聖光学院高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
聖光学院高等学校
過去の名称 聖光学院工業高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人聖光学院
校訓 神と共に働く人に
設立年月日 1962年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
通信制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
工業科
高校コード 07506A
所在地 960-0486(第一校舎)
969-1652(第二校舎)
福島県伊達市六角3(第一校舎)
福島県伊達郡桑折町大字成田字土井ノ内10(第二校舎)

北緯37度49分33.9秒 東経140度29分58.4秒 / 北緯37.826083度 東経140.499556度 / 37.826083; 140.499556座標: 北緯37度49分33.9秒 東経140度29分58.4秒 / 北緯37.826083度 東経140.499556度 / 37.826083; 140.499556
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

聖光学院高等学校(せいこうがくいんこうとうがっこう)は、福島県伊達市(第二校舎は伊達郡桑折町)にあるキリスト主義の私立高等学校

神奈川県横浜市に所在する聖光学院中学校・高等学校静岡県静岡市に所在する静岡聖光学院中学校・高等学校山口県光市に所在する聖光高等学校とは人的・資本的関係が一切無い。

私立高校としては福島県で最北端にある。

概要[編集]

1962年昭和37年)に聖光学院工業高等学校として創立。1977年(昭和52年)に聖光学院高等学校と改称する。 「聖光」は、マタイによる福音書第5章14節の「あなたがたは、世の光である」に由来する。 「神と共に働く人に」を校訓に掲げ、キリスト教主義に基づく教育を行う。 また「80/3mind」の精神を教育理念として掲げる。これは高校3年間が人生の決める3年間であるという独自の理念である。 4年制大学への進学を目指す普通科と、卒業生の就職率が高い工業系学科がある。 また、運動部を中心とした部活動にも力を入れている。

2022年4月より学科再編を行い、2学科6コースという編成となる。

設置学科[編集]

  • 全日制課程 普通科(進学探究コース・スポーツ探究コース・福祉探究コース)(2022年4月より)

・進学探究コース

自治体・企業・大学などと連携を図り、地域に根付いた様々な探究学習・活動を行う。探究活動・学習を通して主体的に学ぶ力を育み、社会の担い手となるべく、明確な進路目標と、その実現に向けて生徒独自の「成解」を創り出していく。また、丁寧な進学指導を構築する。

・スポーツ探究コース

部活動に打ち込める環境はもちろん、「探究」の授業において「トレーニング講習」や「自己啓発活動」などアスリートとしての資質を高める取り組みを行う。北海道・東北唯一の体育総合大学である宮城県の仙台大学と提携し、大学講師陣の講義を受講できることも魅力である。

・福祉探究コース

介護だけでなく、看護・保育・手話などの福祉の基礎を学ぶ。相手の幸せのためには、自分自身が幸せであることが大前提とし、幸せとは何か、を探究する。また国立大学法人群馬大学と連携し、高校では全国で初めて「手話」の授業を取り入れる。

  • 全日制課程 工学科(機械工学コース・プロダクト工学コース・情報工学コース)(2022年4月より)

・基礎コース(1年次)

1年次は全員が同じカリキュラムで学ぶ。基礎コースでは様々な専門性を体験し、1年をかけて各コースの特性を十分理解した上で2年次から各コースを選択できるようにするため、ミスマッチのないコース選択が可能になる。また、幅広くい資格取得に挑戦できるようになるのもメリットである。

・機械工学コース(2年次より選択)

機械設計・機械工作・原動機など、機械に関する専門分野を学ぶ。旋盤、溶接、機械製図(CAD)など充実した実習を行い、即戦力のエンジニアの育成を目指す。

・プロダクト工学(2年次より選択)

人間生活に求められる「モノ」を工業に関する技術や視点から具現化する活動に取り組む。デザイン・環境など実践を交えて学ぶ。

・情報工学(2年次より選択)

情報・通信・電気について学ぶ。プログラミングや電子・電気回路、ネットワーク、マルティメディア基礎、応用などを学ぶ。

沿革[編集]

  • 1962年 - 聖光学院工業高等学校として創立。
  • 1977年 - 校名を聖光学院高等学校に改称。
  • 2007年 - 通信制課程の普通科を開設。
  • 2018年3月 - 通信制課程の新入生募集を停止[1]
  • 2022年4月 - 学科再編。

施設[編集]

2010年3月に完成した学生寮は、校舎から徒歩5分、100人の収容規模で、約400平方メートルのトレーニング場も併設されている。

部活動[編集]

  • 新聞部
  • 聖歌隊(ハンドベル部)
  • コンピューター部
  • ハイ・ワイ部
  • 書道部
  • 工芸部
  • 写真
  • 応援団
  • 映画研究部
  • 美術部
  • アマハム部
  • ブラスバンド部
  • 華道部
  • 自動車
  • 機械工作部
  • 英会話部

硬式野球部[編集]

硬式野球部は、斎藤智也監督のもと選抜高等学校野球大会に6回、全国高等学校野球選手権大会に16回出場している。どちらの出場回数も福島県勢最多である。夏の甲子園初出場は2001年(第83回大会)。夏の甲子園では、2008年(第90回大会)、2010年(第92回大会)、2014年(第96回大会)、2016年(第98回大会)の4度、ベスト8に進出している。また、センバツでも2013年(第85回大会)にベスト8に進出している。国民体育大会にも平成19・20・22・26・28年と出場しており、平成19・22・26年にはベスト8、平成28年にはベスト4まで勝ち上がった。2008年の第90回全国高等学校野球選手権記念福島大会の2回戦から2013年の秋季高校野球福島大会の準々決勝まで、福島県内公式戦95連勝を記録した。夏の選手権福島大会は2007年から2019年まで地方大会としては戦後最長となる13連覇だったが(独自大会を含めると14連覇[2])、中止を挟んだ2021年の第103回の福島大会の準々決勝で光南戦で1-5で敗れ、連続出場が13で止まった[3][4]。しかし、同年秋の県大会で優勝を果たすと、第74回秋季東北大会で東奥義塾、能代松陽、青森山田高校を撃破して決勝に進出、4年ぶりの選抜出場が決定した。

サッカー部[編集]

学校の強化指定部[5]のサッカー部も2001年にインターハイに初出場、2012年には高校サッカー選手権大会に初出場した。かつては元Jリーガーの鋤柄昌宏が監督を務めていた。2019年度からは同校出身の元Jリーガー茂木弘人をコーチに招聘し、同年の選手権県大会で決勝に進出した。

ラグビー部[編集]

2018年ラグビー花園大会に初出場。

著名な出身者[編集]

野球[編集]

サッカー[編集]

交通[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]