 0 0 1 1 0 7 .500 75 17.1 11 2 10 0 3 15 0 0 9 8 4.15 1.21
2014 12 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 46 10.0 11 2 2 0 3 6 1 0 6 4 3.60 1.30
2015 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 3 0.2 1 0 0 0 0 0 0 0 1 1 27.00 6.00
通算:11年 166 54 1 0 0 16 28 0 23 .364 1604 356.0 393 54 160 1 21 299 13 1 234 200 5.06 1.56
  • 2015年度シーズン終了時

表彰[編集]

記録[編集]

投手記録
  • 初登板・初先発:2000年5月3日、対ヤクルトスワローズ5回戦(広島市民球場)、5回2失点
  • 初奪三振:同上、2回表に高橋智から空振り三振
  • 初勝利・初先発勝利:2000年5月30日、対読売ジャイアンツ10回戦(広島市民球場)、7回1失点
  • 初完投勝利:2004年4月18日、対読売ジャイアンツ3回戦(広島市民球場)、9回3失点
  • 初ホールド:2006年9月18日、対読売ジャイアンツ19回戦(広島市民球場)、7回表1死に3番手で救援登板、2/3回無失点
打撃記録
  • 初安打:2000年5月30日、対読売ジャイアンツ10回戦(広島市民球場)、2回裏に工藤公康から遊撃内野安打
  • 初打点:2001年7月15日、対読売ジャイアンツ19回戦(東京ドーム)、4回表にダレル・メイから遊撃適時内野安打

背番号[編集]

  • 24 (2000年 - 2009年、2012年5月18日 - 2015年)
  • 124 (2010年 - 2012年5月17日)

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2001 ベースボール・レコード・ブック 44頁「2000年度の主な記録と出来事」より。
  2. ^ 広島 ドラ1位左腕 4年ぶり実戦復帰 スポニチ Sponichi Annex
  3. ^ 日刊スポーツ・大阪版 2012年5月17日付記事 6版2面「C河内再び支配下登録」より。
  4. ^ 育成 河内貴哉投手 支配下登録選手へ!広島東洋カープ公式サイト
  5. ^ 河内1482日ぶり1軍で希望の回0封”. デイリースポーツ (2012年5月24日). 2012年6月3日閲覧。
  6. ^ 8年ぶり勝利の広島・河内「言葉に表せないぐらいに最高」”. スポーツナビ (2012年8月16日). 2012年8月16日閲覧。
  7. ^ “河内8年ぶり白星!記念ボールは夫人に”. デイリースポーツ. (2012年8月17日). http://www.daily.co.jp/baseball/carp/2012/08/17/0005305092.shtml 2012年8月19日閲覧。 
  8. ^ “【広島】河内無失点途切れ「切り替えて」”. 日刊スポーツ. (2013年5月31日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130531-1135999.html 2014年1月23日閲覧。 
  9. ^ “【広島】河内が背中の筋挫傷で登録抹消”. 日刊スポーツ. (2013年7月5日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130705-1152894.html 2014年1月23日閲覧。 
  10. ^ “広島戦力外の河内貴哉、篠田純平が球団職員へ”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2015年11月6日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1562834.html 2015年11月8日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]