聖光学院高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
聖光学院高等学校
過去の名称 聖光学院工業高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人聖光学院
校訓 神と共に働く人に
設立年月日 1962年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
通信制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
工業科
高校コード 07506A
所在地 960-0486(第一校舎)
969-1652(第二校舎)
福島県伊達市六角3(第一校舎)
福島県伊達郡桑折町大字成田字土井ノ内10(第二校舎)

北緯37度49分33.9秒 東経140度29分58.4秒 / 北緯37.826083度 東経140.499556度 / 37.826083; 140.499556座標: 北緯37度49分33.9秒 東経140度29分58.4秒 / 北緯37.826083度 東経140.499556度 / 37.826083; 140.499556
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

聖光学院高等学校(せいこうがくいんこうとうがっこう)は、福島県伊達市(第二校舎は伊達郡桑折町)にあるキリスト主義の私立高等学校。2022年度より、学科再編が行われる。これまでの体制を変更し、普通科は新たに「進学探究コース」「スポーツ探究コース」「福祉探究コース」を設置、工業科は「工学科」と名称変更を行い、「機械工学コース」「プロダクト工学コース」「情報工学コース」を設置する。また、工学科の各コースは2年次からの選択制で、1年次は全員が同じカリキュラムで学習する「共通コース」を設置する。

学校の近くに東北中央自動車道「伊達桑折IC」が開通、東北道と国道4号が接続されており、アクセスは非常に良い。また、伊達桑折IC近くに、東北最大級の大型商業施設である「イオンモール福島北」が開業されることになっており、周辺環境としても今後ますます注目される立地である。さらに東北本線「伊達駅」からは徒歩5分と、アクセスも非常に良い。

神奈川県横浜市に所在する聖光学院中学校・高等学校静岡県静岡市に所在する静岡聖光学院中学校・高等学校山口県光市に所在する聖光高等学校とは人的・資本的関係が一切無い。 ちなみに私立高校としては福島県で最北端にある。

特徴[編集]

80/3mindを掲げる。普通は3/80であるが、この学校の場合、高校3年間を「人生を決める3年間」であると定義し、その大切な時期を全力を挙げてサポートしていくと言う姿勢をあらわしている。

2022年度の学科再編において、普通科の各コースには「探究」という名称がついた。文部科学省の新課程においては「探究学習」の重要性がうたわれており、聖光学院高校の学科再編はこれまでのインプット型の学習、すなわち「学歴」から「学習歴」への転換という時代の流れに即した再編といえる。

「進学探究コース」では、1年次を「職業探究」、2年次を「進路探究」、3年次を「進学探究」と位置づけ、自治体や地域、上級学校や企業と連携をはかり、段階に応じて生徒自身が様々な体験をできることが大きな魅力である。実際、大学の入試制度も従来型の「知識」を問う形から、小論文や面接、プレゼンテーションやディスカッションを通して、「どのように学んだか」を問われる入試方法が増加している(総合型選抜・学校推薦型選抜)ことから、非常に有益な学びの場となる。

「スポーツ探究コース」は、高校時代を部活動に熱中したい生徒に最適なコースである。授業においては「トレーニング理論」や「運動栄養学」などアスリートに必要な講義を取り入れ、指定部(野球部・サッカー部・女子バレーボール部・剣道部)においては週4単位、「スポーツ実習」を受講できる(専門競技実習)。指定部以外も受験することが可能であり、高校時代の中心を部活動に据えたい者、将来スポーツ分野の進路を志望する中学生にとっては大変魅力のあるコース設定である。

「福祉探究コース」の探究課題は「福祉とは何か」である。これまでは「介護」を学ぶコースであったが、新設される同コースでは、「介護を中心とする福祉全般の基礎」を学ぶことができる。看護や保育、手話など、広く福祉に触れることによって、高校卒業後の進路の選択肢を広げることができる。また、これまで同様、「介護福祉初任者研修」の資格を取得することができる。

工学科の一番の魅力は、新設される3つのコースを2年次から選択することができる点である。1年次「共通コース」の設定により、生徒の適正とは違ういわゆるミスマッチを防ぐことが可能となる。「機械工学コース」はこれまでの「機械科」を踏襲しており、豊富な実習が魅力的なコースである。「プロダクト工学コース」は機械工学の内容に加え、工業製品のデザインや様々なクラフトを学ぶことができる。「情報工学コース」はこれまでの「情報電子科」と「電気科」が合併した新コースである。「情報系」と「電気系」を包括的に学習できるようになったことは、将来の進路の幅が広くなったことを意味しており、大変魅力的な新コースとなる。レゴロボを使った「プログラミング」の授業は旧情報電子科でも非常に人気の内容となっており、今後も継続される。

