北川倫太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北川 倫太郎
R kitagawa20140430.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府堺市西区
生年月日 (1993-06-21) 1993年6月21日(24歳)
身長
体重
185 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2011年 ドラフト5位
初出場 2015年8月14日
年俸 650万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

北川 倫太郎(きたがわ りんたろう、1993年6月21日 - )は、大阪府堺市西区出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

堺市立鳳中学校時代は浜寺ボーイズでプレーした。

明徳義塾高校では1年の秋から4番打者を務め[2]、2年夏、3年春、3年夏と連続して甲子園に出場。2年の第92回全国高等学校野球選手権大会では、2回戦で同大会の優勝校である興南高校に2-8で敗退。自身は、島袋洋奨から2安打を記録した。主将となり挑んだ3年の第83回選抜高等学校野球大会は、1回戦で日大三高校に5-6で敗退。自身は、適時打を1本放つも得点圏で2三振を喫してしまう。責任を痛感し、大会終了後に主将を辞めることも考えたがチームメイトの励ましがあり思い留まる[3]。3年の第93回全国高等学校野球選手権大会では2回戦で習志野高校に3-9で敗退したものの、自身は1回戦の北海高校戦と2回戦で2試合連続本塁打を記録した[4]。甲子園通算成績は5試合で打率.438、2本塁打。

3年夏には 第9回AAAアジア野球選手権大会日本代表に選出され、クリーンナップとして打率.438、9打点と結果を残した[4][5]

2011年のプロ野球ドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルスから5巡目で指名。契約金3,000万円、年俸600万円(金額は推定)という条件で入団した[6]。入団当初の背番号63

プロ入り後[編集]

2012年には、イースタン・リーグ公式戦44試合に出場。4打点を記録したが、本塁打を放てず、打率も.213にとどまった。

2013年には、イースタン・リーグ公式戦48試合に出場。3本塁打、17打点、打率.232を記録した。

2014年には、イースタン・リーグ公式戦86試合の出場で、1本塁打、19打点、打率.205をマーク。7月16日長崎ビッグNスタジアムで開かれたフレッシュオールスターゲームには、同リーグ選抜の「7番・左翼手」として、スタメンで初出場を果たした[7]

2015年には、イースタン・リーグ公式戦で打率3割を越える好成績を残したことから、8月11日に入団後初の出場選手登録。8月14日の対北海道日本ハムファイターズ戦(楽天Koboスタジアム宮城)9回裏に、代打で一軍へのデビューを果たした。2日後(16日)の同カードに「8番・指名打者」として初めてスタメンに起用されると、5回裏の打席で中村勝から一軍初安打をマーク。以降の試合でも、スタメンに起用されることが相次いだ。結局、シーズン終了まで一軍に帯同。一軍公式戦では本塁打を放てなかったものの、31試合の出場で、4打点、3盗塁、打率.215という成績を残した。

2016年には、一軍公式戦への出場機会がなかった。イースタン・リーグ公式戦では、シーズンの最終規定打席へ初めて到達するとともに、6本塁打、46打点、打率.248を記録。しかし、シーズン終了後の10月24日に、球団から支配下選手契約の解除を通告された[8]11月30日に、育成選手として契約を結ぶことで球団と合意。背番号を063に変更することも発表された[9]

2017年10月31日、自由契約公示された[10]

選手としての特徴・人物[編集]

高校通算28本塁打を誇る[2][3]、豪快なスイングと勝負強さをあわせ持つスラッガータイプの打者である[4][5]

50メートル6.2秒、遠投100メートル[11]

尊敬する野球選手は金本知憲[12]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 楽天 31 86 79 8 17 3 0 0 20 4 3 1 0 1 6 0 0 19 2 .215 .267 .253 .521
通算:1年 31 86 79 8 17 3 0 0 20 4 3 1 0 1 6 0 0 19 2 .215 .267 .253 .521
  • 2017年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



外野












2015 楽天 25 34 0 1 0 .971
通算 25 34 0 1 0 .971
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 63 (2012年 - 2016年)
  • 063 (2017年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 楽天 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2017年4月18日閲覧。
  2. ^ a b “明徳・北川君 楽天5位指名「これからが勝負」”. asahi.com. (2011年10月28日). http://www.asahi.com/sports/baseball/npb/draft2011/news/OSK201110280041.html 2012年5月10日閲覧。 
  3. ^ a b “北川、涙の連弾…明徳16強ならず”. DAILY SPORTS ONLINE. (2011年8月14日). http://www.daily.co.jp/hsbaseball/2011/08/14/0004365826.shtml 2012年5月10日閲覧。 
  4. ^ a b c “北川倫太郎 大舞台に強い、甲子園でアジアで大当たり”. Sponichi Annex. (2011年10月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/10/27/kiji/K20111027001904680.html 2012年5月10日閲覧。 
  5. ^ a b 「厳選100選手カタログ」、『週刊ベースボール』2011年10月24日号、ベースボールマガジン社、 32頁、 雑誌20444-10/24。
  6. ^ “楽天 5位の北川と合意”. Sponichi Annex. (2011年11月10日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/11/10/kiji/K20111110002001280.html 2012年5月10日閲覧。 
  7. ^ 2014年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果 NPB日本野球機構公式サイト
  8. ^ 来季の選手契約に関して 東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト(2016年10月24日)
  9. ^ 育成契約合意東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト(2016年11月30日)
  10. ^ 自由契約選手(育成選手)|2017年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2017年10月31日). 2017年11月1日閲覧。
  11. ^ “明徳・北川走者一掃三塁打!日本 3大会ぶり決勝”. Sponichi Annex. (2011年9月1日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/09/01/kiji/K20110901001527950.html 2012年5月10日閲覧。 
  12. ^ 「ファームインタビュー」、『週刊ベースボール』2012年10月22日号、ベースボールマガジン社、 56-57頁、 雑誌20444-10/22。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]