斎藤智也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
斎藤 智也
聖光学院高等学校野球部 監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福島県福島市
生年月日 (1963-06-01) 1963年6月1日(56歳)
選手情報
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

斎藤 智也(さいとう ともや、1963年6月1日 - )は、福島県福島市出身の高校野球指導者。聖光学院高等学校保健体育科教諭。同校野球部監督。

経歴・人物[編集]

福島高時代は、投手外野手として活躍。後にプロ入りした鈴木哲と同期であった。

仙台大学を卒業後、1987年聖光学院高の教諭、同校硬式野球部部長に就任。田村隆寿に師事した後、1999年9月に同校硬式野球部の監督に就任。

2001年夏に、聖光学院野球部監督として、監督としても聖光学院野球部としても春夏を通じて初の甲子園出場を果たす[1]

2004年夏には、聖光学院野球部を率いて2度目の甲子園出場。この2度目の甲子園となった第86回全国高等学校野球選手権大会では2勝してベスト16に入り、1995年から9年間続いていた、福島県代表の全国高等学校野球選手権大会での初戦敗退を止め、福島県の高校野球の歴史にも大きく貢献した。

2008年夏には、監督としても聖光学院野球部としても初の、また、全国高等学校野球選手権大会では福島県勢33年ぶりとなる甲子園ベスト8入りを果たす。

2010年5月22日、第62回春季東北地区高等学校野球福島県大会準々決勝で日大東北を破り、この勝利で学法石川が持つ福島県内公式戦最多連勝記録42連勝を塗り替える43連勝を達成する[2]

2011年には第9回AAAアジア野球選手権大会日本代表のコーチに就任する。

甲子園出場回数は、2018年現在で春の選抜高校野球大会には計5回[3]、夏の全国高校野球選手権大会には計15回[4]で、そのうち2008年夏、2010年夏、2013年春、2014夏、2016年夏にベスト8と、福島県の高校野球指導者の中で、全国でもっとも通用する指導者だとの声が多い。その一方で春夏を通してベスト4以上の経験はない。これは甲子園20勝以上の監督としては唯一である[5]。また夏のベスト8のうち3回は2回戦からの登場であり、3勝を挙げたのは2014年のみである。

信念・モットーは不動心、一燈照隅、下剋上、すべての事を受け入れられる広い心を養うことによって、人や物に感謝できる選手の育成。

指導上の留意点は、意識の高揚とその維持、チームの連帯感、一体感。

主な教え子[編集]

甲子園成績[編集]

【聖光学院】

(春)

  • 2007春 ●2-4市川
  • 2008春 ●0-1沖縄尚学
  • 2012春 ○2-0鳥羽 / ●1-7横浜
  • 2013春 ○8-0益田翔陽 / ○4-3鳴門 / ●3-9敦賀気比(ベスト8)
  • 2018春 ○5-3東筑 / ●3-12東海大相模

(夏)

  • 2001夏 ●0-20明豊
  • 2004夏 ○6-0鳥取商 / ○8-4市立和歌山商 / ●8-9東海大甲府
  • 2005夏 ○11-0佐賀商 / ●2-3桐光学園
  • 2007夏 ○11-7岩国 / ○6-4青森山田 / ●2-8広陵
  • 2008夏 ○9-2加古川北 / ○5-2市岐阜商 / ●1-15横浜(ベスト8)
  • 2009夏 ●3-6PL学園
  • 2010夏 ○1-0広陵 / ○5-2履正社 / ●3-10興南(ベスト8)
  • 2011夏 ○5-4日南学園 / ●2-4金沢
  • 2012夏 ○2-1日大三 / ●4-11浦和学院
  • 2013夏 ○4-3愛工大名電 / ●1-2福井商
  • 2014夏 ○2-1神戸国際大附属 / ○4-2佐久長聖 / ○2-1近江 / ●1-5日本文理(ベスト8)
  • 2015夏 ●1-6東海大相模
  • 2016夏 ○5-3クラーク記念国際 / ○5-2東邦 / ●3-7北海(ベスト8)
  • 2017夏 ○6-0おかやま山陽 / ○5-4聖心ウルスラ学園 / ●4-6広陵
  • 2018夏 ●2-3報徳学園

(通算)

  • 出場20回・23勝20敗(春:出場5回・4勝5敗/夏:出場15回・19勝15敗)

脚注[編集]

  1. ^ 甲子園への切符を懸けた福島県大会決勝日大東北戦、1点差の土壇場9回裏に同点に追い付くも、延長11回表に4点を奪われ敗戦濃厚となってしまう。しかし、その裏の11回裏に5点を奪い、壮絶な逆転サヨナラ勝ちにより甲子園初出場を決めた。しかし甲子園大会では初戦で大分明豊に0-20の大敗。この大敗がその後の野球部の躍進に繋がったと言われている。
  2. ^ 2013年の秋季福島県大会準決勝にて日大東北に敗れ記録が途絶えるも95連勝まで記録を伸ばした。
  3. ^ 2007年、2008年、2012年、2013年、2018年
  4. ^ 2001年、2004年、2005年、2007年~2018年
  5. ^ 甲子園4強未経験の監督で斎藤に次いで勝利数が多いのは日大山形、青森山田で出場した澁谷良弥の16勝(澁谷は8強も未経験)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]