聖光学院高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
聖光学院高等学校
北緯37度49分33.9秒 東経140度29分58.4秒 / 北緯37.826083度 東経140.499556度 / 37.826083; 140.499556座標: 北緯37度49分33.9秒 東経140度29分58.4秒 / 北緯37.826083度 東経140.499556度 / 37.826083; 140.499556
過去の名称 聖光学院工業高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人聖光学院
校訓 神と共に働く人に
設立年月日 1962年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
工学科
学校コード D107321361016 ウィキデータを編集
高校コード 07506A
所在地 960-0486(第一校舎)
969-1652(第二校舎)
福島県伊達市六角3(第一校舎)
福島県伊達郡桑折町大字成田字土井ノ内10(第二校舎)
外部リンク 聖光学院高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

聖光学院高等学校(せいこうがくいんこうとうがっこう)は、福島県伊達市(第二校舎は伊達郡桑折町)にあるキリスト主義の私立高等学校である。

概要[編集]

1962年昭和37年)に聖光学院工業高等学校として創立。1977年(昭和52年)に聖光学院高等学校と改称する。「聖光」は、マタイによる福音書第5章14節の「あなたがたは、世の光である」に由来する。「神と共に働く人に」を校訓に掲げ、キリスト教主義に基づく教育を行う。さらには「80/3mind」の精神を教育理念として掲げる。これは高校3年間が人生を決める3年間であるという独自の理念である。4年制大学への進学を目指す普通科と、就職率が高い工学科がある。また、運動部を中心とした部活動にも力を入れている。

2022年4月に学科再編を行い、現在は2学科6コースという編成。

設置学科[編集]

  • 普通科
    • 進学探究コース
    • スポーツ探究コース
    • 福祉探究コース
  • 工学科
    • 基礎コース (1年次)
    • 機械工学コース (2年次より選択)
    • プロダクト工学コース (2年次より選択)
    • 情報工学コース (2年次より選択)

沿革[編集]

  • 1962年 - 聖光学院工業高等学校として創立。
  • 1977年 - 校名を聖光学院高等学校に改称。
  • 2007年 - 通信制課程の普通科を開設。
  • 2018年3月 - 通信制課程の新入生募集を停止[1]
  • 2022年4月 - 学科再編。

施設[編集]

2010年3月に完成した学生寮は校舎から徒歩5分、100人の収容規模で約400平方メートルのトレーニング場も併設されている。

部活動[編集]

  • ハンドベル
  • コンピュータ部
  • ハイ・ワイ部
  • 写真
  • 美術部
  • アマハム部
  • ブラスバンド部
  • 華道部
  • 自動車
  • 機械工作部
  • 応援団
(★は強化指定部)

硬式野球部[編集]

硬式野球部は、斎藤智也監督のもと選抜高等学校野球大会に6回、全国高等学校野球選手権大会に17回出場している。どちらの出場回数も、福島県勢最多である。夏の甲子園初出場は2001年(第83回大会)。夏の甲子園では、2008年(第90回大会)、2010年(第92回大会)、2014年(第96回大会)、2016年(第98回大会)、2022年(第104回大会)の5度、ベスト8に進出している。2022年(第104回大会)では福島県勢51年ぶりのベスト4に進出した[2]。またセンバツでも2013年(第85回大会)にベスト8に進出している。2008年の第90回福島大会の2回戦から2013年の秋季高校野球福島大会の準々決勝まで福島県内公式戦95連勝を記録した。夏の選手権福島大会は2007年から2019年まで地方大会としては戦後最長となる13連覇だったが(独自大会を含めると14連覇[3])、2021年の第103回福島大会準々決勝で光南に敗れ、連続出場は13回で途切れた[4][5]。福島県外の中学校からの出身者も多く、2022年夏の甲子園ではベンチ入りメンバー18人中15人が福島県外の中学校出身者で占められていたが、学校としての中学生のスカウトは行っておらず、県外出身者はいずれも自らの希望で入学している[6]

サッカー部[編集]

学校の強化指定部[7]のサッカー部も2001年にインターハイに初出場、2012年には第91回全国高校サッカーに初出場した。かつては元Jリーガーの鋤柄昌宏が監督を務めていた。2019年度からは同校出身の元Jリーガーである茂木弘人がコーチに招聘し、同年の選手権県大会では決勝に進出した。

ラグビー部[編集]

2018年第98回全国高校ラグビーで初出場を果たす。

著名な出身者[編集]

野球[編集]

サッカー[編集]

交通[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 募集停止のお知らせ - 学校法人 聖光学院 聖光学院高等学校 2020年6月28日閲覧
  2. ^ 聖光学院初の4強 夏の甲子園 県勢51年ぶり 九州学院に打ち勝つ 20日仙台育英と準決勝” (日本語). 福島民報. 2022年8月23日閲覧。
  3. ^ 聖光学院・坂本寅泰「ルービックキューブ打法」でV15狙う - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年7月25日閲覧。
  4. ^ 聖光学院「最高の主将だよ」絶不調の自分に打ち勝ち涙朝日新聞デジタル
  5. ^ 聖光学院夏連勝「87」でストップ 最多タイ14大会連続出場消える/福島 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年7月30日閲覧。
  6. ^ 福島民友新聞』2022年8月28日18頁「聖光4強 飛躍の夏 7」同年夏の甲子園で主将を務めた選手が聖光学院への入学を決めた動機について語っている。
  7. ^ 部活動 | 聖光学院高等学校

関連項目[編集]

外部リンク[編集]