また、工学科の大きな魅力は資格取得である。同校の旧工業科の資格検定取得率は97%を超えており、その指導力には定評がある。全国工業校長会主催の「全国ジュニアマイスター顕彰制度」では毎年特別表彰者を輩出するなど、大きな成果を残しており、就職実績も好調である。現在の離職率は大卒3割、高卒4割と言われる中、高校時代に資格取得をしていく事は、将来にとって大きなメリットである。


施設面では、全国でも珍しいログハウス校舎(第二校舎)を有し、本校舎は第二校舎から約100m程離れた場所にある。第一校舎には柔道・剣道場・卓球場・ウェイトトレーニング室、シャワー室などを有する総合体育館や、機械工場、電気実験室、全校集会を行う礼拝堂などがあり、野球場・総合グラウンド、砂入り全天候型テニスコートなどのアウトドア競技の施設は第二校舎側にある。

設置学科[編集]

  • 全日制課程
    • 普通科(進学探究コース・スポーツ探究コース・福祉探究コース)
    • 工学科(機械工学コース・プロダクト工学コース・情報工学コース)

沿革[編集]

  • 1962年 - 聖光学院工業高等学校として創立。
  • 1977年 - 校名を聖光学院高等学校に改称。
  • 2007年 - 通信制課程の普通科を開設。
  • 2018年3月 - 通信制課程の新入生募集を停止[1]
  • 2022年4月 学科再編

部活動[編集]

硬式野球部は、斎藤智也監督のもと選抜高等学校野球大会に5回、全国高等学校野球選手権大会に16回出場している。夏の甲子園では、2008年(第90回大会)、2010年(第92回大会)、2014年(第96回大会)、2016年(第98回大会)の4度、ベスト8に進出している。また、センバツでも2013年(第85回大会)にベスト8に進出している。国民体育大会にも平成19・20・22・26・28年と出場しており、平成19・22・26年にはベスト8、平成28年にはベスト4まで勝ち上がった。2008年の第90回全国高等学校野球選手権記念福島大会の2回戦から2013年の秋季高校野球福島大会の準々決勝まで、福島県内公式戦95連勝を記録し、夏の県選手権大会は地方大会としては戦後最長となる13連覇中[2]また、夏のみならず秋の県大会は7連覇を記録している。野球場は第2校舎に面し、両翼100m、中堅120m、ナイター照明付き。また、全面人工芝の室内練習場、テント型の室内練習練習場を有するなど、高校野球としては一流の施設を誇る。

学校の強化指定部[3]のサッカー部は2001年にインターハイに初出場、2012年には全国高等学校サッカー選手権大会に初出場した。かつては元Jリーガーの鋤柄昌宏が監督を務めていた。2019年度からは同校出身の元Jリーガー茂木弘人氏をコーチに招聘し、同年の選手権県大会では決勝に進出するなど、その強化策が確実に実っている。同じく学校の強化指定部[3]の女子バレーボール部は2009年度FNSコーチングキャラバン校に選出され、2009年度の新人戦では初の決勝進出、全国高等学校バレーボール選抜優勝大会の県予選でもベスト4に進出している。2019年度も決勝に進出し、春高バレー出場まであと一歩まで成長している。また卓球部や柔道は県内トップレベル[要出典]、剣道部も2010年の県大会を制覇したことを皮切りに、毎年のようにインターハイ出場選手を輩出、2018年・19年には男子団体2年連続優勝を果たしている。ラグビー部も強豪であり、2018年には初の花園出場を果たし、2019年は惜しくも決勝で敗れたが、その存在感を大いに示した。

文化系では、珍しくハンドベル部があり全国ハンドベルフェスティバルなどに出場している[いつ?]。特にクリスマスシーズンの12月には各地の演奏会に引っ張りだことなっており、その評価は高い[要出典]。また、その他の文化的活動にも熱心であり、2010年の文化行事[要出典]の際には、福島市にある映画館福島フォーラムを全館借り切り、映画鑑賞会を実施した[誰?]。また様々なコンクールに生徒の作品を出品、毎年入賞・入選を果たしている[要出典]。中でも2004年の全国高等学校野球選手権大会のキャッチフレーズ「夏のドラマが動き出す」は同校生徒の作品である[要出典]

施設[編集]

2010年3月に完成した学生寮は、校舎から徒歩5分、100人の収容規模で、約400平方メートルのトレーニング場も併設されている。

著名な出身者[編集]

交通[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]